職場の雰囲気が合わないのに働くのはデメリットしかないから辞めたほうがいい

職場の雰囲気が合わないと感じる。どうしたらいいの?

と、悩んでいませんか?

たしかに、職場の雰囲気が合わないとしんどいですよね。

しかしこのまま我慢していたら、あなたの良さが消えてしまいます。

でも、安心してください。

この記事では、職場の雰囲気が合わないときの解決策を解説しています。

本記事を読めば、職場の雰囲気が合わなくてツライと悩まなくてよくなりますよ。

この記事でわかること
  • 職場の雰囲気が合わないのに働くデメリット
  • 雰囲気が合わないと感じたときの解決策
  • 雰囲気が合わなくて辞めた人の体験談

結論からいうと、雰囲気が合わない職場で働くのはデメリットしかありません。

だから、一刻も早く辞めたほうがいいでしょう。

ちなみにわたしは雰囲気が合わない職場で約2年半働きましたが、辞めてからも1年以上は自己否定をしてばかりでした。

過去のわたしと同じように悩んでいるあなたに、ぜひ読んでほしい内容です。

5分くらいで読めるので、どうぞ最後までご覧ください。

職場の雰囲気ではなく特定の人と合わないと感じているなら、「波長が合わない人が職場にいるときの対処法7選。うまく付き合う方法とは?」の記事へどうぞ。

目次

職場の雰囲気が合わないのに働くデメリット

職場の雰囲気が合わないのに働くデメリット

職場の雰囲気が合わないのに働くのは、デメリットしかありません。

どんなデメリットがあるかというと、具体的には3つあります。

  • 精神を病む
  • 自分がわからなくなる
  • ただしく評価してもらえない

精神を病む

雰囲気が合わない職場で働いていると、精神を病みます。

仕事の楽しさややりがいは、環境的な面が大きく影響します。

じっさい、職場の雰囲気や人間関係が悩みで退職する人は多いです。

厚生労働省の調査でも人間関係がよくなかったから仕事を辞めた人は2番目に多く、26.9%もいます。

参考:平成30年度若年者雇用実態調査の概況

1日の大半を過ごす職場の雰囲気が合わないと、精神状態が悪くなるのは当然といえるでしょう。

おかもも

やがて仕事以外の時間でもツライと感じるようになり、どんどんメンタルが病んでいきます。

わたしが精神的に限界になってメンタルクリニックに行った話は、「仕事辞めたいと思ったので精神科で診断書をもらったら結果的によかった話」を読んでください。

自分がわからなくなる

雰囲気が合わない職場では、自分のことがわからなくなります。

なぜかというと、周りに合わせすぎてしまうからです。

あなたは、雰囲気が合わないと感じてもがんばって合わせようとしているのではないですか?

ですが、本来がんばってまで周りに合わせるのはおかしいです。

ムリして合わせるのは、あなたの長所をダメにしているのと同じになります。

それでは、あなた自身もあなたの本音がわからなくなってしまいますよ。

おかもも

わたしも自分を見失ってしまって、自分の理想や得意なことがしばらくわからなくなりました。

ただしく評価してもらえない

ただしく評価してもらえないのも、デメリットです。

先ほどのとおり、雰囲気が合わない職場ではあなたがあなたらしくいられません。

つまり、あなたの力が発揮される機会はかなり少なくなるでしょう。

雰囲気が合わない職場の人とは、うまくコミュニケーションがとれません。

コミュニケーション不足=仕事ができない、と勘違いされて正当な評価をしてもらいにくくなります。

わたしも上司と極力接しないようにしていたら、ボーナスをガンガン削られました。

おかもも

コミュニケーション不足→孤立→和を乱す、という評価だそうです。(納得できん)

もし職場で孤立してしまったときは、「職場の人間関係で孤立したときの解決策。ぼっちになる人の特徴とは?」を参考にしてください。

職場の雰囲気が合わないと感じたときの解決策

職場の雰囲気が合わないと感じたときの解決策

雰囲気が合わない職場で働いていても、いいことはありません。

あなたがそのままでもいられる場所はほかに必ずあるので、さっさと今の職場から離れたほうがいいでしょう。

さっさと今の職場から離れるには、以下の方法が有効です。

  • 退職代行ですぐに辞める
  • 転職活動をはじめる
  • 異動願を提出する
おかもも

適材適所で、合わないところにいる必要はありません。

退職代行ですぐに辞める

一番はやく職場から離れられる方法は、退職代行を使うことです。

退職代行を使えば、今日から職場に行かなくてもよくなりますよ。

合わないと感じたら、転職して数日しか経っていなくても辞めたほうがいいです。

だけど、そんなにすぐに辞めたいとは言えないですよね。

そんなときこそ、退職代行を使いましょう。

退職代行は、あなたのかわりに退職の意思を伝えてくれます。

たとえば退職代行Jobsなら会社と直接やりとりしなくていいため、気まずい思いをしなくてすみますよ。

退職代行Jobsの特徴
  • 即日退職可能
  • 24時間365日対応
  • 会社との直接やりとりは不要
  • 転職サポートもあり
  • 有給消化◎

雰囲気が合わない職場の人には、退職を伝えるのも億劫ですよね。

退職代行を使うと費用がかかりますが、サクッと辞めれて後腐れもありません。

相談だけなら無料なので、気になったら相談してみてください。

今すぐ無料相談してみる

おかもも

余談ですが、退職代行を使うならSARABAはおすすめしません。

理由は、「退職代行SARABAの評判・注意点・特徴などを利用者の私が解説」に書いています。

転職活動をはじめる

転職先が決まれば、今の職場から離れられます。

自分を押し殺している時間があるなら、今すぐ転職活動をはじめてください。

ただし、30代になると転職がだんだん難しくなってきます。

だから、転職が長期化する覚悟をしておきましょう。

30代が効率的に転職活動をするときは、転職エージェントなど複数のツールを併用するのがおすすめです。

くわしくは、「仕事が雑用ばかりでうんざりなら今すぐ転職準備を始めなきゃヤバイ理由」の転職準備の項目をご一読ください。

異動願を提出する

あなたが大きな会社に勤めているなら、異動願を出すのもいいでしょう。

職場の雰囲気が合わないといっても、それは今の部署限定のことかもしれません。

異動や転勤で、雰囲気がガラッと変わることもザラにあります。

退職や転職よりリスクが低いため、とりあえずダメもとで異動願を出してみてください。

おかもも

とはいえ、この方法は中小企業勤めの人には効果がないです。

職場の雰囲気が合わないから辞めた人の体験談

職場の雰囲気が合わないから辞めた人の体験談

最後に、職場の雰囲気が合わないから辞めた人の体験談をツイッターで調査しました。

調査結果と、わたしの体験談をあわせてご紹介します。

合わないなら辞めてもらったほうがいい

あなたが合わないと思っているとき、周りもあなたと合わないと思っています。

なので、辞めたほうがお互いのためです。

利害が一致しているのに、我慢して働き続ける必要はないですよね。

おかもも

周りも辞めてほしいと思ってるんだし、引き止められなくてラッキー!くらいに考えましょう。

もしも引き止められたら、「退職の引き止めで揺らぐ人に伝えたい5つのこと【後悔しないために】」の記事を参考にしてください。

合わないといじめられて退職することになる

女性だけの職場は、いじめに発展することも多いです。

雰囲気が合わないということは浮いてるってことなので、目の敵にされます。

とくに、あなたが入社する前からできあがっているグループに入るのはなかなか至難の業です。

うまくはまっても、窮屈な思いをすることだってあるでしょう。

まあ、男女半々でもパワハラという名のいじめがあるから一概にはいえませんが。

おかもも

いずれにしても、合わなければ次に行くのがベストです。

職場いじめは逃げるが勝ち!戦わずに退職するのがベストな理由」の記事には、いじめられたらさっさと辞めるべき理由が書かれています。

小さい会社は社長と合うかどうかがすべて

ほんっとーに、それ!

わたしも、入社面接で社長に会ったときに違和感を感じました。

けれど社長とは直接関わらないと聞き、結局入社することに決めました。

でも、それは大間違いでした。

どれだけ社長と関わりがなくても、やっぱり小さい会社は社長がほぼすべてで、ルールです。

ベンチャー企業と呼ばれる類の会社は、社長と合うかどうかを入社前にチェックしたほうがいいでしょう。

おかもも

ちなみに、面接の時点でヤバイ会社はある程度わかります。

ヤバイ会社の特徴は、「終わってる会社の特徴25選。経験者だからわかるヤバイ特徴を暴露」の記事へ。

非常識な働きかたに洗脳されてしまう

合わない常識に洗脳されるのは、かなりヤバイです。

たとえば、わたしはお茶くみ反対派です。

でもお茶くみがあたりまえの職場で働いていると、お茶くみを嫌がる自分がおかしいんじゃないかと思うようになります。

「女のくせに、お茶くみをしたくない自分は異常なんじゃないか。」

「どれだけ忙しくても女性社員が電話をとるのは、なにか理由があるんじゃないか。」

とか、頭の中でグルグルするようになります。

今考えたらお茶くみもゴミ捨てもやらない元上司がおかしいんですが、働いてるときは洗脳中なため気づけません。

おかもも

洗脳がとけるまでは、それなりに時間がかかりますよ。

お茶汲みくらい自分でやれ!雑用を押しつけられた女性社員の本音」では、お茶くみ制度への不満を書いています。

合わないとトコトン辛い

職場の雰囲気が合わないだけで辞めるなんて、大げさ。

という人がいますが、同じ立場になった人でないとこのツラさはわからないでしょう。

ただあなたと同じように悩んだ経験のあるわたしが言えるのは、ツライなら逃げてもいいってことです。

逃げてみたらわかりますが、逃げるのってかんたんじゃないですよ。

というか、逃げてるんじゃなくて自分の居場所を探してるだけです。

おかもも

自分らしくいられる場所を探すために動くのは、悪いことじゃありません。

仕事から今すぐ全力で逃げる方法は、「仕事から逃げたい30代に伝えたい。今すぐ全力で逃げる方法」を読んでください。

職場の雰囲気が合わないと感じたら今すぐ辞めるべき!

職場の雰囲気が合わないと感じたら今すぐ辞めるべき!

職場の雰囲気が合わないと感じたら、すぐに辞めたほうがいいでしょう。

ぶっちゃけ、合うか合わないかはすぐにわかります。

たとえ転職直後だったとしても、合わないと思ったら辞めるべきです。

しかし、数日しか働いていないのに辞めたいとは言いにくいですよね。

それなら、退職代行に依頼してみてください。

退職代行のなかでも、退職代行Jobsなら会社と直接やりとりをしなくてOKです。

さらに、今なら無料カウンセリングもついてきます。

職場の雰囲気が合わなくてしんどい思いをした、あなたの心のケアをしてくれますよ。

まずは気軽に相談だけでもどうぞ!

退職代行Jobsの特徴
  • 即日退職可能
  • 相談はLINE・メール・電話で受付
  • 有給消化◎
  • 転職サポートあり
  • 弁護士監修で安心

\相談だけなら無料!/

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

メンタル病んでツライ。でも仕事を休んだら生活できない。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んで働くのがツラくても、休んだら生活できなくなるからかんたんには休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえる方法があるとしたら、どうしますか?

実は働けなくなったときに申請できる、公的な給付金制度があるんです。

過去のわたしと同じように、休みたいと思いながらがんばって働いているあなたに伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になります。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

じつは傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!休職中・退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」で解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも傷病手当金を受給できるようになります。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでも給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる