辞めさせてくれないときでもバックレはNG!バックレ以外で辞める裏技

会社が辞めさせてくれない。バックレてもいい?

と、思っていませんか?

たしかに、辞めさせてくれないとバックレたくなりますよね。

しかしバックレると、これから先ずっと困ることになるので絶対NGです。

でも、安心してください。

この記事では、バックレ以外で仕事を辞める裏技について書いています。

この記事でわかること
  • 辞めさせてくれないときでもバックレがNGな理由
  • バックレ以外で辞める裏技
  • 辞めさせてくれないときによくあるケース

結論からいうと、辞めさせてくれないときは退職代行を使うのが正解です。

ちなみにわたしは、過去に退職代行を使って退職した経験があります。

その経験をもとに、どんな退職代行を使えばいいのかもお教えします。

今すぐバックレたいと思っている人は、ぜひ最後までご覧ください。

退職を引き止められて揺らいでいるときは、「退職の引き止めで揺らぐ人に伝えたい5つのこと【後悔しないために】」の記事へどうぞ。

目次

辞めさせてくれないときでもバックレがNGな理由

辞めさせてくれないときでもバックレがNGな理由

会社が辞めさせてくれないときでも、バックレるのはNGです。

その理由は、おもに5つあります。

  • 給料がもらえない可能性がある
  • 損害賠償請求をされる可能性がある
  • 懲戒解雇になる可能性がある
  • いやがらせをされる可能性がある
  • 警察沙汰になる可能性がある
おかもも

バックレた時点で、あなたは悪者になってしまいます。

給料がもらえない可能性がある

バックレると、給料がもらえない可能性があります。

とくに手渡しで給料をもらっている場合は、ほぼもらえないでしょう。

手渡しじゃなくても、給料がもらえなくなることもあります。

会社によっては、「バックレたやつには給料は渡さない」と踏み倒されることも考えられます。

おかもも

バックレた側のあなたにも落ち度があるため、会社に強く要求するのは難しくなります。

損害賠償請求をされる可能性がある

給料がもらえないどころか、損害賠償請求をされることもあります。

あなたがバックレたことで会社に損失が出たら、損害賠償を請求されます。

といっても、じっさいに損害賠償請求されるのはかなりレアです。

なぜかというと、裁判をするのは会社にとってデメリットが多いからです。

ですが、可能性はゼロではありません。

おかもも

訴えられる可能性がゼロではないことを、覚えておいてください。

懲戒解雇になる可能性がある

バックレや無断欠勤をすると、懲戒解雇のリスクもあります。

懲戒解雇とは、要するに会社からのペナルティです。

懲戒解雇と懲戒免職は、ほぼ同じです。
公務員が懲戒解雇になることを、懲戒免職といいます。

懲戒解雇になると、退職金が減額されたり不支給になったりします。

懲戒解雇されると一番困るのが、転職活動に影響することです。

過去に懲戒解雇された人を採用したい会社は、正直そんなに多くないでしょう。

履歴書や面接で隠せても、離職票を見ればすぐに懲戒解雇はバレます。

おかもも

バックレると、今後の人生に悪影響になります。

いやがらせをされる可能性がある

バックレたあとで、会社からいやがらせをされることもあるでしょう。

たとえば、離職票をなかなか発行してくれないケースはよく聞きます。

わたしはバックレではありませんが、いやがらせでなかなか離職票を送ってもらえませんでした。

離職票がないと、失業保険がもらえません。
税金の減免申請をするのにも、離職票が必要です。

バックレなくてもいやがらせをしてくる会社があるんだから、バックレたらどうなるかは考えなくてもわかりますよね。

おかもも

あと、会社からいやがらせをされるとめちゃくちゃメンタルを病みます。

警察沙汰になる可能性がある

あなたがバックレたら、自宅に上司や会社の人が来るかもしれません。

会社の人からすれば、急に来なくなったあなたのことを心配するのは当然です。

事故や事件に巻き込まれたと勘違いして、警察に捜索願を出すパターンも考えられます。

警察沙汰にまでならなくても、家族や身元保証人のところに連絡がいく可能性は高いです。

おかもも

一人暮らしの場合、親や家族に余計な心配をかけてしまいますよ。

辞めさせてくれないときバックレ以外で辞める裏技

辞めさせてくれないときバックレ以外で辞める裏技

バックレ以外で辞める方法は、3つあります。

  • 退職代行に依頼する
  • 総合労働相談コーナーに行く
  • 退職届を内容証明で送る

このなかで確実かつ合法的に辞められるのは、退職代行だけです。

おすすめ度
退職代行
相談コーナー
内容証明
おかもも

順番にひとつずつ解説していきます。

退職代行に依頼する

退職代行に依頼すれば、確実に仕事を辞められます。

退職代行とは、あなたのかわりに退職の意思を伝えてくれるサービスです。

退職代行業者が会社とやりとりしてくれるので、あなたは退職届などの書類を書くだけでOKです。

ただし、退職代行SARABAに依頼すると自分で直接会社に連絡しろといわれることがあります。

くわしくは、「退職代行SARABAの評判・注意点・特徴などを利用者の私が解説」の記事を読んでください。

たとえば退職代行Jobsなら、会社とやりとりする必要はありません。

残っている有給を消化してから辞めることもできますよ。

退職代行Jobsの特徴
  • 即日退職可能
  • 有給消化◎
  • 会社とのやりとりは不要
  • 退職に失敗したら全額返金
  • 弁護士監修で安心

退職代行Jobsは、対応が親切でていねいだと評判です。

もし会社からいやがらせがあっても、あなたの味方になってくれますよ。

相談だけなら無料なので、一度相談だけでもしてみてはどうでしょうか。

今すぐ無料相談してみる

おかもも

未払い給与の請求をしたいときは、弁護士法人みやびに依頼してください。

弁護士法人みやびの詳細は、「弁護士法人みやびの退職代行|口コミや評判、メリット・デメリットを解説」へ。

総合労働相談コーナーに行く

総合労働相談コーナーに行くのも、アリです。

総合労働相談コーナーとは、いやがらせやパワハラなどの相談を無料でおこなっているところです。

全国の労働局や、労働基準監督署に設置されています。

厚生労働省|総合労働相談コーナーのご案内はこちら

とはいえ、総合労働相談コーナーに相談しても辞められるわけではありません。

労働局や労働基準監督署に強制力はなく、じっさいにはあなたが行動する必要があります。

おかもも

アドバイスはもらえますが、問題を根本的に解決するには不十分といえます。

退職届を内容証明で送る

辞めさせてくれないのは、そもそも違法です。

だから内容証明郵便で退職届を送れば、退職が成立します。

ただ退職が成立しても、会社が退職を認めるとは限りません。

退職届を郵送しても、「辞めるなんて認めないぞ」といってくる会社は一定数存在します。

こういう会社に冷静に説明するために、退職のプロである退職代行があるんです。

おかもも

退職代行に依頼すれば、トラブルなく辞めることができますよ。

退職代行を使うのが気が引けると思ったら、「退職代行を使うことに罪悪感を感じなくていい5つの理由&利用者の声」の記事を読んでみてください。

辞めさせてくれないときによくあるケース

辞めさせてくれないときによくあるケース

会社が辞めさせてくれないときには、いくつかパターンがあります。

それは、以下の3つです。

  • 人手不足で辞めさせてくれない
  • 就業規則違反だといわれる
  • 上司の評価が下がる

人手不足で辞めさせてくれない

人手不足が理由で辞めさせてくれないケースは、とても多いです。

ですが、ハッキリいって人手不足なのはあなたに関係ありません。

人手不足は会社の責任で、あなたが辞めたいこととは本来無関係です。

会社が責任を棚に上げて、責任転嫁しているだけです。

おかもも

無責任な会社に、きっと未来はないでしょう。

終わってる会社の特徴25選。経験者だからわかるヤバイ特徴を暴露」では未来がない会社の特徴を書いているので、参考にどうぞ。

就業規則違反だといわれる

就業規則では、1ヶ月以上前に退職を申し出る決まりになっている。

たしかに、就業規則で退職について取り決めがされている場合があります。

しかし就業規則は、あくまで会社の中だけの決まりです。

民法では、退職を申し出た2週間後には退職できると定められています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=129AC0000000089#2680

つまり、法的には2週間前に退職を伝えれば辞められます。

就業規則に、法的な強制力はありません。

おかもも

就業規則を守れればベストですが、辞めさせてくれないなら強行突破するしかないでしょう。

上司の評価が下がる

上司の評価が下がるから、辞めさせてくれないこともあります。

あなたが辞めると、上司は管理能力がないと思われてしまいます。

上司の今後のキャリアにも影響するでしょう。

それが怖くて、辞めさせないように仕向けてくる上司がいます。

でもぶっちゃけ、そんなのあなたには関係ないですよね。

どれだけお世話になった上司でも、自分のことしか考えていない上司は信用できません。

おかもも

上司が自分のことしか考えてないなと思ったら、さっさと辞めたほうがいいでしょう。

辞めさせてくれないときはバックレないで退職代行へ!

辞めさせてくれないときはバックレないで退職代行へ!

会社が辞めさせてくれないときでも、バックレるのはNGです。

バックレるのはリスクが高すぎるし、今後の人生にも悪影響です。

バックレたいと思ったら、退職代行に依頼して合法的に仕事を辞めましょう。

退職代行Jobsなら、24時間365日対応で相談を受け付けています。

LINE・メール・電話で、気軽に相談できますよ。

退職代行Jobsの特徴
  • 即日退職可能
  • 会社とのやりとりは不要
  • 退職に失敗したら全額返金
  • 有給消化◎
  • 相談は24時間365日対応

相談だけなら、料金はかかりません。

一度相談だけでもしてみて、ほんとうに辞められるかどうか確認してみてくださいね!

\今すぐ無料相談へGO!/

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

メンタル病んでツライ。でも仕事を休んだら生活できない。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んで働くのがツラくても、休んだら生活できなくなるからかんたんには休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえる方法があるとしたら、どうしますか?

実は働けなくなったときに申請できる、公的な給付金制度があるんです。

過去のわたしと同じように、休みたいと思いながらがんばって働いているあなたに伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になります。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

じつは傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!休職中・退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」で解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも傷病手当金を受給できるようになります。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでも給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる