引き継ぎ中の後任が辞めたらどうする?後任がいなくても辞める方法

引き継ぎ中の後任が辞めてしまった。次の後任が見つかるまで退職するのを待ってほしいと言われたけど、どうしたらいい?

と、悩んでいませんか?

たしかに、仕事を辞めるときは引き継ぎをするのが一般的です。

しかし後任が見つかるまで待っていたら、あなたはいつまで経っても辞められません。

でも、安心してください。

この記事には、引き継ぎの後任がいなくても辞める方法について書いています。

本記事を読めば、後任がいなくても安心して辞められますよ。

この記事でわかること
  • 引き継ぎの後任がいなくてもあなたが辞めていい理由
  • 後任がいなくても辞める方法
  • 後任がいなくても円満退職するコツ

結論からいうと、引き継ぎができていない状態で辞めても、法的にはまったく問題ありません。

その理由は、記事の中でくわしく解説しています。

後任が見つからなくて仕事を辞められないと悩んでいる人は、ぜひ最後までご覧ください。

おかもも

後任が見つからないからといって、バックレるのはNGです。

バックレがNGな理由は、「辞めさせてくれないときでもバックレはNG!バックレ以外で辞める裏技」の記事を参考にしてください。

目次

引き継ぎの後任がいなくてもあなたが辞めていい理由

引き継ぎの後任がいなくてもあなたが辞めていい理由

引き継ぎの後任がいなくても、あなたは辞められます。

その理由は、以下の3つです。

  • 引き継ぎは義務ではない
  • 引き継ぎ資料を作ればOK
  • 退職の引き止めは違法
おかもも

引き継ぎの後任がいなくても、辞められます。

引き継ぎは義務ではない

仕事を辞めるときの引き継ぎは、義務ではありません。

引き継ぎはいわば、業務をスムーズに進めるために任意でおこなうものです。

引き継ぎをしなくても罰則はないし、会社から訴えられることもないです。

じっさい、入社したときに前任者がいないことはよくあります。

一般的に引き継ぎをすることが多いだけで、必ずやらなきゃいけない仕事ではありません。

おかもも

義務じゃないとわかっていても、後任がいないと辞めにくい雰囲気はありますが。

辞めたいと言い出せないときは、「退職を言い出せない、怖いという人が辞める方法はたったひとつだけ」の記事を読んでください。

引き継ぎ資料を作ればOK

後任が見つからないなら、引き継ぎ資料を作ればOKです。

引き継ぎのやり方は、人によって違います。

だからひとまずは、引き継ぎ資料を作っておきましょう。

資料を見れば仕事ができるようにしておけば、後任がいなくてもいいはずです。

おかもも

「後任が見つかるまで…」といわれたら、即座に資料を渡してください。

退職の引き止めは違法

そもそも、退職を引き止めるのは違法です。

憲法では、職業選択の自由が保障されています。

第二十二条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

引用元:e-Gov法令検索

さらに民法には、退職を申し出た2週間後には退職できると定められています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:e-Gov法令検索

以上のことから、退職は労働者の権利で、会社の都合で退職を引き止めるのは違法だとされています。

後任が見つからないのは会社の責任で、本来あなたには無関係です。

おかもも

引き止められても、あなたは気にせず辞める権利があります。

引き止められて気持ちが揺らいだときは、「退職の引き止めで揺らぐ人に伝えたい5つのこと【後悔しないために】」の記事へどうぞ。

(おまけ)引き継ぎ中の後任が辞めたケースは多い

引き継ぎ中の後任が辞めたケースは、結構多いです。

本来であれば、引き継ぎを終わらせてから辞めたいですよね。

だけどブラック企業だと、そんなうまいこといくはずがなく…

結局ブラック企業を辞めたいなら、MP(メンタルポイント)が残ってるうちにすべてを放棄して辞めるしかないんですよね。

おかもも

ブラック企業では、引き継ぎ中に後任が辞めるのはわりとあるあるです。

終わってる会社の特徴25選。経験者だからわかるヤバイ特徴を暴露」では、ブラック企業あるあるを書いているので読んでみてください。

ブラック企業を辞めるときのライフハックは、「傷病手当金はブラック企業から自由になるためのライフハックである」の記事を参照してください。

引き継ぎの後任がいなくても辞める方法

引き継ぎの後任がいなくても辞める方法

後任がいない状態で辞めるには、以下の3つの方法を試してみてください。

  • 転職先が決まっていることを伝える
  • 上司に引き継ぎをする
  • 辞められないときは退職代行を頼る

転職先が決まっていることを伝える

退職を引き止められたら、転職先が決まっていることを伝えましょう。

転職先がすでに決まっている場合、退職日はズラせませんよね。

それをハッキリと伝えれば、後任がいなくても辞められます。

それでも引き止められたら、これから紹介する2つの方法を実践してください。

上司に引き継ぎをする

後任がいないときは、上司に引き継ぎをしてください。

後任を見つけられないのは、上司の責任です。

だから、上司が責任をとるべきと考えるのが妥当です。

次の後任が見つかるまでのつなぎを、上司にしてもらいましょう。

おかもも

必要最低限の引き継ぎを上司にして、細かいことは引き継ぎ資料に書いておきましょう。

辞められないときは退職代行を頼る

後任が決まっていないのに辞めるなんて無責任だ。

といって、引き止められることもあるでしょう。

後任がいないと、辞めたいとゴリ押しできない場合もありますよね。

そんなときは、退職代行Jobsを使って退職しましょう。

退職代行Jobsは、あなたのかわりに退職の旨を伝えてくれます。

辞めたいとゴリ押ししなくてもいいし、気まずい思いをしなくてすみますよ。

業務引継書のテンプレが無料でついてくるため、引き継ぎの心配をする必要もありません。

退職代行Jobsの特徴
  • 弁護士監修の退職届のテンプレつき
  • 業務引継書のテンプレを無料プレゼント
  • 有給消化◎
  • 退職できなかったら全額返金
  • 即日退職可能

退職代行Jobsなら、依頼したその日から会社に行かなくてもよくなります。

上司や会社と直接やりとりしなくていいのも、特徴です。

相談は、LINE・メール・電話で受け付けています。

相談だけなら無料なので、一度相談だけでもしてみてはどうでしょうか。

今すぐ無料相談してみる

おかもも

ちなみにSARABAだと会社に直接連絡しないといけないので、かなり気まずい思いをします。

SARABAについては、「退職代行SARABAの評判・注意点・特徴などを利用者の私が解説」の記事をご一読ください。

引き継ぎの後任がいなくても円満退職するコツ

引き継ぎの後任がいなくても円満退職するコツ

後任がいなくても円満退職するには、コツがあります。

  • 手持ちの仕事はやりきる
  • 退職前にあいさつ回りをしておく
  • 円満退職にこだわりすぎない

手持ちの仕事はやりきる

今あなたが受け持っている仕事は、退職日までにすべてやりきってください。

仕事を残していると、引き止められる原因になります。

後任の人にとっても、残された仕事があるのはいい気分がしないでしょう。

きっちり仕事をやりきって、文句なく辞められる状況をつくるのは大事です。

退職前にあいさつ回りをしておく

退職前には、あいさつ回りをしておきましょう。

お世話になった人にあいさつをしておけば、円満に辞められますよ。

あいさつをされたら、悪い気はしないですよね。

いろいろ言われる前に、あいさつをして先手を打っておきましょう。

退職前にあいさつをするのは、退職日まで気まずくならないようにするためでもあります。

くわしくは、「退職までの期間が気まずい時の5つの対処法を転職経験4回の筆者が解説」の記事を参考にしてください。

円満退職にこだわりすぎない

円満退職にこだわりすぎないのも、コツのひとつです。

退職したら、今の会社の人と会うことはおそらくないです。

もし会ったとしても、その場かぎりで今後の人生には影響しません。

これからの人生に関係ない人に気を遣うのは、ハッキリいって時間のムダです。

周りにどう思われようと、辞めたら縁が切れます。

おかもも

円満退職にこだわりすぎたら、あなたがしんどい思いをすることになりますよ。

円満退職とかどうでもいい。辞める会社に気を使わなくていい3つの理由」では、円満退職をしなくていい理由を書いています。

引き継ぎは義務じゃないから後任がいなくても辞めれる!

引き継ぎは義務じゃないから後任がいなくても辞めれる!

引き継ぎがいない状態で辞めても、法的にはまったく問題ありません。

というか引き継ぎは義務じゃないから、引き継ぎをせずに辞めてもOKなんです。

けれど、引き継ぎがいないのに辞めたいとゴリ押しするのは少し気まずいですよね。

それなら退職代行Jobsに依頼して、引き継ぎバッチリの状態で辞めましょう。

退職代行Jobsの特徴
  • 業務引継書のテンプレを無料プレゼント
  • 即日退職可能
  • 退職できなかったら全額支給
  • 有給消化◎
  • 会社とのやりとりは不要

退職代行Jobsを利用すると、業務引継書のテンプレが無料でもらえます。

あなたのかわりに退職を伝えてくれるから、気まずくなりようがないですよ。

引き継ぎのことは気にせず、はやく次の道へ進んでくださいね!

\相談だけなら無料!/

退職代行Jobsについてくわしく知りたいときは、「株式会社アレス/退職代行Jobsの評判・口コミ【2022最新版】」の記事もぜひ参考にどうぞ。

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

メンタル病んでツライ。でも仕事を休んだら生活できない。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んで働くのがツラくても、休んだら生活できなくなるからかんたんには休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえる方法があるとしたら、どうしますか?

実は働けなくなったときに申請できる、公的な給付金制度があるんです。

過去のわたしと同じように、休みたいと思いながらがんばって働いているあなたに伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になります。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

じつは傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!休職中・退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」で解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも傷病手当金を受給できるようになります。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでも給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる