退職して後悔。戻りたい…とならないために考えておきたい5つのこと

退職したいと思ってるけど、後悔したらどうしよう。もし戻りたいと思ったらどうしたらいいの?

と、思っていませんか?

たしかに、仕事を辞めると後悔する可能性があります。

しかし今の気持ちのまま仕事を続けていても、ただ無意味な時間を過ごすだけです。

でも、安心してください。

この記事には、退職で後悔しないために考えておくことについて解説しています。

本記事を読めば、退職を後悔することがなくなるでしょう。

この記事でわかること
  • 退職で後悔しないために考えておきたいこと
  • 退職して後悔!戻りたいと思う人の特徴
  • 退職した会社に戻るときの注意点
  • 退職で後悔してどうしても戻りたいときの対処法

前の仕事に戻りたいと思っても、出戻りはしないほうがいいです。

ですが、どうしても戻りたいと思うこともありますよね。

そんなときのために、戻るときの注意点と対処法についてもあわせてお教えします。

退職したいけどなかなか踏み出せない人は、ぜひ最後までご覧ください。

退職を引き止められて迷っている人は、「退職の引き止めで揺らぐ人に伝えたい5つのこと−後悔しないために−」の記事へ。

目次

退職で後悔しないために考えておきたい5つのこと

退職で後悔しないために考えておきたい5つのこと

退職で後悔しないためには、退職前に以下のことをよく考えておいてください。

  • そもそもどうして辞めたいのか
  • 退職以外に選択肢はないか
  • 職場の人間関係はいいか
  • 職場崩壊はしていないか
  • 退職後に無職になったときにどうするか

そもそもどうして辞めたいのか

そもそも、あなたが仕事を辞めたいと思っている理由はなんですか?

辞めたい理由があいまいだと、退職後に後悔することになります。

給料が安いから、辞めたい。

上司のパワハラに耐えられないから、辞めたい。

どんな理由でもOKです。

そして、その理由が自分にとってどれだけ重要かを考えます。

「給料が安いのは不満だけど、仲のいい同僚と仕事ができるのは楽しい」と思えるなら、辞めるべきではないでしょう。

おかもも

退職する前に、辞めたい理由についてしっかり考えてみてください。

退職以外に選択肢はないか

あなたが今抱えている問題は、退職でしか解決できないのでしょうか。

退職以外にも、環境を変える方法はあります。

たとえば、異動すれば仕事内容は変えられます。

それ以外にも、休職という選択もあります。

時間が解決する問題なら、急いで退職するのは高リスクです。

おかもも

異動や休職も視野に入れて、もう一度考え直してみてはどうでしょうか。

休職?退職?どっちがいいか徹底検証|働けないときに使える公的制度」では、休職と退職のどちらがいいか比較しているので参考にどうぞ。

職場の人間関係はいいか

職場の人間関係がいい場合、退職を後悔する可能性が高いです。

なぜなら、人間関係で退職する人は多いからです。

職場の人間関係はいいか
引用元:d’s JOURNAL

上記の調査でもわかるように、人間関係は退職理由の上位にランクインしています。

あなたが職場の人間関係に不満を持っていないなら、辞めないほうがいいでしょう。

おかもも

逆に、雰囲気が合わない職場で働くのはデメリットしかありません。

雰囲気が合わない職場で働くデメリットは、「職場の雰囲気が合わないのに働くのはデメリットしかないから辞めたほうがいい」の記事でくわしく書いています。

職場崩壊はしていないか

退職前に、職場の状況をあらためて考えるのも大事です。

具体的には、職場崩壊している会社なら辞めても後悔することはありません。

職場崩壊している会社で働いていると、いずれあなた自身も崩壊してしまいます。

今は退職を迷っていても、将来的に辞めてよかったと思えるようになりますよ。

おかもも

人がどんどん辞めていくのは、職場崩壊の典型的な特徴です。

そのほかの特徴は、「職場崩壊の10コの特徴。完全崩壊する前にやっておくべきこととは」の記事を読んでください。

退職後に無職になったときにどうするか

万一のケースとして、無職になったときのことも考えておいたほうがいいでしょう。

無職になったら、やっぱり辞めるんじゃなかったと後悔する人は多いです。

「金銭的に余裕がなくなったとしても、今の会社を辞めたい」と思うかどうか、考えてみてください。

とはいえ、お金に余裕がないと精神的な余裕もなくなってしまいます。

もし無職になったときに備えて、今のうちに公的救済措置について調べておくことをおすすめします。

おかもも

無職で収入がなくなったときに受け取れる、公的給付金制度がありますよ。

詳細は、「仕事辞めたいけどお金がない時の解決方法ベスト10【実体験】」の記事へどうぞ。

退職して後悔!戻りたいと思う人の特徴

退職して後悔!戻りたいと思う人の特徴

退職して後悔する人は、ハッキリいってあまり多くありません。

ですが、以下のケースに該当すると後悔する人が多かったです。

  • 勢いで退職してしまった
  • 焦って転職先を決めてしまった
おかもも

後悔しないために、あなたも気をつけてください。

勢いで退職してしまった

勢いで退職すると、わりと高確率で後悔します。

退職するのに、ある程度勢いが必要なのはたしかです。

でも前から辞めたいと思っていた人が辞めるのと、勢いに任せて辞めるのとではわけが違います。

前から辞めたいと思っていた人は、退職に向けて少しずつ準備をしています。

なんの準備もなしに勢いで辞めると、後悔しますよ。

おかもも

ちなみにすぐに辞めたいからといってバックレると、さらに後悔します。

辞めさせてくれないときでもバックレはNG!バックレ以外で辞める裏技」では、バックレが後悔する理由について書いています。

焦って転職先を決めてしまった

焦って転職先を決めた場合も、後悔する人が多いです。

転職活動で後悔しないためには、リクルートエージェントのようなプロの手をかりるのが一番です。

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。

実績豊富なキャリアアドバイザーがサポートしてくれるから、焦って転職先を決める危険性がありません。

ブラック企業に転職するリスクも、最小限におさえられますよ。

リクルートエージェントの特徴
  • 利用・登録すべて無料
  • 専門のキャリアアドバイザーがフルサポート
  • 転職支援実績ナンバーワン
  • 入社前に年収交渉が可能
  • 地方での転職も可

リクルートエージェントなら、履歴書・職務経歴書の添削を無料で受けられます。

また、退職したほうがいいか相談するだけでもOKです。

退職後に後悔したくないなら、相談だけでもしてみてはどうでしょうか。

今すぐ無料で相談してみる

退職した会社に戻るときの注意点

退職した会社に戻るときの注意点

退職した会社に戻ると、いくつかリスクがあります。

おもなものは、以下の3つです。

  • 気まずい思いをするかもしれない
  • また同じ理由で辞めたくなるかもしれない
  • もう一度辞めたいとは言い出せなくなる

気まずい思いをするかもしれない

一度退職した会社に戻ったら、おそらく気まずい思いをすることになります。

「一度辞めたくせに戻ってくるなんて…」と、出戻り社員をけむたがる人は一定数います。

退職前は仲が良かった人でも、退職をきっかけに関係が悪化することもめずらしくありません。

いずれにしても、あなたを歓迎しない人と一緒に働くことになります。

おかもも

最悪の場合、いやがらせをされることがあるかもしれませんよ。

いやがらせをされていると感じたら、「【モラハラチェック】職場でモラハラにあったときの対処法・相談先を解説」の記事を読んでください。

また同じ理由で辞めたくなるかもしれない

前職に戻るということは、また以前と同じ環境で働くということです。

つまり、以前働いていたときと同じことを不満に思うでしょう。

給料が低くて不満だった場合、出戻りしても給料の低さに不満がたまっていきます。

そしてモチベーションが下がり、また辞めたくなってしまいますよ。

これでは、ただ時間をムダにしただけです。

おかもも

時間をムダにしないためにも、退職前には辞めたい理由をしっかり考えてください。

給料が低いことに不満なときは、「給料安いとモチベーション維持はできない。やる気がなくなって当然」の記事をご一読ください。

もう一度辞めたいとは言い出せなくなる

出戻りした以上、もう一度辞めたいとは言い出せなくなります。

想像すればわかると思いますが、二度目の退職は一度目よりもかなりハードルが上がります。

出戻ったら、定年まで働き続ける覚悟が必要です。

それだけの覚悟があるなら、退職した会社に戻るのはありでしょう。

以上のように、退職した会社に出戻りするのはリスクが大きすぎます。

そのリスクをおかすよりも、転職を成功させるほうがよっぽどかんたんです。

転職を成功させたいときは、リクルートエージェントのようなプロのサポートを有効活用しましょう。

非公開求人数が10万件以上あるリクルートエージェントなら、きっとあなたにあった転職先を見つけられますよ。

気になったら、申込だけでもどうぞ。

今すぐ無料申込する

退職で後悔してどうしても戻りたいときの対処法

退職で後悔してどうしても戻りたいときの対処法

退職で後悔しても、一度辞めた会社に戻るのはおすすめしません。

その理由は、リスクが高すぎるからです。

しかしそれでも戻りたいと思ったら、以下の方法で対処することができます。

  • 再雇用制度を利用する
  • 元同僚や上司に根回しする
  • 諦めて今の仕事をしつつやりたいことをやる

再雇用制度を利用する

前職に再雇用制度があるなら、それを利用してください。

再雇用制度は、アルムナイ採用やカムバック制度とよばれることもあります。

アルムナイ(alumni)の語源は、卒業生や同窓生を意味する「alumnus」の複数形であり、学校の卒業生であるOBやOGと同様に、企業の離職者や退職者の集まりとして人事領域で使われるようになりました。つまり、アルムナイ採用とは一度企業を離職した人材を再雇用する手法のことであり、新たな人的資源として積極的に導入する企業が増えつつあります。

引用元:HUMAN CAPITALサポネット
おかもも

外資系の会社ではすでに採用しているところも多いので、一度調べてみるといいでしょう。

元同僚や上司に根回しする

再雇用制度がないときは、元同僚や上司に根回しするのもありです。

前職の人たちがあなたを必要としているなら、うまく取り合ってくれるでしょう。

ただし、元職場に親しい人がいないときはこの方法は厳しいです。

日頃から飲み会に参加したりして、コネをつくっておくといいですよ。

けれど、会社の飲み会は時間がムダになります。

会社の飲み会が時間のムダである理由は、「会社の飲み会は時間の無駄である理由と飲み会をうまく断る方法7選」の記事を参照してください。

諦めて今の仕事をしつつやりたいことをやる

どうしても戻りたくても、戻れないこともあると思います。

そうなったら、諦めて今の仕事でやりたいことを実現するしかありません。

今の仕事が充実すれば、戻りたい気持ちはなくなります。

あるいは、収入が増えれば前職への未練は消えていくでしょう。

手っ取り早く戻りたい気持ちをなくすには、今の仕事をしつつ副業をすればOKです。

今の仕事と副業で忙しくなれば、そのうち後悔していたことも忘れますよ。

おかもも

初心者でも今すぐできる副業は、「給料安いのに副業禁止なんて時代遅れ。会社の言いなりになる必要はない」の記事に書いています。

退職で後悔したくないなら転職エージェントを使うべし!

退職で後悔したくないなら転職エージェントを使うべし!

転職で失敗すると、退職を後悔することになります。

つまり、転職が成功すれば退職を後悔して戻りたいと思うことはありません。

転職を成功させるには、転職のプロであるリクルートエージェントを利用して転職活動をしてください。

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。

これまで50万人以上をサポートしてきた実績から、あなたの転職を成功に導いてくれますよ。

リクルートエージェントの特徴
  • 利用・登録すべて無料
  • 転職支援実績ナンバーワン
  • 非公開求人数10万件以上
  • 履歴書・職務経歴書を無料で添削
  • 地方での転職も可

リクルートエージェントの最大の特徴は、入社前に年収の交渉ができることです。

納得のいく給料をもらえるから、退職を後悔することはなくなりますよ。

必要事項を入力するだけで、たった5分で利用できます。

後悔したくないなら、サクッと申込んでおいてくださいね!

\申込はたった5分で完了!/

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

メンタル病んでツライ。でも仕事を休んだら生活できない。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んで働くのがツラくても、休んだら生活できなくなるからかんたんには休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえる方法があるとしたら、どうしますか?

実は働けなくなったときに申請できる、公的な給付金制度があるんです。

過去のわたしと同じように、休みたいと思いながらがんばって働いているあなたに伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になります。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

じつは傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!休職中・退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」で解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも傷病手当金を受給できるようになります。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでも給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる