退職を言い出せない、怖い時の解決策はひとつだけ。退職を切り出すコツとは

「退職を言い出せない、言い出すのが怖い」と、悩んでいませんか?

結論からいうと、退職を言い出せないときは退職代行を使うのが正解です。

本記事では、退職を言い出せない、言い出すのが怖いと悩む人が退職を切り出すときのコツについて解説しています。

退職を言い出すのが怖いと悩んでいる人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

退職を言い出せない、怖いときのたったひとつの解決策

退職を言い出せない、怖いときのたったひとつの解決策

退職を言い出せない。

怖くて退職を言い出せない。

そんな悩みを解決するには、退職代行を使うのが正解です。

退職代行とは、あなたのかわりに退職の旨を会社に伝えてくれるサービスです。

怖くて退職を言い出せなくても、プロのスタッフがあなたを退職までサポートしてくれます。

わたしも過去に退職代行を利用しましたが、ほんとうに退職を自分で言い出す必要がなくて驚きました。

(とはいえ、わたしの場合は失敗談もありますが)

ほとんどの退職代行は、退職にかかわることはすべて代行してくれます。

そのため、退職を言い出せない恐怖から解放されるでしょう。

ほとんどの退職代行は、会社と一切やりとりせずに退職が完了します。

相談だけなら無料のところが大半なので、気になったら一度相談だけでもしてみてください。

おかもも

下記記事では100社以上から厳選した退職代行サービスを比較しているので、参考にどうぞ。

退職を言い出せない、怖い人が退職を切り出すコツ

退職を言い出せない、怖い人が退職を切り出すコツ

退職を言い出せない、怖い人が退職を切り出すには、いくつかコツがあります。

そのコツとは、以下の5つです。

  • 辞めるという強い意思を持つ
  • 忙しくない時期に切り出す
  • 退職届を準備しておく
  • ネガティブな理由を言わない
  • 退職日はあらかじめ決めておく

辞めるという強い意思を持つ

まずはじめに、辞めるという意思をしっかりもってください。

辞めるかどうかあいまいだと、会社側は困ってしまいます。

あなたが迷っている風に見えた場合は、退職の話は冗談だと思われるかもしれません。

さらに、辞めるという意思が弱いと引き止められたときに迷ってしまいます。

辞めたいと思っているなら、まずは覚悟を決めてください。

忙しくない時期に切り出す

退職を言い出すのは、繁忙期を避けたほうがいいでしょう。

繁忙期は、ただでさえ忙しい時期です。

そんな時期に退職したいと言ったら、後回しにされる可能性が高いです。

というか、話を聞いてもらう時間すらないこともあります。

忙しい時期は、みんなイライラしています。

そんなときに退職を切り出すと、ひんしゅくを買うかもしれません。

退職届を準備しておく

退職を伝える前に、退職届を準備しておいてもいいでしょう。

退職届があれば、退職の意思が固いことを相手に伝えられます。

また退職日を明確にしておくことで、先延ばしにされることもなくなります。

あらかじめ退職届を用意しておけば、あなたも覚悟ができるかもしれません。

補足情報

退職届
退職願
  • 退職することを伝える書類
  • 退職は決定事項
  • 会社側は拒否できない
  • 退職をお願いする書類
  • 会社側に拒否されるおそれがある

ネガティブな理由を言わない

退職理由を聞かれたとき、ネガティブな理由を言わないのもコツのひとつです。

ネガティブな理由だと、退職を言い出しにくくなってしまいます。

少しでも自分の気持ちを軽くするために、本当の理由を言わないのも生きていくための処世術です。

じっさい、本音とは違う理由を伝える人は約半数います。

ネガティブな理由を言わない
引用元:人事のミカタ

といっても、嘘をつくと気まずい雰囲気になりやすいです。

もし退職理由を聞かれたら、「一身上の都合」と答えるのがいいでしょう。

退職日はあらかじめ決めておく

退職を伝えるときは、あらかじめ退職希望日を決めておくのも重要です。

退職希望日を決めておくことで、あらかじめトラブルを避けられるからです。

退職希望日を決めておかないと、退職をズルズルと引き伸ばされてモメる可能性があります。

転職先がすでに決まっているときは、転職先ともモメることになるかもしれません。

言い出すハードルをできるだけ低くするために、希望はあらかじめ決めておいたほうがいいでしょう。

退職を言い出せない、怖いと思ってしまう原因

退職を言い出せない、怖いと思ってしまう原因

退職を言い出すのが怖いと思ってしまうのは、おもに以下の5つの理由があります。

  • 上司が怖い
  • 退職後の生活が不安
  • 人手が足りない
  • 引き止められそう
  • 同僚の目が気になる
おかもも

言い出すまでは怖いですが、言わないでいると精神的に追い詰められてしまいます。

上司が怖い

上司が怖いと、退職を言い出すのが怖いと感じてしまいます。

とくに普段から怒鳴るような上司には、退職を言い出しにくいでしょう。

けれど、このままではいつまで経っても退職できず、後悔することになります。

ハッキリいって、パワハラ上司からは逃げる以外に選択肢はありません。

あなたがパワハラを受けているなら、今すぐ上司から逃げてください。

このままでは心身ともにボロボロになって、再起不能になってしまいます。

退職後の生活が心配

仕事を辞めたあとのことが不安なときも、なかなか退職を言い出せません。

わたしも「仕事を辞めたら生活できなくなる」と思っていたので、その不安はとてもよくわかります。

でもじっさいのところ、仕事を辞めても今のところは生活に困っていません。

仕事を辞めても、失業保険などの救済措置があります。

職業訓練を受ければ、給付金を受け取りつつスキルアップをすることも可能です。

おかもも

仕事を辞めても、あなたが思っているほど悪い方向には進まないから安心してください。

人手が足りない

人手が足りない場合も、退職を言い出しにくいです。

人手不足だと、まわりに迷惑をかけてしまうからです。

たしかに、あなたが辞めたら何人かの人は困るでしょう。

しかし人手が足りないのは会社の責任であって、あなたのせいではありません。

たとえ誰かが困ったとしても、あなたが責任を感じるのはお門違いです。

おかもも

人手が足りないからといって、退職を言い出すのを怖がる必要はありません。

引き止められそう

引き止められそうだから、退職を言い出せないこともあるでしょう。

けれど、退職するのは悪いことではありません。

会社とあなたは、ただの契約上の関係です。

だから、契約内容に満足できなくなったら契約を解消するのは当然の行為です。

また退職は労働者の権利なので、引き止められても応じる必要はありません。

引き止められると自分が悪いことをしているように感じますが、あなたは何も悪くありません。

おかもも

ちなみに、引き止めがしつこいときでもバックレや無断欠勤はNGです。

同僚の目が気になる

同僚の目が気になって、退職を言い出せない場合もあります。

そういうときは、直属の上司にだけ退職を伝えればOKです。

ですが、仕事でかかわりのある人には退職のことを話さなければならない場面がでてきます。

現実問題として、同僚に黙ったまま退職日まで過ごすのはかなり難しいでしょう。

そんなときは、退職をギリギリまで言わない方法を試してみてください。

おかもも

退職をギリギリまで言わない方法は、下記記事をご覧ください。

退職を言い出せないことで生じる不具合

退職を言い出せないことで生じる不具合

怖いからといって退職を言い出せないと、以下のような不具合が生じます。

  • 心身を壊してしまう
  • 仕事のモチベーションが下がる
  • 転職のチャンスを逃す

心身を壊してしまう

退職をいつまでも言い出せないと、心身を壊してしまう可能性があります。

なかでもパワハラや長時間労働に悩まされている場合、心身が壊れるのは時間の問題です。

わたしも退職をなかなか言い出せなくて、ご飯が食べられなくなるくらいの胃痛に半年以上苦しみました。

だから退職を言い出すのが怖い気持ちは、とてもわかります。

だけどこのままだったら、近いうちに心身を壊してしまうでしょう。

仕事のモチベーションが下がる

仕事のモチベーションが下がるのも、デメリットのひとつです。

辞めたいという気持ちを抱えながら、仕事のモチベーションを保つのは不可能です。

仕事に対するやる気が無くなってしまったら、生きることもどうでもよくなってしまうかもしれません。

あるいは、上司や同僚に迷惑をかけることになってさらに退職を言い出しにくくなるケースも考えられます。

いずれにしても、モチベーションが下がることでメリットはひとつもありません。

おかもも

今の仕事が大嫌いになる前に、退職を言い出すのが得策です。

転職のチャンスを逃す

退職を言い出せない最大のデメリットは、転職のチャンスを逃すことです。

退職を言い出せずにムダな時間を過ごすと、あなたの市場価値はどんどん下がっていきます。

その結果、転職で不利な状況に追い込まれることになるでしょう。

転職は、早く動き出したほうがたくさんのチャンスとめぐりあえます。

転職のチャンスを逃したくないなら、怖いですが、勇気を出して一歩踏み出してください。

退職を言い出せない、怖いときは退職代行へ!

退職を言い出せない、怖いときは退職代行へ!

退職を言い出すのが怖いときは、退職代行を使うのが正解です。

退職代行はあなたのかわりに退職の旨を伝えてくれるから、あなたが伝える必要はありません。

直接伝える勇気が出ないときは、ぜひ退職代行の利用を検討してみてください。

退職を言い出せないままだと、これから先しんどくなる一方です。

どうか勇気を出して、新しい生活に向けて進んでください!

今の会社に不満があるあなたへ

今の会社に不満があるあなたへ

最後にひとつだけ、今の会社に不満があるあなたに伝えたいことがあります。

仕事を辞めたいけど、辞めたあとのことを考えるとなかなか退職に踏み切れない。

と、思うことはないですか?

パワハラや長時間労働でも我慢して働いているあなたに、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートというサービスをご紹介します。

社会保険給付金サポートとは、退職後に最大28ヶ月給付金を受け取れるようにサポートしてくれるサービスです。

本来受け取れるはずの給付金を受給することで、退職後の生活の不安が解消します。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、退職後に給付金を受け取ることができました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

社会保険給付金サポートの詳細は、無料WEB説明会で確認できます。

動画を見るだけで、ムリな勧誘はありません。

  • 年齢が20〜59歳
  • 退職日まで2週間以上〜3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している

上記の条件を満たしていれば、あなたも給付金を受け取れます。

すでに退職済み、社会保険の加入が1年未満など、場合によっては条件を満たしていなくても給付金を受給できる可能性があります。

説明会参加者には失業保険マニュアルのプレゼントもあるので、気になったら無料WEB説明会へどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次