生理でやる気がでないときの対策7選【結論:あえて休みましょう】

生理でやる気が出なくなるのはどうして?

生理のせいでやる気が出ないときは、どうしたらいいの?

この記事では

  • 生理でやる気がでない原因
  • 生理でやる気がでないときの対策

について書いています。

結論から言うと、生理でやる気がでないときはとにかく休むのがベストです。

生理前から生理中は体や心のコントロールが難しい時期なので、あえて休んだ方が効率がよくなりますよ。

やる気がでないのに、無理やりやってもうまくいきません。

なので、あなたにあった対策をいくつか見つけておきましょう。

それでは、どうぞ~。

  • まあまあ重度のPMS持ち
  • 生理のときはほぼ毎回やる気が死ぬ
  • ひどいときは一日中起きれない
  • それでもそれなりに社会人できてる(はず)

生理でやる気がでない原因とは

生理でやる気がでない原因とは

生理でやる気がでない原因は、ホルモンの変動です。

※生理による不調の原因には諸説あり、ホルモンの変動が原因のひとつだといわれています。

生理があると、ホルモンが周期的に増えたり減ったりします。

そのホルモンが増えたり減ったりのせいで、やる気がでないなどの不調が出てきます。

【PMSかも?の人のためのチェックリスト20】緩和する方法も紹介

確かに、生理に関係なくやる気がでないときもあります。

でも生理前~生理中は特に、コントロールがしにくいのです。

生理でやる気がでないとき、決して自分を責めたりしないでくださいね。

やる気がでないのはあなたのせいではありません。

まずはそれを受け入れて、うまくやり過ごせる方法を探していきましょう。

生理でやる気がでないときの7つの対策法

生理でやる気がでないときの7つの対策法

生理でやる気がでないときは、以下の方法を試してみてください。

  • ゆっくり休む
  • 好きなことをする
  • 湯船につかる
  • ハーブティーを飲む
  • ストレッチをする
  • アロマを焚く
  • 予定を調整する

筆者はいつも、この7つの方法で乗り切っていています。

ただなんともならないときもあって、そういうときは強制的に休むしかないんですが…。

でも大体はなんとかなってるので、ぜひお試しください~。

とにかく休む

生理でやる気がでないときは、とにかく休むことが大切です。

生理の時じゃなくても、何時間も集中力を持続できる人なんかいません。

むしろ、適度に休んだほうが効率が上がります。

休むのがいいとわかってても、なかなか休めないこともありますよね。

そういうときは、ゆっくり深呼吸をしてみてください。

10秒くらいかけてゆっくり深呼吸をすると、案外休めますよ。

休み方には人それぞれありますが、とにかくよく寝ることです。

睡眠の質をよくするためにベッドリネンやパジャマなどにもこだわると、さらによく休めます。

好きなことをする

いったん目の前のことは置いておいて、好きなことをするのもやる気アップにつながります。

好きなことをしてリフレッシュしたあとは、つまづいてたことでもすんなりできるようになるものです。

好きなことといっても難しく考える必要はありません。

食べることでも本を読むことでも、なんでもOKです。

とにかく今やりたいことをやってみて、自分を一度甘やかしてみてください。

趣味も好きなこともないときは、憧れの人の真似をしてみましょう。

芸能人がやってたこととか、友達が好きなこととかを真似してみるのもおすすめです。

自分は興味ないと思ってたけど、やってみたら意外と楽しいと思えるものですよ。

日頃から好きなことを見つけるアンテナをはっておくと、人生捗りますよ!

湯船につかる

ゆっくり湯船につかると、体が温まってリラックスできます。

リラックスできるとよく眠れるようになるので、自然とやる気スイッチが入りやすくなりますよ。

お風呂の温度はできれば熱めじゃなくて、38℃〜40℃のぬるめの温度がおすすめです。

補足説明

生理中は湯船に入らないほうがいいなじゃいの?と思うかもしれませんが、実は生理中でも湯船に入っても問題ありません。

むしろ生理中にお風呂に入って体を温めると、生理痛の緩和にもなります。

ただし温泉など生理中の入浴を禁止している施設もあるので、そういったところでは生理中の入浴は控えましょう。

生理中は貧血ぎみなので、のぼせやすい人も多いです。

なので、空腹時に長時間湯船につかるのは避けてくださいね。

ハーブティーを飲む

やる気がでないけどやらなきゃいけないときは、ハーブティーを飲んでみてください。

ハーブティーはメンタルを安定させてくれて、やる気がでやすい状態にしてくれますよ。

やる気がでないときにおすすめのハーブティーは、ペパーミントティーです。

ペパーミントティーには気分をスッキリしてくれる作用があり、気持ちを切り替えるのにぴったりですよ。

ほかにはオートムギも、やる気アップに効果的なハーブです。

それ以外にも、レモングラスやローズマリーもおすすめです。

どのハーブがいいのかわからないときは、ハーブ専門店に行ってみましょう。

ハーブ専門店のエンハーブなら、あなたにあったハーブティーをブレンドしてくれます。

もしかしたら、ハーブティーだけでそんなに変わるか不安に思うかもしれません。

でもハーブティーにはやる気だけじゃなくて、生理痛やPMSの緩和にも効果があります。

総合的に体調もメンタルもよくなっていくので、自然とやる気がでるようになっていきますよ。

PMSにおすすめのハーブティー【イライラや不眠など症状別に紹介】

ストレッチをする

ストレッチのような軽い運動も、やる気をだすのに効果的です。

それは体を動かすことで血行がよくなって、脳のはたらきがよくなるからです。

ストレッチじゃなくても、ヨガでもウォーキングでもなんでもOKです。

私はあんまり運動好きじゃなかったんですけど、何度かやるうちに楽しく感じるようになりました!

運動が好きなじゃない人には、体を動かすのはちょっとハードルが高いかもしれません。

でもやってくうちに楽しくなってきて、リフレッシュできるようになりますよ。

それに軽い運動をするのは、生理痛の緩和にもなります。

【薬を飲まずに生理痛を和らげる方法3選】ピルの安全性についても解説

生理中のダイエットでランニングがNGな理由【おすすめな運動3選】

アロマをたく

アロマをたいて、やる気をコントロールするのもおすすめです。

アロマといっても、いろいろ種類がありますよね。

たくさんの種類の中でも、やる気がないときには柑橘系の香りがおすすめです。

補足説明

柑橘系の香りは、交感神経の働きをよくしてくれます。

交感神経が活発に働くと、やる気が出て集中力も高まりますよ。

柑橘系の香りであるレモンやライムのアロマは、100均や無印良品でも売っています。

もちろん柑橘系じゃなくても、好きな香りがあるならそれでも問題ありません。

この香りがあると気持ちが切り替えられそう!ってやつを探してみてください。

予定を調整する

やる気がでないときって、そもそもしんどいしミスが増えますよね。

だから、やる気がでないときは思い切って予定を調整してみましょう。

その分やれるときにちゃんとやって、リカバリーすれば大丈夫です。

調整できない予定があるときは、生理のほうを調整するのもアリです。

生理を調整する方法で簡単なのは、ピルを使うことです。

ピルを飲めば生理周期をコントロールできて、大事な予定と生理がかぶらないようにできますよ。

ピルを飲んでると、生理周期に振り回されなくてすみます。

だから、「やる気が出なくて困る…。」なんてことがなくなります。

ピルは、婦人科に行って診察を受けるともらえます。

どの婦人科に行けばいいか分からないというときは、病院なびを使ってみてください。

病院なびでは全国の医療機関の検索ができ、”女性医師のいる婦人科”などの条件指定もできますよ。

まとめ:生理でやる気がでないときは思い切って休もう!

まとめ:生理でやる気がでないときは思い切って休もう!

生理でやる気が出ないときは、休むのが一番です。

どうしても休めないときは、深呼吸をしたりハーブティーを飲んだりして短時間でもスイッチオフの状態をつくってくださいね。

やる気が出ないのは生理のせいなので、自分を責めずにゆるゆるやっていきましょう~!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です