退職を言い出せない、怖いときの解決策はひとつだけ。円満退職のコツとは

退職したいけど言い出せないし、言い出すのが怖い。こんなときは、どうしたらいいの?

と、悩んでいませんか?

たしかに、退職を伝えるのは勇気がいりますよね。

しかし怖いからといって我慢していても、現状は変えられません。

このまま我慢し続けたら、せっかくの転職のチャンスを逃すことになりますよ。

でも、安心してください。

この記事では、退職を言い出すのが怖いときの解決策について書いています。

本記事を読めば、仕事を辞める勇気が出るようになるでしょう。

この記事でわかること
  • 退職を言い出せない、怖いときの解決策
  • 円満退職するコツ
  • 退職を伝えるのが怖いと思ってしまう原因
  • 退職を言い出せないと悩むあなたに伝えたいこと

結論からいうと、退職を言い出せないときは退職代行を使うのが正解です。

円満退職ができる退職代行は、記事の中で紹介しています。

仕事を辞めたいけど切り出す勇気が出なくて悩んでいる人は、ぜひ最後までご覧ください。

おかもも

体調不良で欠勤して、そのまま辞める方法もあります。

くわしくは、「体調不良で欠勤→そのまま退職した方法を実体験から解説。パートでも◎」の記事へどうぞ。

目次

退職を言い出せない、怖いときのたったひとつの解決策

退職を言い出せない、怖いときのたったひとつの解決策

退職を言い出せない。

退職を伝えるのが怖い。

そんなときは、退職代行を使うのが正解です。

退職代行とは、あなたのかわりに退職の旨を伝えてくれるサービスです。

退職代行を使えば、退職を言い出せないと悩む必要がなくなります。

たとえば退職代行Jobsなら、会社と直接やりとりしなくてOKです。

退職に必要なことはすべて仲介してくれるから、ストレスなく退職できますよ。

退職代行Jobsの特徴
  • 会社と直接やりとりしなくてOK
  • 弁護士監修+労働組合提携のハイブリッド型
  • 退職できなかったら全額返金
  • 即日退職可能
  • 有給消化◎

退職代行Jobsは弁護士が監修しているため、モメずに円満退職ができます。

もしなにかあっても、労働組合と提携しているから会社と交渉もできます。

相談するだけなら料金はかからないので、退職を言い出せなくて悩んでいるなら相談だけでもしてみてはどうでしょうか。

今すぐ無料相談してみる

おかもも

ちなみに、退職代行SARABAだと会社と直接やりとりさせられます。

くわしくは、「退職代行SARABAを使ってみた体験談。利用者の私が実態を暴露します」の記事を読んでもらうとわかります。

退職を言い出せない人が円満退職するコツ

退職を言い出せない人が円満退職するコツ

退職を言い出せない人が円満退職するには、コツがあります。

そのコツとは、以下の5つです。

  • 辞めるという強い意思を持つ
  • 忙しくない時期に切り出す
  • 退職届を準備しておく
  • ネガティブな理由を言わない
  • 退職日はあらかじめ決めておく
おかもも

このコツを実践すれば、円満退職できます。

辞めるという強い意思を持つ

まずはじめに、辞めるという意思をしっかりもってください。

辞めるかどうかあいまいだと、会社も上司も困ります。

あなたが迷っているのがわかれば、相手は本気だととらえないかもしれません。

辞めるという意思が弱いと、引き止められたときに迷ってしまいます。

おかもも

辞めたい気持ちが強いなら、覚悟を決めてください。

退職を引き止められて迷ったら、「退職の引き止めで揺らぐ人に伝えたい5つのこと−後悔しないために−」の記事へどうぞ。

忙しくない時期に切り出す

退職を言い出すのは、繁忙期を避けたほうがいいでしょう。

繁忙期は、ただでさえ忙しい時期です。

そんな時期に退職したいと言っても、後回しにされるだけです。

というか、話を聞いてもらう時間すらないこともあります。

忙しい時期は、みんなイライラしています。

そんなときに退職を切り出すと、円満退職が難しくなるでしょう。

退職届を準備しておく

退職を伝える前に、退職届を準備しておくのもアリです。

退職届があれば、退職の意思が固いことを相手に伝えられます。

また退職日を明確にしておくことで、先延ばしにされることもなくなります。

退職届は、交渉のカードとして使うこともできます。

おかもも

条件を改善してくれないなら辞める、という意思表示にもなります。

ネガティブな理由を言わない

退職理由を聞かれたとき、ネガティブな理由を言わないのもコツのひとつです。

円満退職をするには、あまり本当の理由を言わないのが得策です。

現に、円満退職したくて本音とは違う理由を伝える人は約半数います。

引用元:人事のミカタ

嘘をつくと気まずくなるので、退職理由は一身上の都合と伝えるのがいいでしょう。

退職理由については、「退職理由は体調不良と嘘をつかないほうがいい。おすすめの退職理由10選」の記事も参考にしてください。

退職日はあらかじめ決めておく

退職を伝えるときは、あらかじめ退職日を決めておくといいでしょう。

退職日を決めておかないと、退職をズルズルと引き伸ばされる可能性があります。

退職までモメないようにするには、こちらから退職日を提示するのがベストです。

もしも退職日を変更してほしいと打診された場合は、可能な範囲で応じればOKです。

そうすることで、モメることなく円満退職できます。

退職を言い出せない、怖いと思ってしまう原因

退職を言い出せない、怖いと思ってしまう原因

退職を言い出すのが怖いと思ってしまうのは、おもに以下の5つの理由が考えられます。

  • 上司が怖い
  • 退職後の生活が不安
  • 人手が足りない
  • 引き止められそう
  • 同僚の目が気になる
おかもも

言い出すまでは怖いですが、言わないでいると精神的に追い詰められてしまいます。

もしすでに精神的に限界なら、「退職理由が精神的に限界なときの伝え方とは?【5つのコツを伝授】」の記事を読んでみてください。

上司が怖い

上司が怖いと、退職を言い出すのが怖いと感じてしまいます。

とくに普段から怒鳴るような上司には、退職を言い出しにくいですよね。

けれど、このままではいつまで経っても退職できず、後悔することになるでしょう。

ぶっちゃけ、パワハラ上司からは逃げる以外に選択肢はありません。

あなたがパワハラを受けているなら、合法的に即日退職することが可能です。

心身ともにボロボロになる前に、即日退職も視野に入れて、一刻も早く動き出してください。

わたしがパワハラで即日退職した方法。合法的に今すぐ辞めるには?」では、合法的に即日退職する方法を書いています。

退職後の生活が心配

仕事を辞めたあとのことが不安なときも、なかなか退職を言い出せません。

わたしも同じ理由で退職を言い出せなかったので、「仕事を辞めたら生活できなくなるかもしれない」という不安はとてもわかります。

でも実際のところ、仕事を辞めてもすぐに生活に困ることはありませんでした。

なぜなら、仕事を辞めても失業保険などの救済措置があるからです。

わたしの場合は、傷病手当金を利用して退職後に21ヶ月給付金を受け取ることができました。

おかもも

パワハラやメンタル不調で悩んでいるなら、傷病手当金の申請も検討してみてください。

失業保険を28ヶ月もらう方法=傷病手当金+失業手当を組み合わせる」では、傷病手当金の申請条件や方法をくわしく解説しています。

人手が足りない

人手が足りない場合も、退職を言い出しにくいです。

人手不足だと、まわりに迷惑をかけてしまうからです。

たしかに、あなたが辞めたら何人かの人は困るでしょう。

しかし人手が足りないのは会社の責任であって、あなたのせいではありません。

そもそも、人手不足のせいであなたの仕事量が多くなっていることを思い出してください。

おかもも

人手不足が解消してから辞めようと思っていたら、いつまでも辞められないですよ。

引き止められそう

引き止められそうだから、退職を言い出せないこともあるでしょう。

けれど、退職するのは悪いことではないということを覚えておいてください。

会社とあなたは、ただの契約上の関係です。

だから契約内容に満足できなくなったら契約を解消するのは、当然といえます。

また退職は労働者の権利なので、引き止められても応じる必要はありません。

引き止められると自分が悪いことをしているように感じますが、あなたは何も悪くありません。

おかもも

余談ですが、引き止めて辞めさせてくれないときでも、バックレや無断欠勤はNGです。

その理由は、「辞めさせてくれないときでもバックレはNG!バックレ以外で辞める裏技」の記事をご一読ください。

同僚の目が気になる

同僚の目が気になって、退職を言い出せない場合もあります。

そういうときは、直属の上司にだけ退職を伝えればOKです。

仕事内容によっては、周囲の人に退職のことを話さなければいけないこともあります。

ですが退職日まで気まずくなるので、できる限り退職の話題は避けたほうがいいでしょう。

気まずさに耐えられないなら、退職日まで有給を使えば問題ありません。

退職までの期間が気まずいときの5つの対処法とうまく乗り切った経験談」では退職日まで気まずくならない対処法を書いています。

退職を言い出すのが怖い人に伝えたいこと

退職を言い出すのが怖い人に伝えたいこと

退職を言い出すのが怖い人に、伝えたいことがあります。

それは、以下の3つです。

  • 円満退職にこだわりすぎない
  • 仕事を辞めてもなんとかなる
  • 迷ってる時間がもったいない
おかもも

怖くても、勇気を出して前に進んでください。

円満退職にこだわりすぎない

退職するときは、円満退職にこだわりすぎないでください。

円満退職したいあまり、退職を言い出せないのは本末転倒です。

正直いって、辞める会社に気を使う必要はありません。

退職したら、今の会社の人と会うことはほぼなくなります。

だから周りになんと言われようと、辞めたいなら辞めるべきです。

おかもも

たとえ円満退職できなくても、今後の人生に影響はありません。

円満退職にこだわらなくていい理由は、「円満退職とかどうでもいい。辞める会社に気を使わなくていい3つの理由」の記事へどうぞ。

仕事を辞めてもなんとかなる

仕事を辞めても、生活できます。

実際わたしは30代で次の仕事も決まってないのに退職しましたが、なんとかなっています。

30代なら、これからでも転職できます。

それに、職業訓練を受ければ給付金をもらいつつスキルアップができます。

職業訓練とは、ハローワークがおこなっている制度で、だれでも無料で利用可能です。

仕事を辞めて収入がない場合は、訓練期間中、給付金と交通費が支給されます。

詳細は、「仕事辞めてもなんとかなる。30代で仕事を辞めたわたしの体験談」の記事をご参照ください。

迷ってる時間がもったいない

退職を言い出すのが怖いと迷っている時間は、ムダでしかありません。

迷っているあいだに、時間はどんどん過ぎていきます。

時間が過ぎるとあなたの市場価値は下がり、転職で不利になります。

変わることは怖いですが、迷っていてもあとで後悔するだけです。

「あのときもっと早く行動しておけばよかった」と後悔したくないなら、勇気を出して一歩踏み出してください。

退職を言い出せない、怖いときは退職代行へ!

退職を言い出せない、怖いときは退職代行へ!

退職を言い出すのが怖いときは、退職代行を使うのが正解です。

退職代行はあなたのかわりに退職の旨を伝えてくれるから、あなたが直接言う必要はありません。

直接伝える勇気が出ないときは、ぜひ退職代行を利用してください。

たとえば退職代行Jobsなら、手続きが完了した日以降は出社しなくてもよくなります。

退職代行Jobsの特徴
  • 会社と直接やりとりしなくてOK
  • 即日退職可能
  • 有給消化◎
  • 24時間365日対応
  • 弁護士監修+労働組合提携のハイブリッド型

退職代行Jobsなら、最短30分で手続きが完了します。

たった30分で、現状を変えられますよ。

円満に早く退職して、新しい生活をはじめてくださいね!

\相談だけなら無料!/

今の会社に不満があるあなたへ

今の会社に不満があるあなたへ

最後にひとつだけ、今の会社に不満があるあなたに伝えたいことがあります。

仕事を辞めたいけど、辞めたあとのことを考えるとなかなか退職に踏み切れない。

と、思うことはないですか?

パワハラや長時間労働でも我慢して働いているあなたに、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートというサービスをご紹介します。

社会保険給付金サポートとは、退職後に最大28ヶ月給付金を受け取れるようにサポートしてくれるサービスです。

本来受け取れるはずの給付金を受給することで、退職後の生活の不安が解消します。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、退職後に給付金を受け取ることができました。

社会保険給付金サポートの詳細は、無料WEB説明会で確認できます。

動画を見るだけで、ムリな勧誘はありません。

気になったら、無料WEB説明会の視聴だけでもどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる