退職代行SARABA使ってみた。おすすめしない3つの理由

この記事は、退職代行SARABAを使ってみた口コミを書いています。

退職代行SARABAはネットで評判がいいけど、ほんとうはどうなのか知りたいですよね?

その気持ち、とてもよくわかります。

わたしもこれまで退職代行を利用したことがなかったので、実際に使ってみた人の体験談が知りたいと思っていました。

たしかに、SARABAはネットで評判がいいようです。

しかし実際に使ってみたら、ブラック企業を辞めるときは二度と使いたくない業者だとわかりました。

でも、安心してください。

本記事では、ブラック企業で働く人向けの退職代行業者についても紹介しています。

この記事でわかること
  • SARABAをおすすめしない理由
  • 使ってみた口コミ
  • 利用の流れ
  • SARABAを使ってみたほうがいい人

この記事を読むと上記4つがわかります。

この記事を読めば、どの退職代行を選べばいいのかがわかりますよ。

また、筆者がSARABAとやりとりした実際のLINE画像もたくさん掲載しています。

これから退職代行を使おうと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

目次

【退職代行SARABA使ってみた】おすすめしない理由

【退職代行SARABA使ってみた】おすすめしない理由

わたしは、2020年12月に退職代行SARABAを利用しました。

結論からいうと、わたしはSARABAを二度と使いたくありません。

その理由は、以下の3つです。

  • 塩対応が精神的にツライから
  • 退職以外はなにもしてくれないから
  • SARABA自体がブラック企業だから

ネットで調べると、SARABAをおすすめするサイトが多くヒットします。

それはなぜかというと、SARABAを紹介すると儲かるからです。

けれどそれらのサイトに載っている口コミは、どこから引用したのかわからないものがたくさんあります。

一方この記事は、実際にSARABAを使ってみた筆者が書いています。

SARABAを使うかどうかは、ぜひこの記事を読んでから判断してください。

塩対応が精神的にツライから

SARABAとのやりとりは、LINEでやります。

対応はすごく早いんですが、機械的でとにかく冷たいです。

対応が早くていいというより、こちらをたたみかけてくるような怖さを感じました。

SARABAのLINE画像

わたしが返答する前に、矢継ぎ早に送られてくるLINE…。

給与支給日は送ってるのに…。

精神科に通わなければいけないほど高圧的な上司がトラウマだったわたしには、かなりツラかったです。

おかもも

わたしにとって退職代行SARABAは、味方ではなく敵同然でした。

退職以外はなにもしてくれないから

SARABAを使ったら、ブラック企業を辞められます。

しかしSARABAがやってくれるのは退職だけで、それ以外のことはなにもやってくれません。

たとえばわたしが退職日について問い合わせたときは、対応してくれませんでした。

SARABAのLINE画像2

いやがらせで、離職票をなかなか送ってこないブラック企業は多いです。

(わたしが働いていたブラック企業も、なかなか離職票を送ってくれませんでした。)

また退職すると、しつこく電話をしてくるブラック企業もあります。

あなたには電話しないようにSARABAが伝えてくれるようですが、強制力はありません。

つまり、会社からのいやがらせはずっと続く可能性があります。

そんなとき、退職日の問い合わせにすら応じてくれないSARABAは、あなたの味方になってくれるでしょうか?

SARABA自体がブラック企業だから

これはわたしの推測ですが、SARABAはおそらくブラック企業です。

SARABAは、24時間365日対応です。

つまりSARABAで働く人は、24時間365日体制で働かされているということです。

電話やLINEの塩対応を見ていると、SARABAの中の人の疲労感が伝わってきます。

ブラック企業で働いた人ならわかると思いますが、同類の匂いがします…。

おかもも

ブラック企業を辞めたくて頼った先がブラック企業って、かなり闇を感じます…。

退職代行SARABAを使ってみた口コミ

ここまで、わたしの実体験からSARABAをおすすめしない理由を書いてきました。

しかしやはり、わたし一人の体験談だけでは不十分ですよね。

そこで、ツイッターでSARABAの口コミを探してきました。

以下の順に、口コミをご紹介します。

  • 退職代行SARABAのいい口コミ
  • 退職代行SARABAの悪い口コミ
  • 退職代行SARABAを実際に使ってみたわたしの口コミ

退職代行SARABAのいい口コミ

まずは、退職代行SARABAのいい口コミです。

SARABAは安いし、追加料金もかかりません。

実績が高いため、ほぼ確実に会社を辞められます。

24時間対応してくれるのも、人によってはいいところでしょう。

たしかに役所みたいに土日祝休みだったら、ふつうの会社員は利用しづらいです。

しかし先ほども書きましたが、24時間対応してくれる=24時間体制で働かされている人がいるということです。

おかもも

退職代行Jobsのように「深夜は自動応答対応になります。」と書いてある業者のほうが会社としてのイメージはよく、信用できます。

\退職代行Jobsで円満退職しよう/

退職代行SARABAの悪い口コミ

次に、退職代行SARABAの悪い口コミです。

対応してくれる人は、いつも同じではありません。

しかしいつも、同じような対応です。

よくいえばあっさり、悪くいえば塩対応です。

そしてSARABAは、退職後に会社とイザコザがあっても対応してくれません。

おかもも

イザコザというほどのものでなくても、基本的には退職後はなにもしてくれないです。

退職代行SARABAを使ってみたわたしの口コミ

最後に、実際に退職代行SARABAを使ったわたしの口コミです。

わたしが退職日の問い合わせをしても対応してもらえなかったことは、先ほど書いたとおりです。

その後さらに、わたしから会社へ直接連絡しなければならないことがありました。

わたしが働いていたブラック企業は、離職票以外にも源泉徴収票もなかなか送ってくれませんでした。

源泉徴収票がないと、住民税や国民健康保険料の減免申請ができません。

そこでSARABAから会社へ、源泉徴収票を送ってもらうように催促してもらいました。

SARABAのLINE画像3

このときは、SARABAから会社へ催促してもらえました。

しかし、後日わたしの手元に届いたのは次の年の分の源泉徴収票だったのです。

(わたしは12月に退職代行を利用して有給消化後の1月に退職となったので、源泉徴収票は2年分必要でした。)

そこで再度SARABAに対応をお願いしたら、これまた取り合ってもらえませんでした。

SARABAのLINE画像4

わたしが「要望書を再送します」と送信しているのにそれを待たずに、またもたたみかけるようなLINEの返答。

結局SARABAから、再度会社へ連絡してくれることはありませんでした(泣)

最終的には、わたしが直接会社へ連絡しました。

おかもも

最初のヒアリングシートで、「会社とは直接やりとりしたくない」と回答したのは一体なんだったんでしょうか…。

退職代行SARABA利用の流れ

退職代行SARABA利用の流れ

退職代行SARABAは、以下の5ステップで利用できます。

  • 問い合わせ
  • 料金の支払い
  • ヒアリングシートの記入
  • 必要書類の作成
  • 退職実行
おかもも

利用は、めちゃくちゃ手軽でかんたんでした。

問い合わせ

まずはじめに、メールか電話かLINEでSARABAに問い合わせます。

わたしは一番最初、電話で問い合わせをしました。

しかし、問い合わせはLINEにしてくださいと言われました。

LINEをやってるなら、LINEで問い合わせるのがいいでしょう。

問い合わせの段階で、即日退職が可能かどうかなどを聞けます。

SARABAのLINE画像5

料金の支払い

内容に納得できれば、料金を支払います。

SARABAの利用代金は、誰でも一律27,000円です。

SARABAは、27,000円以外に料金はかかりません。

さらに、もし退職に失敗したら返金してくれます。

支払い方法は、クレジットカードか銀行振り込みを選べます。

おかもも

クレジットカードで支払うとそのあとの対応が早いので、クレカ払いがおすすめです。

利用料金は、2021年3月に25,000円に値下げしていました。

ヒアリングシートの記入

SARABA側が料金の支払いを確認できたら、ヒアリングシートが送られてきます。

SARABAのLINE画像6
SARABAのLINE画像7

このヒアリングシートで、「会社との直接やりとりを希望するか」などの要望を伝えます。

おかもも

ヒアリングシート、めっちゃ長いですよね。これをひとつのメッセージ内におさめないといけなくて、地味にツラかったです。

必要書類の作成

ヒアリングシートを送ったら、SARABAが退職届などのテンプレをくれます。

SARABAのLINE画像8

これをもとに

  • 退職届
  • 要望書
  • 退職代行SARABAユニオン加入届

を作成します。

退職実行

ヒアリングシートで回答した日に、SARABAが会社へ連絡してくれます。

これで、退職が完了します。かんたんですね。

このあとは、SARABAの指示どおりに必要書類を会社へ郵送すれば終わりです。

退職代行SARABAを使ってみたほうがいい人

退職代行SARABAを使ってみたほうがいい人

わたしは今後、SARABAを使うつもりはありません。

しかし、SARABAを使ってみたほうがいい人もいます。

具体的には、以下の3つにあてはまる人です。

  • ホワイト企業で働いている人
  • とりあえず退職代行を使ってみたい人
  • できるだけお金をかけたくない人
おかもも

とりあえず退職代行を使ってみたいなら、SARABAがいいでしょう。

ホワイト企業で働いている人

あなたがホワイト企業で働いているなら、退職するときはSARABAで十分です。

その理由は、退職後にもめることがないからです。

ただ退職したいだけなら、SARABAを使いましょう。

といっても、ホワイト企業なら退職代行を使わなくても退職できると思いますが(笑)

逆に給与や残業代の未払いがある場合は、SARABAでも対応できません。

未払いの給与を請求するなら、弁護士に依頼する必要があります。

おかもも

退職代行をしてくれる弁護士なら、弁護士法人みやびへどうぞ。

今すぐ弁護士法人みやびに無料相談する

とりあえず退職代行を使ってみたい人

とりあえず退職代行を使ってみたい人も、SARABAがいいでしょう。

SARABAは、業界ナンバーワンの実績です。

そのため、退職に失敗することはほとんどありません。

おかもも

これから退職代行を使う人は増えてくるはずなので、今退職代行を使うと先行者になれます(笑)

できるだけお金をかけたくない人

退職代行にお金をかけたくない人も、SARABAがおすすめです。

SARABAの利用料金は一律27,000円で、追加費用はかかりません。

ネットで検索すると、もっと安い値段の退職代行業者を見つけられるかもしれません。

しかしあまり安すぎる業者は、悪徳業者の可能性があります。

最低でも、30,000円前後の業者を使うのが安全でしょう。

ちなみにわたしがおすすめする退職代行Jobsの利用代金も、一律27,000円です。

ただし、有給を消化したいなど会社と交渉したいなら別途2,000円かかります。

退職代行SARABA 退職代行Jobs
27,000円 27,000円
(ただし会社と交渉する場合はプラス2,000円)

SARABAの利用料金は、2021年3月に25,000円に値下げしています。

おかもも

少しでも節約したいなら、SARABAを使ってください。

退職代行SARABAはブラック企業にはNG!

退職代行SARABAはブラック企業にはNG!

あなたが今ブラック企業を辞めたいと考えているなら、SARABAはおすすめしません。

SARABAを使うと、精神を病むことになります。

わたしはSARABAとの連絡がしんどすぎて、今ではSARABAのLINEアイコンを見るだけで吐き気がするようになってしまいました。

ブラック企業を辞めるときは、無料カウンセリングがついている退職代行Jobsにしましょう。

Jobsなら、ブラック企業がツライあなたの気持ちに寄り添ってくれますよ。

Jobsは労働組合と連携しているため、有給や退職金の交渉も可能です。

また退職コンシェルジュとも提携していて、社会保険給付金サポートも使いやすいです。

タチの悪いブラック企業から抜け出すために、良心的な退職代行を選んでくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる