人手不足でざまあみろ!退職したら元弊社が大変なことになった経験談

本記事は、「退職したら職場が人手不足で大変なことになった!ざまあみろ!」と思った人たちの経験談を書いています。

結論からいうと、人手不足の会社を退職してざまあみろ!と思っている人はかなり多いことがわかりました。

また、人手不足の会社からは一刻も早く退職したほうがいい理由についても解説しています。

今の会社が不満で人手不足になってざまあみろ!と叫びたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

人手不足でざまあみろ!と思った人たちの経験談

人手不足でざまあみろ!と思った人たちの経験談

まずはじめに、人手不足でざまあみろ!と思った人たちの経験談をツイッターで調査しました。

今では人手不足でざまあみろ

お前の代わりはいくらでもいるとコキを使ったあげく、人手不足になるケースは結構多かったです。

たしかに、あなたがいなくても会社がツブれることはありません。

しかし、だからといって、過重な労働を強いるのは間違っています。

「お前なんかほかでは通用しない」という言葉と同様に、「お前の代わりはいくらでもいる」という言葉は信用してはいけません。

おかもも

代わりがいるんだったら、さっさと人員補充しろ(怒)

人手不足で大変って言われたけど…

会社や上司に不満がある場合、人手不足だと聞くと嬉しくすら感じるかもしれません。

わたしも、退職後に元弊社が事業解散していたのを知ったときはざまあみろ!と思いました。

ざまあみろと思うからといって、あなたが人でなしというわけではないから安心してください。

あなたはこれまでそれなりの仕打ちを受けてきたんだから、申し訳なく思う必要はまったくありません。

むしろ、ざまあみろと思うだけで具体的な仕返しをしていないんだからエライくらいです。

社員を大事にしないからそうなる

このツイートも、社員をないがしろにした結果人手不足になったパターンです。

なかでも、暴言や暴力は完全に犯罪です。

人の人格を否定する行為で、けっして許されるものではありません。

暴言・暴力などのパワハラ行為を受けているなら、即日退職ができます。

あなたの体とこころが壊れてしまう前に、パワハラ上司からは逃げてください。

求人出してるけど人が集まらない

人手不足で求人を出しても人が集まらないのは、かなり末期です。

おそらくですが、この職場はすでに職場崩壊がはじまっています。

職場が完全に崩壊してしまうと、あなたは精神的にかなり追い詰められるでしょう。

職場が完全崩壊する前に、これから先に向けて準備をはじめておいてください。

ハラスメント上司と嫌がらせ社員が悪い

職場の人間関係が悪いと、人手不足になりやすいです。

じっさい、人間関係が原因で仕事を辞める人は思っているよりたくさんいます。

ハラスメント上司と嫌がらせ社員が悪い
引用元:d’s JOURNAL

上記の調査結果からわかるように、人間関係の不満は退職理由の上位にランクインしています。

人間関係を改善しようと思っても、あなた一人が努力してもどうにもならないことがほとんどでしょう。

おかもも

どうにもならないことには、ざまあみろと客観的な視点で見るしかないですね。

新人を大切にできないから仕方ない

新人を大切にできないから人手不足になってざまあみろ、という意見もありました。

正直なところ、特定の部署でメンタルダウンする人が多く出るのはあきらかにおかしいです。

わたしも長年メンヘラなのでわかりますが、メンタルを病むと健康なときより生きるのが1億倍しんどくなります。

この先しばらくは1億倍のしんどさを背負って生きることを強要した職場には、ぜひ人手不足になって盛大に反省してもらいたいですね。

辞めたあとの忙しさが見ものだww

人手不足のときに辞めると、今よりもさらに忙しくなることが予想されます。

その忙しさを想像すると、「ざまあみろw」といいたくなる気持ちは個人的にもとても共感できます。

とはいえ、その態度がバレてしまうと気まずい思いをしたり嫌がらせをされたりするかもしれません。

心のなかではウキウキしていても、完全に縁が切れるまではなんとかポーカーフェイスを保ったほうがいいでしょう。

ブラック企業にダメージを与え続けていこう

ブラック企業が人手不足になるのは、自業自得なのでざまあみろです。

わたしも元ブラック社員として、ブラック企業撲滅には大賛成です。

人手不足で困っているブラック企業には絶対に就職しない、と心に決めています。

そうはいっても余裕がなくなると、ブラック企業でもいいから働かないと…という心理に陥ってしまうこともあるでしょう。

人手不足のブラック企業で働く前に、精神的にも金銭的にも余裕を持てるような最低限の知識はつけておいてください。

おかもも

くわしくは、下記記事を参考にしてください。

さらに忙しくなりますね、ざまあみろ!

本気でざまあみろと思っていても、あまり口には出さないほうがいいでしょう。

その理由は、先ほどもお伝えしましたが、嫌がらせをされる可能性があるからです。

けれど、このツイートのように笑ってすむこともたまにあります。

笑ってすめばいいですが、辞めるまで悪質な嫌がらせをされることがあるから、言動には十分に注意してください。

身から出たサビだ

繰り返しになりますが、従業員をないがしろに扱う会社は人手不足になります。

従業員のケアを怠った結果なので、自業自得でしかないでしょう。

こういう会社にかぎって、退職するとわかった途端に引き止めてくることは少なくありません。

日頃から従業員をぞんざいに扱ったせいなので、引き止められてもざまあみろ!という気持ちで辞めてOKです。

いい職場なら人手不足でならない

そもそも、いい職場は人手不足になりません。

なぜなら、離職率が低いからです。

あなたが辞めたら一気に人手不足になるなら、その職場はもとから人手が足りていません。

ギリギリの人数で仕事を回している職場は、一人あたりの仕事量が多くなります。

その結果離職率が上がり、慢性的に人手不足が続くでしょう。

ざまあみろと言いたいところだけど

ざまあみろ!と言いたいけど、現場の人のことを考えると素直にざまあみろと言えない人もいました。

まさしくこのツイートのとおり、社長やお局にダメージを与えたくても結局困るのは現場の人です。

もしあなたが現場で働いているなら、人手不足になるとどれだけ困るかは想像がつくでしょう。

現場の人の苦労がわかるだけに、人手不足だからこそ辞められないと思ってしまうかもしれません。

ですが、将来性のない会社で働いてもあなたの貴重な時間と労力がムダになるだけです。

いったん現場のことは忘れて、あなたはあなたの人生を優先してください。

万年人手不足で苦しんでるらしい

いじめやパワハラが横行している職場は、だいたい常に人手不足の状態です。

つまり、いつも求人を出している会社はブラックな可能性が非常に高いです。

そういうブラック企業を生き残らせないためにも、求人情報はこまめにチェックしたほうがいいでしょう。

いじめもパワハラも犯罪で、けっして許される行為ではありません。

犯罪行為を放置している会社が早くツブれるように、ざまあみろと唱えながら無視してください。

もとから合法的な経営してなかったのでは?

人手不足の会社は、かならずしもブラックだからというわけではありません。

だけど、合法的に経営できていないところは多いでしょう。

そういった違法な会社には、ざまあみろとしか言いようがないです。

少なくとも、はじめから合法的に経営していれば人手不足にはならなかったはずです。

自業自得で自然淘汰の産物

世の中に必要ないものは、自然と淘汰されて消えていきます。

それと同じで、人手不足の会社が倒産するのは、ある意味で自然の摂理といえるでしょう。

これまで対策をしてこなかったツケがまわってきただけで、当然の結果です。

従業員や業界内から、ざまあみろと思われても仕方ありません。

人手不足の会社は退職したほうがいい5つの理由

人手不足の会社は退職したほうがいい5つの理由

人手不足の会社は、今すぐ退職したほうがいいでしょう。

その理由は、以下の5つです。

  • 倒産の危険がある
  • 人件費が削られる
  • ますます人手不足になる
  • 目標がなくなる
  • そもそも業界がヤバイ

倒産の危険がある

人手不足の会社は、まず第一に倒産する危険性がとても高いです。

その根拠は、仕事が回らなくなるからです。

本来ならばできていたはずの仕事ができなくなり、倒産せざるをえなくなるケースはめずらしくないでしょう。

わたしの場合でいえば、元弊社が実質倒産した経験があります。

もともと卸売業をしていたのに人手不足になって卸売業は事業解散、ホテル関係に方向転換するとともに事実上のリストラがおこなわれたそうです。

(わたしが退職後に事業解散をしたので、内情は聞いただけなんですが)

こんな感じで、人手不足の会社はわりとかんたんに倒産することがあります。

あなたも倒産騒動に巻き込まれたくないなら、今すぐに退職したほうがいいでしょう。

人件費が削られる

人手不足が深刻になると、人件費が削られてしまいます。

人手不足とは、言い換えれば仕事が回らなくなることでした。

仕事が回らなくなると、業績が悪化します。

業績が悪化すると、ボーナスカットや減給などで人件費が削られてしまいます。

結果として、人手不足で仕事量は増えるのに給料は下がるという現象が起きます。

ますます人手不足になる

人件費が削られると、ますます人手不足に拍車がかかります。

仕事は忙しくなるのに給料が減ったら、だれでも辞めたくなって当然です。

とくに、まともな人は危険を察知したらすぐに辞めていきます。

最終的には仕事ができない人ばかりが残ってしまうため、職場の人と友好な関係を築くのも難しくなるでしょう。

目標がなくなる

人手不足が加速すると、まともな人はいなくなって仕事ができる人がほぼゼロになります。

要するに、ゴミ捨て場状態になります。

そんな職場で、尊敬できる人を見つけられるわけがありません。

尊敬できる人がおらず、仕事のモチベーションはどんどん下がっていくでしょう。

もちろん目標も持てず、どんどん抜け殻のようになってしまうはずです。

そもそも業界がヤバイ

そもそも人手不足が進むのは、業界全体がヤバイからかもしれません。

たとえば、医療業界・介護業界は生活に欠かせないから一見安定しているように感じるかもしれません。

しかしじっさいは重労働のわりに給料が低く、休みが取りにくいなどの理由から長年人手不足に苦しんでいます。

こういった業界は抜本的な改革がされないかぎり、ずっと人手不足に苦しむことになるでしょう。

逆に、同じ人手不足でもIT業界は今後需要が増えるため人手不足がすすむと考えられています。

IT系のような伸びしろのある業界であれば、人手不足であっても転職しやすく、給料も高いです。

人手不足の原因は業界にあるのかどうかも、退職すべきか判断する基準になります。

人手不足の会社を退職するときの注意点

人手不足の会社を退職するときの注意点

人手不足の会社を退職するときは、以下のことに注意してください。

  • バックレない
  • 就業規則にしたがう
  • モメそうなら退職代行を利用する

バックレない

人手不足でなかなか辞められない場合でも、バックレるのはNGです。

なぜなら、バックレると今後の人生に悪影響だからです。

バックレた場合、給料が支払われなかったり損害賠償請求をされるおそれがあります。

最悪の場合、警察沙汰に発展したり転職に悪影響をおよぼすこともあります。

人手不足で辞めるのが難しいときでも、バックレるのだけは絶対にやめてください。

就業規則にしたがう

会社を退職するときは、基本的には就業規則にしたがってください。

会社にもよりますが、だいたい1〜3ヶ月くらい前に退職を申し出るのが一般的です。

とりわけ、上司にはできるだけ早く伝えるのがベストです。

人手不足だと、ギリギリまで退職を言い出しにくいという気持ちはよくわかります。

とはいっても、円満に退職したいなら就業規則にしたがったほうがいいでしょう。

モメそうなら退職代行を利用する

人手不足だから、辞めさせてもらえないかも。

辞めたいけど、確実にモメるだろうな…

そう思ったら、退職代行を使うのも選択肢のひとつです。

退職代行とは、その名のとおり、退職にかかわることを代行してくれるサービスです。

退職のプロがあなたのかわりに退職の旨を伝えてくれるから、あなた自身が退職を伝える必要はありません。

ほとんどの場合は会社との直接やりとりが不要で、最短で明日から出社しなくてOKです。

人手不足が深刻だと、退職時にモメる確率はかなり高いです。

あなたがブラック企業で働いている場合は、辞めたあとも嫌がらせをされる可能性もあります。

そういったゴチャゴチャがしんどいなら、費用はかかりますが、プロに任せてしまうのが最適です。

退職代行については別の記事にまとめているので、気になったらどうぞご覧ください。

人手不足の会社を退職してざまあみろと言ってやろう!

人手不足の会社を退職してざまあみろと言ってやろう!

人手不足の会社は、できるだけ早く退職しないとヤバイです。

ただし、バックレや無断欠勤は厳禁です。

就業規則を守って、できるだけ円満に退職しましょう。

もしモメるのがわかっているなら、退職代行を使うのもアリです。

あなたも退職して、人手不足でざまあみろwと言ってやりましょう!

今の会社に不満があるあなたへ

今の会社に不満があるあなたへ

最後にひとつだけ、今の会社に不満があるあなたに伝えたいことがあります。

仕事を辞めたいけど、辞めたあとのことを考えるとなかなか退職に踏み切れない。

と、思うことはないですか?

パワハラや長時間労働でも我慢して働いているあなたに、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートというサービスをご紹介します。

社会保険給付金サポートとは、退職後に最大28ヶ月給付金を受け取れるようにサポートしてくれるサービスです。

本来受け取れるはずの給付金を受給することで、退職後の生活の不安が解消します。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、退職後に給付金を受け取ることができました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

社会保険給付金サポートの詳細は、無料WEB説明会で確認できます。

動画を見るだけで、ムリな勧誘はありません。

  • 年齢が20〜59歳
  • 退職日まで2週間以上〜3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している

上記の条件を満たしていれば、あなたも給付金を受け取れます。

すでに退職済み、社会保険の加入が1年未満など、場合によっては条件を満たしていなくても給付金を受給できる可能性があります。

説明会参加者には失業保険マニュアルのプレゼントもあるので、気になったら無料WEB説明会へどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次