やりたくない仕事を続けるべきか?迷ったときに考えたい5つのポイント

やりたくない仕事を続けるべきか迷っている。どういう判断基準で続けるか辞めるかを決めたらいいの?

と、悩んでいませんか?

わたしも同じことで悩んでいたので、その気持ちとてもよくわかります。

たしかにやりたくない仕事を続けていたら、働くことがどんどんイヤになってしまいます。

でも、安心してください。

この記事には、やりたくない仕事から解放される方法について書いています。

この記事でわかること
  • 仕事を続けるべきか決めるポイント
  • 仕事を続けるメリット・デメリット
  • やりたくない仕事から解放されるマインド法
  • やりたくない仕事を辞めてわかったこと

結論からいうと、仕事を続けるべきか迷ったらあるサポートを使ってゆっくり考えるのがベストです。

どんなサポートを使えばいいのかは、記事のなかで紹介しています。

今の仕事を続けるべきか迷っている人は、どうぞ最後までご覧ください。

おかもも

もし仕事を辞める選択をしても、なんとかなるから大丈夫ですよ。

仕事を辞めてもなんとかなる理由は、「仕事辞めてもなんとかなる。30代で仕事を辞めたわたしの体験談」の記事へどうぞ。

目次

やりたくない仕事を続けるべきか決める5つのポイント

やりたくない仕事を続けるべきか決めるポイント

やりたくない仕事を続けるべきか迷ったら、以下の5つの点を考えてみてください。

  • 給料に満足しているかどうか
  • やりがいを感じるかどうか
  • 職場の人間関係が悪くないかどうか
  • 上司が尊敬できるかどうか
  • 精神的に余裕があるかどうか
おかもも

5つのポイントを、あなたにあてはめて考えてみてください。

やりたくない仕事のせいで仕事に行きたくないと思ったら、「仕事行きたくない、家にいたいと思ったときにおすすめの対処法10」の記事の内容を試してみてください。

給料に満足しているかどうか

やりたくない仕事を続けるべきか迷ったら、今の給料に満足しているかどうか考えてみましょう。

もしあなたが給料に満足しているなら、仕事は辞めないほうがいいです。

なぜなら、生活のために仕事をすると割り切って考えるのが一番ラクだからです。

それに、やりたくない仕事を100%避けることはできません。

もしも給料が安くてモチベーションが下がっているなら、転職を検討してください。

給料に不満な人が転職すべき理由は、「給料安いとモチベーション維持はできない。やる気がなくなって当然」の記事を参考にしてください。

やりがいを感じるかどうか

やりがいを感じてるときも、仕事を辞めないほうがいいです。

やりたくない仕事も、続けているうちにイヤな気持ちが消えることがあるからです。

やりたくない仕事でも、やりがいのある仕事はたくさんあります。

たとえばやったあとに達成感を感じられるなら、やりがいがあるといえます。

人の気持ちは、必ず変わります。

やる気がいつまでも続かないように、やりたくない気持ちもずっとは続きません。

おかもも

ですが、仕事が雑用ばかりだとやりたくないし、やりがいも感じないでしょう。

仕事が雑用ばかりでうんざりなら今すぐ転職準備を始めなきゃヤバイ理由」には、雑用ばかりがヤバイ理由を書いています。

職場の人間関係が悪くないかどうか

職場の人間関係に問題がないときも、仕事を辞めるのはおすすめしません。

正直いって、職場の人間関係に恵まれることは少ないからです。

やりたい仕事をしていても、職場の人間関係が原因で辞める人は多いです。

人間関係が悪いとは、たとえばパワハラやモラハラがある職場をいいます。

パワハラとモラハラの違いは、「【モラハラチェック】職場でモラハラにあったときの対処法・相談先を解説」で解説しています。

逆に人間関係の悪い職場でやりたくない仕事をしているなら、今すぐ辞めても問題ありません。

人間関係の悪い職場から今すぐ逃げる方法は、「仕事から逃げたい30代のあなたへ。今すぐ逃げる方法を教えます!」の記事を読んでください。

上司が尊敬できるかどうか

あなたがもし尊敬できる上司のもとで働いているなら、今の仕事を続けるべきです。

尊敬できる上司というのはとてもレアで、それだけでかなり恵まれているからです。

尊敬の対象は、上司でなくてもOKです。

尊敬する人と一緒に仕事ができれば、あなたはこれからどんどん成長できますよ。

おかもも

尊敬できる人と働けることは、今後かならずあなたにとってプラスになります。

上司が尊敬できないから辞めたいと思うのはおかしくない。むしろ当たり前」では、尊敬できる上司がいかにレアであるかを説明しています。

精神的に余裕があるかどうか

今のあなたの精神状態も、やりたくない仕事を続けるべきか判断するポイントになります。

もし仕事がやりたくなさすぎて精神的にツライなら、すぐに辞める準備をはじめてください。

精神的に追い込まれてまで仕事をしても、いいことはひとつもありません。

そもそも、体もこころも健康でないと働くことはできないでしょう。

精神的に余裕がないときは、環境を変えるのが手っ取り早いです。

おかもも

精神的な余裕が残っているかどうか、自分でチェックしてみてください。

ストレスが限界のときのサインは、「仕事でストレスが限界なときの対処法とは?うつ病の私が解説する」の記事に書いています。

やりたくない仕事を続けるメリットとデメリット

やりたくない仕事を続けるメリットとデメリット

やりたくない仕事を続けるべきかどうかは、メリットとデメリットを比較するのも大事です。

メリットとデメリットをざっくりとまとめると、以下のようになります。

メリット
デメリット
  • 継続する力がつく
  • キャリアが安定する
  • 苦手なことができるようになる
  • 働く意欲がなくなる
  • 時間がムダになる
  • ほんとうにやりたいことがわからなくなる

やりたくない仕事を続けるメリット

やりたくない仕事を続けるメリットは、おもに3つあります。

  • 継続する力がつく
  • キャリアが安定する
  • 苦手なことができるようになる

やりたくない仕事でも、続ければあなたの強みになります。

継続すれば、今のキャリアも安定するでしょう。

おかもも

続けられた成功体験は、苦手なことにチャレンジする強さにもなります。

やりたくない仕事を続けるデメリット

一方、やりたくない仕事を続けるのはデメリットもあります。

  • 働く意欲がなくなる
  • 時間がムダになる
  • ほんとうにやりたいことがなくなる

やりたくない仕事を続けていると、感覚がマヒしてきます。

働く意欲がなくなり、ほんとうに自分がやりたいこともわからなくなってしまいますよ。

やりたくない仕事をずっと続けるのは、時間のムダでもあります。

やりたくない仕事から解放されるマインド法

やりたくない仕事から解放されるマインド法

やりたくない仕事をしなければいけないときは、以下の方法を実践してみてください。

  • 一度ゆっくり考える
  • とりあえずやってみる
  • 上司に相談する
  • やりたくないと断る
  • プラスの面を探してみる
  • 成功者の話を聞く
  • 転職する
おかもも

仕事がやりたくないなと感じたら、試してみてください。

一度ゆっくり考える

やりたくない仕事から解放されるには、一度ゆっくり考えるのがベストです。

一度ゆっくり考えることで、自分がなにを大切にしたいかがわかるようになります。

わたしも、会社員のときはやりたくない仕事を続けるべきか悩んでいました。

しかし一度ゆっくり考えたおかげで、人間関係に不満がなければやりたくない仕事でも続けられることに気づけました。

おかもも

やりたくない仕事から解放されるには、自分のことを見つめ直す必要があります。

ゆっくり考える時間がほしいときは、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートをどうぞ。

社会保険給付金サポートとは

退職後や休職中に給付金がもらえるようにサポートしてくれるサービス

社会保険給付金サポートを利用すれば、お金の心配をすることなくゆっくり考える時間を作れますよ。

一度休職か退職をして、ゆっくり考える時間を作ってください。

休職?退職?どっちがいいか徹底検証|メンヘラが知っておくべき制度」では、休職と退職のメリット・デメリットを比較しています。

\社会保険給付金サポートの詳細はこちら/

とりあえずやってみる

とりあえずやってみるのも、ひとつの解決方法です。

やりたくないと思っていても、やってみたらなんとかなることが多いからです。

めんどくさいことやイヤだなと思うことでも、やりはじめたら意外と熱中できた。

あなたにも、こんな経験があるはずです。

やりたくない仕事のなかにも楽しさを見つけられる能力は、誰にでもあります。

おかもも

やりたくないと考える前に、とりあえずやってみましょう。

上司に相談する

どうしていいかわからなくなったときは、上司に相談してみてください。

部下の仕事を管理するのは、上司の仕事です。

上司に相談したら、異動や配置換えなどの対応をしてくれるかもしれませんよ。

あなたが辞めたいと思うくらい悩んでいるなら、上司はなにか助けてくれるはずです。

しかし相談したときに取り合ってくれないような職場は、ハッキリいってブラックです。

おかもも

ブラックな上司がいるところはサクッと辞めて、転職してしまいましょう。

ブラック上司を攻略する方法は、「上司を信頼できなくなったら離れるのが正解!ダメ上司を攻略する7つの方法」を参照してください。

やりたくないと断る

どうしてもやりたくない仕事は、勇気を出して断るのもアリです。

あなたが悩んでいても、なにも言わなければ誰にもわかりません。

一度勇気を出して断ることで、あなたの気持ちは周りに伝わるでしょう。

あなたがやりたくないと思っていても、他の人にとってはそこまで苦痛ではない可能性もあります。

おかもも

言葉にして主張することで、状況が変わるかもしれませんよ。

プラスの面を探してみる

どんな仕事にも、なにかプラスになることがあるはずです。

プラスの面が見つかれば、やりたくない気持ちがかなり少なくなりますよ。

あなたがやりたくない仕事を引き受けてくれるおかげで、スムーズに仕事ができています。

人の役に立っていることを常に意識すれば、だんだん気持ちがポジティブになってくるでしょう。

おかもも

とはいえ、我慢してまでやりたくない仕事をやる必要はないです。

成功者の話を聞く

やりたくない仕事から解放されたくなったら、成功者の話を聞くのもおすすめです。

成功者の話を聞くと、あなたの中の「やりたくない仕事」に対する考え方が変わりますよ。

成功者であっても、みんなやりたくない仕事を経験します。

しかしそのやりたくない仕事をバネにしたから、成功できたのです。

だからあなたもやりたくない仕事をうまく利用できるように、成功者から学んでください。

手軽に成功者の話が聞きたいときは、好きな有名人や著名人の著書を読んでみましょう。

とくに好きな有名人がいない人は、ワタクシの推しをおすすめするでござるよ(^o^)

おかもも

この俗物が!

転職する

どうしても今の仕事がやりたくないなら、転職するという選択肢もあります。

根本的にやりたくない仕事をしている場合は、転職すればOKです。

ただし、転職するとしても勢いで会社を辞めるのはNGです。

今の仕事を辞めるべきかどうか迷ったなら、リクルートエージェントに相談してみてください。

リクルートエージェントは、あなたが転職すべきかどうか相談に乗ってくれます。

リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績ナンバーワン
  • 非公開求人数10万件以上
  • 地方での転職もOK
  • 利用・登録すべて無料
  • 入社前に年収交渉可能

相談は無料で、たった5分できます。

これまで50万人以上をサポートしてきた実績から、あなたがほんとうにやりたい仕事を探すお手伝いをしてくれますよ。

今の仕事に不満があるなら、一度相談だけでもしてみてはどうでしょうか。

今すぐ無料で相談してみる

一人暮らしで貯金がないときは、「一人暮らし貯金なしで転職する3つの方法と即退職してはいけない理由」の記事も読んてみてください。

【体験談】やりたくない仕事を辞めてわかったこと

【体験談】やりたくない仕事を辞めてわかったこと

わたしはやりたくない仕事を続けるべきか考えた結果、辞めることにしました。

そしてやりたくない仕事を辞めてみて、いくつかわかったことがあります。

それは、具体的には以下の3つです。

  • 人生が楽しくなる
  • 自分に自信がつく
  • しかしやりたくない仕事から逃げるのは無理
おかもも

やりたくない仕事から逃げるのは、無理でした。

人生が楽しくなる

わたしはやりたくない仕事を辞めたら、人生が楽しくなりました。

それは、仕事を辞めたことで精神的に安定するようになったからです。

一般的な社会人は、1日8時間働きますよね。

つまり、ほとんどの人は人生の1/3以上の時間を仕事に使っています。

この1/3の時間が苦痛なものだったら、精神的に不安定になるのは当たり前です。

逆に仕事の時間が楽しくなると、精神が安定するようになってきます。

おかもも

精神的に安定できると、自然と人生がいい方向へ進んでいきますよ。

仕事辞めたら人生楽しすぎる。30代で辞めてよかった7つの理由」では、人生がいい方向に進んだわたしの体験談を書いています。

自分に自信がつく

やりたくない仕事を辞めると、自分に自信がもてるようになりました。

今は、以前のようにやりたくない仕事を続けるべきかモヤモヤすることはありません。

そして、自分はなにもできないダメ人間だ、と落ち込むことがなくなりました。

やりたくない仕事を辞めたおかげで、自分がもっている能力に気づけたともいえます。

おかもも

やりたくない仕事を続けていると、自分の無能さばかりが気になってしまいます。

自分が無能だと落ち込んだときは、「自分が無能だと気づいたときこそ人生をやり直す絶好のチャンスである」の記事を読んでください。

しかしやりたくない仕事から逃げるのは無理

仕事を辞めても、やりたくない仕事から完全には逃げられないこともわかりました。

やりたい仕事だけをするのは、不可能です。

たとえ今はやりたくない仕事から逃げられても、そのうちまた新しい「やりたくない」が出てきます。

要するに、今あなたが思っているやりたくないという気持ちはあまりアテになりません。

やりたくない仕事を辞めても、次のやりたくない仕事が出てきます。

おかもも

すべての仕事から逃げるには、一度ゆっくり休んだほうがいいでしょう。

仕事をしばらく休みたいあなたが今すぐやっておくべき3つのこと」では、仕事をしばらく休む方法を解説しています。

やりたくない仕事を続けるべきか迷ったら一度休もう!

やりたくない仕事を続けるべきか迷ったら一度休もう!

やりたくない仕事を続けるべきか迷ったら、一度ゆっくり考えるのがいいでしょう。

ゆっくり自分を考え直す時間をつくれば、仕事の意味や大切さがわかるようになりますよ。

ゆっくり考える時間をつくりたいなら、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートを使ってください。

社会保険給付金サポートを使うと、お金の心配をすることなくゆっくり考える時間を作れますよ。

社会保険給付金サポートの特徴
  • 休職中や退職後に給付金がもらえるようにサポート
  • 金銭的リスクなし
  • 給付金がもらえなかったら全額返金
  • 1200人以上のサポート実績あり
  • 親切でていねいなサポートが評判

社会保険給付金サポートは、休職か退職を予定していないと使えません。

ですが、知っているだけで今後の選択肢が広がります。

興味があったら、無料WEB説明会を視聴してみてください。

あなたが、やりたくない仕事とうまく折り合いをつけられますように!

\説明会参加で失業保険マニュアルプレゼント!/

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

メンタル病んでツライ。でも仕事を休んだら生活できない。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んで働くのがツラくても、休んだら生活できなくなるからかんたんには休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえる方法があるとしたら、どうしますか?

実は働けなくなったときに申請できる、公的な給付金制度があるんです。

過去のわたしと同じように、休みたいと思いながらがんばって働いているあなたに伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になります。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

じつは傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!休職中・退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」で解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも傷病手当金を受給できるようになります。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでも給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる