仕事辞めてもなんとかなる。30代で仕事を辞めたわたしの体験談

「仕事を辞めたいけど、次が決まってないのに辞めるのはアリ?30代で辞めてもなんとかなる?」と悩んでいませんか?

結論からいうと、30代なら失業保険がもらえるからなんとかなります。

本記事では、仕事を辞めてもなんとかなる理由について書いています。

仕事を辞めてもなんとかなるのか不安に思っている30代は、ぜひ参考にしてください。

目次

仕事辞めてもなんとかなる!30代のわたしの体験談

仕事辞めてもなんとかなった30代のわたしの体験談

わたしは退職後に傷病手当金と失業保険を受給したため、仕事を辞めてもなんとかなりました。

そして、仕事を辞めてみて気づいたことがあります。

それは、以下の5つです。

  • しんどい仕事は辞めるのが正解
  • 働きかたはひとつじゃない
  • 仕事に行くとお金がかかる
  • 30代の失敗は問題ない
  • 副業はやっておいたほうがいい
おかもも

傷病手当金と失業保険については、のちほど解説しています。

しんどい仕事は辞めるのが正解

しんどい仕事は、辞めるのが正解です。

なぜなら、心身ともに消耗して最終的にはボロボロになってしまうからです。

わたしたちは、我慢と引き換えにお金をもらっているわけではありません。

仕事だからといって、我慢しなければならないという考えは間違いです。

たしかに、やりたくない仕事から完全に逃げるのは不可能でしょう。

けれど、それはしんどい仕事を続ける理由にはなりません。

働きかたはひとつじゃない

以前のわたしは、会社員を辞めたら終わりだと思っていました。

でも、会社員じゃなくてもいろんな働きかたがあることに気づきました。

たとえばフリーランスや独立して働いている人は、世の中にたくさんいます。

今の時代、会社員以外で生計を立てている人は意外と多いです。

もちろん、会社員のほうが収入が安定しています。

しかしどんな大きな企業でも、リストラや倒産のリスクは避けられません。

おかもも

会社を辞めたら終わりだと思い込むことで、自分の可能性を奪っているのに気づきました。

仕事に行くとお金がかかる

仕事を辞めてみると、生活するにはそんなにお金が必要ないこともわかりました。

じっさいわたしは仕事を辞めて30%以上収入が減りましたが、毎月ずっと黒字です。

会社員のときは毎月ギリギリだったので、仕事を辞めたら生活できなくなると思っていました。

ところが会社員でいるのって、想像以上にランニングコストがかかっていることに気づきました。

付き合いで飲みに行くこともなくなるので、飲み代もかかりません。

30代の失敗は問題ない

30代のうちなら、失敗しても問題ないこともわかりました。

「30代で無職はヤバイだろ…」と、思う気持ちはとてもよくわかります。

だけど、40代・50代で失敗するより、30代のうちに失敗しておいたほうがこれから先の人生ラクに過ごせます。

30代なら、失敗してもまだやり直し可能です。

おかもも

はじめから失敗するつもりでチャレンジしたことのほうが、案外なんとかなることを学びました。

副業はやっておいたほうがいい

仕事を辞めてみて、副業はやっておいたほうがいいこともわかりました。

その理由は、仕事を辞めても金銭的に余裕が持てるからです。

金銭的に余裕があると、精神的にも余裕を持てるようになります。

副業をしていれば、仕事を辞めるハードルは格段に下がるでしょう。

とはいえ、副業で安定した収入を得るのはわたしには難しかったです。

ただ副業をしても損をすることはひとつもなかったので、やっていてよかったと思っています。

30代が仕事を辞められないワケ

30代が仕事を辞められないワケ

前述したとおり、わたしは30代になって仕事を辞めたら終わりだと思っていました。

なぜ終わりだと思っていたかというと、以下のような理由があります。

  • 次の仕事が見つかるか心配
  • 貯金がなくて生活できない
  • 世間体が気になる

次の仕事が見つかるか心配

30代になると、次の仕事が見つかるか心配でなかなか仕事を辞められません。

当然のことですが、転職は若ければ若いほど有利です。

それゆえ、次が決まってないのに仕事を辞めるのはすごく勇気がいります。

辞める勇気が出ないまま、ダラダラと仕事を続けている30代はわりと多いでしょう。

貯金がなくて生活できない

貯金がない場合も、仕事を辞めるのは難しいです。

なぜかというと、生活するにはお金が必要だからです。(あたり前ですが)

先ほどもいいましたが、金銭的な余裕は精神的な余裕につながります。

要するに、金銭的にギリギリだと仕事を辞めたい気持ちとじっくり向き合う余裕がなくなるということです。

ほとんどの人は、辞めたいなら辞めたほうがいいと薄々気づいています。

けれど自分と向き合う余裕がなく、辞められないケースが大半です。

世間的が気になる

世間的が気になって、仕事を辞められないこともあるでしょう。

あるいは、家族や友人から仕事を辞めるのを反対されることもあると思います。

世間体が気になるのは、自信のなさのあらわれでもあります。

あなたは自分に自信がないから、周囲の人の目が気になってしまうのです。

自信をもつには自分自身と向き合う必要があり、精神的な余裕がないと自分とは向き合えません。

このことから、精神的な余裕のなさから辞められないと悩んでしまうことがわかります。

仕事辞めてもなんとかなる。30代でもOKな理由

仕事辞めてもなんとかなる。30代でもOKな理由

30代なら、仕事を辞めてもなんとかなります。

その理由は、以下の5つです。

  • 失業保険を受給できるから
  • 職業訓練を受けられるから
  • 転職できるから
  • 副業を本業にすることができるから
  • しばらくフリーターでも問題ないから

失業保険を受給できるから

仕事を辞めても、失業保険を受給できるから問題ありません。

ですが、ほとんどの場合、失業保険をもらえるまでには「待機期間」というタイムラグがあります。

失業保険をもらえる期間は、退職時の年齢や退職理由によって変わります。

例をあげるとすると、34歳で自己都合退職したわたしの給付日数は90日でした。

参考リンク:基本手当の所定給付日数|ハローワークインターネットサービス

以上のように、正直なところ、失業保険はあまりアテにならないでしょう。

ただし傷病手当金という公的制度を利用すれば、退職後に最大28ヶ月給付金がもらえる可能性があります。

傷病手当金とは
  • 働けなくなったときに受給できる給付金
  • 給与の3分の2の額が支給される
  • 最大1年6ヶ月受給可能
  • 実際の受給者は0.5%程度だが、本来は約4人に1人が受給対象
失業保険を受給できるから

傷病手当金は知名度が低いですが、だれでも利用できる公的保険制度です。

しかし申請手続きが難しく、個人でおこなった場合は失敗するケースもあります。

そこでわたしは、傷病手当金のややこしい手続きをプロにサポートしてもらっています。

そのプロとは、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートです。

社会保険給付金サポートとは、傷病手当金の申請をサポートしてくれるサービスです。

弁護士や社労士に依頼するよりも安価で、傷病手当金を受給できます。

社会保険給付金サポートを利用したおかげで、わたしは傷病手当金を受給できました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

社会保険給付金サポートについては、下記記事で口コミを公開しています。

気になる人は、どうぞご覧ください。

職業訓練を受けられるから

仕事を辞めたあと、職業訓練を受けることもできます。

職業訓練とは、ハローワークが定めた訓練コースを受講したら手当金がもらえる制度です。

受講料は無料で、条件を満たせば月10万円の給付金と交通費が支給されます。

職業訓練を受けられるから

つまり、仕事を辞めても職業訓練でスキルアップしつつ給付金がもらえます。

おかもも

詳細は最寄りのハローワークで確認してください。

全国ハローワークの所在案内はこちら

転職できるから

仕事を辞めたとしても、30代なら転職もできるから大丈夫です。

現に、転職成功者の年齢は上がってきています。

転職できるから
引用元:doda

社会人としての常識が身についている30代は即戦力になるため、30代以上を求めている企業も多いです。

たとえ次が決まっていなくても、転職しやすいからなんとかなります。

おかもも

その証拠に、わたしも30代になって2回転職しました。

副業を本業にすることができるから

30代で仕事を辞めて、独立する人も多いです。

そして独立している人のほとんどは、会社員のときに副業をしています。

先ほどのとおり、仕事を辞めたら生活に必要なお金はかなり少なくなります。

だからもし仕事を辞めても、副業で収入があれば問題なく生活できるでしょう。

今は副業をしていなくても、上手にできれば安定した収入を得ることが可能です。

おかもも

副業を本業にしている前例は多く、けっしてめずらしい話ではありません。

しばらくフリーターでも問題ないから

働くことに疲れたのであれば、しばらくフリーターでも問題ありません。

フリーターで食いつなぎつつ、人生について考え直してみてもいいでしょう。

繰り返しになりますが、30代はまだ失敗できる年代です。

30代でフリーターでも、世間体を気にする必要はありません。

30代のうちなら、一度立ち止まってゆっくり考えられます。

仕事辞めてもなんとかなるために30代がやっておくこと

仕事辞めてもなんとかなるために30代がやっておくこと

仕事を辞めてもなんとかしたいなら、以下のことをやっておくといいでしょう。

  • 転職の準備
  • 貯金
  • スキルアップ

転職の準備

あらかじめ転職の準備をしておくと、仕事を辞めたあとスムーズに転職できます。

なぜなら、早く動き始めたほうが転職で有利だからです。

転職の準備とは、具体的には転職エージェントへ登録すればOKです。

転職エージェントに登録しておけば、希望の求人があったときにすぐに動き出せます。

転職エージェントといえば、業界最大手のリクルートエージェントがイチオシです。

リクルートエージェントは登録も利用も無料で、たった5分で申込みが完了します。

リクルートエージェントは実績が豊富で、これまで50万人以上をサポートしてきました。

専門のキャリアアドバイザーが、転職についてがっつりアドバイスしてくれます。

また、転職したほうがいいのか迷っているときに相談することも可能です。

無料なので、ひとまず申込みだけでもどうぞ。

今すぐ無料申込みする

貯金

仕事を辞めたあとのことを考えると、貯金も少しは必要です。

社会保険給付金や失業保険をもらうとしても、受給まではタイムラグがあります。

いざというときのために、少しはお金があったほうがいいでしょう。

現実問題として、貯金ゼロで仕事を辞めるのはキツイです。

ただし貯金がゼロでも、ボーナス後に辞めればなんとかなるかもしれません。

スキルアップ

仕事辞めてもなんとかしたいなら、スキルアップをしておいてください。

スキルがあれば、転職も副業もすぐにできます。

しかし働きながらスキルアップするのは、けっこう大変です。

モチベーションを保ってスキルアップするためには、少しコツが必要になるでしょう。

個人的には、一緒に勉強する仲間を探したりオンライン作業会に参加するのがすごくよかったです。

いろんな方法をためして、自分にあった勉強法を見つけてください。

30代で仕事を辞めてもなんとかなる!

30代で仕事辞めてもなんとかなる!

30代で仕事を辞めても、なんとかなります。

その根拠は、仕事を辞めたあとでも失業保険がもらえるからです。

さらに条件がそろえば、傷病手当金も受給できます。

仕事を辞めても一定期間はお金がもらえるため、次が決まってなくても問題ありません。

だから、辞めたいと思ったら自分の気持ちに素直になってください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次