職場崩壊の10コの特徴。完全崩壊する前にやっておくべきこととは

今の職場、人がどんどん辞めていく。これって職場崩壊では?

と、思っていませんか?

あなたの予想どおり、それは典型的な職場崩壊の特徴です。

そしてこのままでいると、職場どころかあなた自身も崩壊してしまいます。

でも、安心してください。

本記事では、職場が完全崩壊する前にやっておくべきことについて解説します。

この記事を読めば、これから具体的になにをすればいいかわかりますよ。

この記事でわかること
  • 職場崩壊寸前の会社の特徴
  • 職場が完全崩壊する前にやっておくべきこと
  • 職場崩壊に直面した人たちの体験談

以前わたしも、人がどんどん辞めていくのに危機感を感じながらもギリギリまで行動を起こすことができませんでした。

その結果、うつ病になり現在も療養しています。

こういった失敗の経験から、この記事を書いています。

過去のわたしと同じような苦しい思いをしたくない人に、ぜひ読んでもらいたい内容です。

5分程度で読めるので、どうぞ最後までご覧ください。

目次

職場崩壊寸前の会社の10コの特徴

職場崩壊寸前の会社の10コの特徴

職場崩壊する会社には、以下の10コの特徴があります。

  • 退職をしつこく引き止めてくる
  • パワハラ・モラハラが横行している
  • 社長がワンマン経営をしている
  • まともな人がすぐ辞める
  • 残業がいきなり増える
  • 仕事の後任者が見つからない
  • 給料がいつまでも上がらない
  • 会社の考え方が古い
  • 上層部が経営状態を把握していない
  • 社員全員がやる気がない

退職をしつこく引き止めてくる

退職をしつこく引き止めてくる会社は、職場崩壊寸前です。

なぜなら、新しい人が入ってくる見込みがないからです。

未来がない会社には、誰も入社してきません。

求人広告を出すためのお金がなく、引き止めている可能性もあります。

どちらにしても、退職を引き止めるのは違法です。

おかもも

後悔したくないなら、引き止められても応じないほうがいいでしょう。

引き止められて迷ったときは、「退職の引き止めで揺らぐ人に伝えたい5つのこと【後悔しないために】」の記事を参考にしてください。

パワハラ・モラハラが横行している

パワハラやモラハラがある会社は、近いうちに崩壊します。

ハラスメントが横行している職場は、辞める人が多いです。

辞める人が多いと、仕事が回らなくなります。

最終的には長時間労働でブラック化し、働き手がいなくなるでしょう。

ただし、パワハラ・モラハラは被害者以外は気づきにくいです。

パワハラ・モラハラだと思ったら、「【モラハラチェック】職場でモラハラにあったときの対処法・相談先を解説」でセルフチェックしてみてください。

社長がワンマン経営をしている

社長のワンマン経営も、崩壊寸前の会社の特徴です。

具体的には、社長の言うことがすべてになっている会社です。

  • 相談もなしに、仕事の割り振りを変えられる
  • 会議はするけど、会議というかほぼ尋問

など、ワンマン経営の社長がいる会社は長続きしません。

おかもも

ワンマン経営社長は、言い換えればトップダウンの意味を履き違えている人です。

まともな人はすぐ辞める

辞める人が少ない場合でも、まともな人がすぐ辞めるのは危険です。

まともな人は、ヤバイと思ったらすぐに行動します。

結果、職場には悪い意味でヤバイ人だけが残ります。

わたしが働いていた元弊社も、まともな人はみんな1年以内に辞めていきました。

おかもも

正常な判断ができる人は、崩壊寸前の会社にはさっさと見切りをつけていきます。

残業がいきなり増える

残業がいきなり増えるのは、職場崩壊の予兆です。

残業が増える理由は、人が足りないからです。

冒頭でお伝えしたとおり、人がどんどん辞めていくのは職場崩壊の特徴です。

あなたが気づいていないだけで、他部署ではすでに職場崩壊がはじまっているのかもしれません。

おかもも

最近になっていきなり残業が増えたと思ったら、要注意です。

仕事の後任者が見つからない

仕事を辞めるときは、引き継ぎをしてから辞めるのが一般的です。

ですが、仕事を辞めようと思ってもなかなか後任者が見つからないことがあります。

ずっと後任者が見つからなくて退職の話を先延ばしにされたら、その会社はいずれ崩壊するでしょう。

これは遠回しに退職を引き止めているのと同じで、違法だからです。

違法以前に、従業員をいつまでも引き止めるなんてモラルが低すぎます。

おかもも

従業員の立場に立たないで搾取を続ける会社からは、どんどん人が辞めていきます。

引き継ぎ中の後任が辞めたらどうする?後任がいなくても辞める方法」では、引き継ぎの後任がいなくても辞める方法について解説しています。

給料がいつまでも上がらない

崩壊寸前の会社は、ほとんどの場合、資金繰りが厳しい状況です。

そのため、いつまでも給料が上がりません。

たとえば、入社1年目より入社3年目のほうができることが多いです。

それなのに給料が変わらないのは、どう考えてもおかしいです。

給料が低いままの会社は、みんなモチベーションが低いのも特徴です。

給料が低くてモチベーションが下がったら、「給料安いとモチベーション維持はできない。やる気がなくなって当然」の記事を読んでみてください。

会社の考え方が古い

考え方が古い会社も、生き残るのはムリでしょう。

わかりやすい例をあげると、お茶くみ制度がある会社は考え方が古すぎます。

昭和でもあるまいし、女性にお茶くみを強要させるなんて論外です。

そういう会社は経営面でも時代遅れで、成長する可能性は限りなく低いです。

おかもも

じっさい非効率的なアナログ作業が多かった元弊社には、お茶くみ制度がありました。

お茶汲みくらい自分でやれ!雑用を押しつけられた社員たちの本音」では、お茶くみ制度反対派の意見をまとめています。

上層部が経営状態を把握していない

上層部がずさんだと、職場はすぐに崩壊します。

わたしが経験した例でいえば、上層部が赤字を知らなかったことがあります。

けれど、会社の経営状態が悪いのは働いていればなんとなくわかります。

そこで上層部との温度差を感じ、離職する人があとをたちませんでした。

要するに、信頼できない会社は終わりです。

上司や会社を信頼できなくなったら、「上司を信頼できなくなったら離れるのが正解!ダメ上司を攻略する7つの方法」の記事へどうぞ。

社員全員がやる気がない

人がどんどん辞めていく前に気をつけたいのは、職場に活気があるかどうかです。

社員全員がやる気がない会社だと、次々に人が辞めていくのも時間の問題です。

逆にいえば、雰囲気がいい職場は崩壊する確率が低いといえます。

社員が不満ばかりこぼしている会社は、きっかけさえあれば崩壊がはじまります。

おかもも

雰囲気が悪い職場で働くデメリットは、「職場の雰囲気が合わないのに働くのはデメリットしかないから辞めたほうがいい」の記事を参考にしてください。

職場が完全崩壊する前にやっておくべきこと

職場が完全崩壊する前にやっておくべきこと

職場が完全に崩壊すると、精神的にかなりしんどくなります。

だから、完全崩壊する前に職場から離れる準備をしておくべきです。

具体的には、以下の3つをやっておいてください。

  • 副業で収入を得る
  • 転職活動の準備をする
  • ヤバくなったら退職代行を使う

副業で収入を得る

職場が崩壊しそうだなと思ったら、副業で収入を得ておきましょう。

副業で収入があれば、職を失っても金銭的な余裕ができます。

金銭的な余裕は、精神的な余裕につながります。

精神的な余裕をもてれば、わたしのようにうつ病で苦しむことはなくなりますよ。

これから副業をはじめるなら、SHElikesでスキルを獲得してください。

SHElikesは、30代未経験でもOKなキャリアスクールです。

最短2ヶ月で、WEBデザインやWEBマーケティングのスキルが身につきますよ。

SHElikesの特徴
  • 30代未経験でも一生モノのスキルが身につく
  • キャリアチェンジ率90%
  • 仕事獲得の方法までサポート
  • 完全オンラインで完結
  • 絶対挫折しない仕組みあり

SHElikesでは、WEB関係のスキルをマルチに学べます。

副業や転職につながるスキルを凝縮しているから、すごくコスパが高いです。

今なら無料でレッスンを体験できるので、興味があったら一度体験してみてはどうでしょうか。

今すぐ無料レッスンを体験してみる

SHElikesと他社を比較した「SHElikesの料金を他社と比較したらコスパよすぎることが判明!」の記事も参考にどうぞ。

転職活動の準備をする

崩壊が目前で、副業をする時間的な余裕がないこともあると思います。

そんなときは、転職活動の準備をすればOKです。

職場が崩壊してあなたのこころが壊れてしまう前に、転職してしまいましょう。

今すぐ転職するなら、業界最大手のリクルートエージェントを利用するのが確実です。

リクルートエージェントは転職支援実績ナンバーワンだから、きっとあなたもスムーズに転職できますよ。

リクルートエージェントの特徴
  • 利用・登録すべて無料
  • 転職支援実績ナンバーワン
  • 非公開求人数10万件以上
  • 地方での転職も可
  • 専門のキャリアアドバイザーがフルサポート

もちろん、相談だけでも利用できます。

じっさい、転職したほうがいいか迷っているときに相談するだけの人も多いです。

転職を考えているなら、サクッとサービス申込だけでもしておきましょう。

リクルートエージェント公式サイトはこちら

ヤバくなったら退職代行を使う

職場崩壊寸前だと、なかなか辞めさせてくれないことがあります。

ヤバイなと思ったら、退職代行を使うことを検討してください。

退職代行を使えば、確実かつすぐに辞められますよ。

たとえば退職代行Jobsなら即日退職できるので、もうダメだ!となってからでも頼りになります。

退職代行Jobsは対応が親切で、料金も相場より格安です。

また無料で複数のサポートを受けられて、利用者の評判がいい退職代行サービスです。

おかもも

ちなみに、退職代行選びに失敗すると余計に精神を消耗します。

くわしくは、「退職代行SARABAを使ってみた体験談。利用者の私が実態を暴露します」で退職代行選びに失敗して病んだわたしの体験談を読んでみてください。

職場崩壊に直面した人たちの体験談

職場崩壊に直面した人たちの体験談

職場崩壊ってどんな感じなの?

職場崩壊に直面した人たちの体験談を、ツイッターで調査してみました。

あなたの今の状況と、照らし合わせてみてください。

退職者が続出

退職者が続出すると、職場は崩壊します。

職場の規模にもよりますが、すでに退職が確定している人が何人もいるのは異常です。

このままだと、気づいたらあなたが最後の一人になってしまいますよ。

おかもも

いざというときのために、今すぐ副業や転職準備をはじめておくべきです。

仕事が回らない

だれか一人だけに依存している会社は、そもそも間違っています。

あなただけが、たくさんの仕事を抱える必要はありません。

やることが多くて仕事が回らないなら、人を増やすべきです。

ずっと人員を補充しない会社は、職場崩壊寸前の特徴にあてはまります。

コロナ禍で崩壊

コロナがきっかけで、職場崩壊するパターンもあります。

これとは反対に、会社が濃厚接触と認めてくれなくて泣く泣く出社する例もあります。

どっちにしても、職場崩壊は避けられません。

おかもも

こんな事態になってもリモートワークをやらない会社は、考え方が古いです。

暴言が原因で崩壊

パワハラやモラハラが原因で、人がどんどん辞めていくケースも多いです。

特徴の部分でもあげたとおり、ハラスメントが横行している会社はほぼ崩壊しています。

ただ残念なことに、いじめと同じでパワハラは完全にはなくならないでしょう。

おかもも

パワハラやいじめにあったら、すぐに逃げてください。

職場いじめは逃げるが勝ち!戦わずに退職するのがベストな理由」では、いじめから逃げるべき理由を書いています。

新しい人が入ってこない

新しい人が入ってこないと、人手不足は解消されません。

このままだと、ブラック企業一直線です。

ブラック企業で働くと、体もこころも壊れてしまいます。

おかもも

だんだん感覚がマヒして、逃げるのも苦労しますよ。

ブラック企業から抜け出すときは、「傷病手当金はブラック企業から自由になるためのライフハックである」の記事をご一読ください。

職場が先か、従業員が先か

人手不足が続くと、従業員のメンタルは削られていきます。

そして、精神を病む人が出てきて結果的に職場が崩壊します。

今はかろうじてメンタルを保てているかもしれませんが、あなたもいつ壊れるかわかりません。

メンタル崩壊は、ある日突然やってきます。

おかもも

ほんとうにダメになってしまう前に、今すぐ準備をしておきましょう。

職場を崩壊させる人

たまにインフルエンザでも出社してくる、迷惑テロリストっていますよね。

そういえば、元弊社にも帯状疱疹で出社してきた非常識人がいたからとてもわかります。

体調不良でも仕事をしてるのがかっこいいと思っている人は、ハッキリいって迷惑です。

おかもも

出社する人も出社する人だし、止めない上司も非常識です。

職場が崩壊する前に副業をしておこう!

職場が崩壊する前に副業をしておこう!

職場崩壊が進むと、あなた自身も壊れてしまいます。

職場が崩壊しそうな予感がしたら、副業をはじめてください。

副業をすると金銭的な余裕が生まれ、さらには精神的な余裕を保てます。

精神的に余裕があれば、いざ職場が崩壊してもあなたが壊れるのは避けられるでしょう。

余裕をもって副業をしたいなら、SHElikesへどうぞ。

SHElikesはマインド面も変えられるため、もしメンタルを病んでもどん底状態にはなりにくいですよ。

SHElikesの特徴
  • あなたらしい働き方をサポート
  • 30代未経験でも一生モノのスキルが身につく
  • キャリアチェンジ率90%
  • 仕事獲得の方法までサポート
  • 完全オンラインで完結

副業で収入が増えれば、余裕をもって本業に取り組めます。

いつまでも崩壊寸前の職場に消耗していないで、今すぐ副業をはじめてくださいね!

\今すぐ無料体験レッスンへGO!/

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

メンタル病んでツライ。でも仕事を休んだら生活できない。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んで働くのがツラくても、休んだら生活できなくなるからかんたんには休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえる方法があるとしたら、どうしますか?

実は働けなくなったときに申請できる、公的な給付金制度があるんです。

過去のわたしと同じように、休みたいと思いながらがんばって働いているあなたに伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になります。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

じつは傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!休職中・退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」で解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも傷病手当金を受給できるようになります。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでも給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる