上司が尊敬できないから辞めたいと思うのはおかしくない。むしろ当たり前

上司が尊敬できないから辞めたいと思うのは、おかしいことなの?

と悩んでいませんか?

わたしも過去に同じことで悩んでいたので、その気持ちとてもよくわかります。

たしかに上司が尊敬できないと、仕事をやる気がなくなります。

だから、辞めたいと思うのはおかしいことではありません。

しかしそんな理由で仕事を辞めてしまうと、あなたはきっと後悔することになるでしょう。

でも、安心してください。

この記事を読むと、上司のせいで仕事を辞めたいと思ったときの対処法がわかります。

この記事でわかること
  • 上司が尊敬できないから辞めたいと思うのは当たり前な理由
  • 上司を尊敬できなくて辞めたいと思ったときの対処法
  • 辞める前にできること

この記事を読むと上記3つがわかります。

この記事を読めば、上司のことは尊敬する必要がないとわかりますよ。

ちなみにわたしは仕事を辞めて尊敬できない上司と関わることがなくなり、人生が変わりました。

上司が尊敬できなくて悩んでいる人は、ぜひ最後まで目を通してください。

目次

上司が尊敬できないから辞めたいと思うのは当たり前

上司が尊敬できないから辞めたいと思うのは当たり前

上司が尊敬できないから辞めたいと思うのは、おかしいことではありません。

その理由は、上司を尊敬できないせいでさまざまな支障が出るからです。

どんな支障が出るのかというと、具体的には以下の3つがあります。

  • モチベーションが下がる
  • 仕事がやりづらい
  • 精神的にツライ
おかもも

上司を尊敬できないと、さまざまな支障が出ます。

モチベーションが下がる

上司を尊敬できないと、仕事に対するモチベーションが下がります。

それは、尊敬できない人とは仕事をしたくないと思うからです。

たとえばあなたは、上司は仕事ができないから尊敬できないと思っているとします。

そんな上司を見ていて、あなたはやる気を出せるでしょうか?

もしかしたら、一時的にやる気を出せることがあるかもしれません。

けれど、長期的に考えてモチベーションを保つのは無理です。

おかもも

モチベーションを保って仕事をするには、尊敬できる存在は大事です。

仕事がやりづらい

尊敬できない上司がいると、仕事をやりづらくなります。

それは、上司となるべく関わらないように注意しないといけないからです。

上司でなくても、問題のある人とは関わりたくないと思いますよね。

問題のある人と関わらないようにするためには、仕事とは別の労力が必要です。

余計なことに労力を必要とされ、仕事がどんどんやりづらくなっていきます。

おかもも

尊敬できない上司のせいで、本来できるはずの仕事がやりづらくなります。

精神的にツライ

尊敬できる上司がいないのは、シンプルに精神的にツライです。

わたしもそうだったのでわかりますが、尊敬できない上司がいると精神を消耗します。

それは、人のことを尊敬できない自分は異常じゃないのかと自己嫌悪になるからです。

この気持ちは、じっさいにダメな上司に悩まされている人にしかわかりません。

そして真面目な人ほど苦しめられ、だんだん仕事のやりがいも感じなくなってきます。

おかもも

放置していたら、いつか精神的に限界になります。

上司が尊敬できないから辞めたいと思ったときの対処法

上司が尊敬できないから辞めたいと思ったときの対処法

上司を尊敬できないと、仕事を辞めたいと思うかもしれません。

しかしそこで辞めてしまうと、あなたは後悔することになるでしょう。

辞めてから後悔しては遅いので、ひとまず以下の対処法を試してみてください。

  • 上司と関わらないようにする
  • 上司じゃない人を尊敬する
  • 尊敬できる上司はいないとあきらめる
おかもも

上司を、ムリに尊敬する必要はありません。

上司と関わらないようにする

尊敬できない上司とは、なるべく関わらないようにしましょう。

あなたがいろいろ思い悩んでも、現状は何も変わりません。

どれだけ悩んでも、苦しいのはあなただけです。

それなら、粛々と仕事をこなして上司とは関わらないのが正解です。

そのうち、上司からもあなたに関わってこないようになるかもしれません。

まずは、関わりを最小限にできるようにしてみてください。

おかもも

上司がいる飲み会も、キッパリ断りましょう。

上司じゃない人を尊敬する

上司のことを尊敬できないなら、それ以外の人を尊敬すればOKです。

一緒に仕事をする仲間を尊敬すれば、仕事に対するモチベーションは保てますよ。

はじめから、尊敬の対象は上司でなくてもいいはずです。

同僚でも後輩でも、尊敬できる人がいるだけで目標ができます。

人間的に尊敬するのに、年齢も経験も関係ありません。

おかもも

社内に尊敬できる人がいないか、探してみてください。

尊敬できる上司はいないとあきらめる

そもそも、尊敬できる上司なんかいないと諦めるのもアリです。

上司も、あなたと同じ人間です。

だからカンペキじゃないし、尊敬できなくても問題ありません。

むしろ、尊敬できない上司はこの世にたくさんいます。

上司が尊敬できないという理由で仕事を辞めても、今後尊敬できる上司に出会えるとは限りません。

それどころか、尊敬できる上司の下で働ける確率のほうが少ないです。

おかもも

尊敬できる上司は、激レアキャラだといえます。

上司が尊敬できない人が辞める前にできる3つのこと

上司が尊敬できない人が辞める前にできる3つのこと

上司が尊敬できないから辞めたいと思っても、辞めるのはまだ早いです。

辞める前に、ひとまず以下の3つのことをやっておいてください。

  • 仕事をきっちりこなす
  • 社内で悪口を言わない
  • 辞める準備をする

仕事をきっちりこなす

あなたはまず、しっかり自分の仕事をこなしてください。

上司が尊敬できないと言いながら、自分も上司と同じようになっていたら意味がありませんよ。

とりあえず、尊敬できない上司を反面教師にしてみましょう。

そしてあなたが誰かから尊敬されるような存在になれるように、自分を見直すべきです。

これは、あなたが将来尊敬できない上司にならないためです。

おかもも

尊敬できない上司をこれ以上量産しないために、仕事をきっちりこなしてください。

社内で悪口を言わない

あなたは尊敬できない上司の悪口を、社内で言っていませんか?

社内で悪口を言うのは、NGですよ。

尊敬できない上司とは、関わらないようにするのがベストです。

なのに悪口を言っているのがバレたら、自分から接点をもちにいっているのと同じになります。

あなたはこっそり話したつもりでも、悪口や不満はどこかからモレます。

たとえば、副業がバレる原因で一番多いのは周りからのチクリです。

おかもも

あなたのマイナスになることは、社内では言わないようにしましょう。

辞める準備をする

上司が尊敬できないから辞めたいと思っても、辞めるのはまだ早いです。

しかし上司の人間性に問題があるときは、今すぐ辞める準備をはじめてください。

問題がある上司の人間性とは、具体的にはパワハラやいじめです。

ハラスメントを受けているなら、このままだとヤバイことになりますよ。

ハラスメントを受けていなくても、仕事に行くのがツライときは精神科に行きましょう。

おかもも

辞めるために、転職活動をはじめるのもアリです。

上司を尊敬できなくてもOK!尊敬するのをやめよう

上司を尊敬できなくてもOK!尊敬するのをやめよう

上司のことを尊敬できないのは、仕方ないことです。

そして、そのせいで辞めたいと思うのは正常な感覚をもっている証拠です。

ただそれを理由に仕事を辞めてしまうと、きっと後悔することになるでしょう。

なぜなら、尊敬できる上司は激レアキャラだからです。

だから上司を尊敬するのをあきらめて、あなたのやれることをやってください。

もちろん、上司がヤバすぎて精神的に限界なら辞めても問題ありません。

あなたのできることを実行して、尊敬できない上司から逃げましょう!

働くのがツライと感じるあなたへ

ふつうに働くのがツライ。どうすればメンタル病まずに働けるんだろう。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んだり働くのがツラくても、休んだらお金に困るから休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえるとしたら、どうしますか?

なんだかあやしい勧誘みたいですね(笑)

しかし残念ながら、これは勧誘ではありません。

過去のわたしと同じように悩みながら働いているあなたに、伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になりますよね。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

実は傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」でも解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも確実に傷病手当金を受給できますよ。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでもかんたんに給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

(説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。)

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてはどうでしょうか。

この情報が、モヤモヤしながら頑張って働いているあなたの役に立ちますように!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる