仕事休むのに精神的な理由と連絡してはダメなワケ。当日欠勤で無難な理由とは

「精神的にしんどいから仕事を休みたいんだけど、なんて連絡したらいいの?」と悩んでいませんか?

結論からいうと、精神的にしんどいとはいわずに体調不良と連絡するのがいいでしょう。

精神的にしんどいと正直に連絡すると、休むのを許してもらえない可能性があります。

本記事では、仕事を休むときの無難な理由についても解説しています。

精神的に辛いから仕事を休みたいと思っている人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

仕事を休むのに精神的な理由と連絡してはダメなワケ

仕事を休むのに精神的な理由と連絡してはダメなワケ

仕事を休む理由として、精神的にしんどいと連絡するのは得策ではありません。

その理由は、以下の3つです。

  • 休ませてもらえないかも
  • 自分を追い詰めてしまうかも
  • 診断書を出せと言われるかも

休ませてもらえないかも

精神的な理由で休みたいといっても、休ませてもらえないかもしれません。

なぜなら、理由が漠然としているからです。

精神的にしんどいといっても、感じ方は人それぞれです。

どれだけしんどくても、周囲はあなたのツラさを理解できません。

つまり、あなたのツラさを軽視されるおそれがあります。

「精神的にしんどくても、仕事はできるよね?」と、休ませてもらえないケースもあるでしょう。

おかもも

根性がたりないだけ、と昭和の根性論で終わらせられる可能性もあります。

自分を追い詰めてしまうかも

精神的にしんどいといって休むと、罪悪感を感じやすくなります。

先ほどもいいましたが、精神的な部分は人によって感じ方が変わります。

精神的にしんどいから休むなんて、甘えてるんじゃないか。

こんな理由で休んで、職場の人はどう思っているんだろう。

と、どんどんネガティブなことを考えるようになってしまいます。

それなら、無難に嘘をついて休んだほうがいいです。

自分のことを追い詰めてしまったら、仕事を休めてもこころが休まらないでしょう。

診断書を出せと言われるかも

精神的な理由は、外からはわかりにくいです。

だから客観的な証拠として、診断書を出すように言われることがあります。

でも、診断書を出してもらうなら通院しなければいけません。

というか、しんどいときに診断書を出せと言われたら、めんどくさくてさらにしんどくなってしまいます。

精神的な理由で休みたいというと、かえってめんどうなことになる場合があります。

仕事を休むときにおすすめな理由

仕事を休むときにおすすめな理由

精神的な理由で仕事を休むと連絡するのは、あまりおすすめしません。

では、具体的にどんな理由がいいのかを解説します。

  • 体調不良
  • 家族の通院
  • 水道・ガスの故障

体調不良

一番無難な理由は、体調不良です。

精神的にしんどいときは、体のだるさや頭痛といった症状がよくでます。

だから、体調不良といっても嘘にはなりません。

もしも体の症状がひとつもないときは、熱が出たと嘘をつくのが無難です。

おかもも

ちなみにですが、退職するときに体調不良を理由にするのはNGです。

家族の通院

家族の通院に付き添わなければいけない、というのもアリです。

たとえば子どもがいるなら、「子どもが熱を出したので」でOKです。

子どもがいないなら、「実家の母がぎっくり腰になった」でもいいです。

ただし、あまり重病っぽくならないようにしてください。

ほんとうに重病のときは、1日休んだだけではどうにもなりません。

あくまで、1日付き添えばなんとかなる程度の病気にしておくといいでしょう。

水道・ガスの故障

家族の通院と嘘をつくと、ほんとうに付き添わなければいけないときに困ってしまいます。

家族を巻き込むのはなんとなくイヤだな、と思うこともあるでしょう。

それなら、例文のように水道やガスの故障を理由にしてください。

以下の例文のように伝えれば、問題なく休めます。

例文

今朝から水道管が壊れて、水が止まりません。

業者に連絡したら今日中に来てくれることになったんですが、混んでいて時間がわからないと言われてしまいました。

ポイントは、「工事が何時になるかわからない」と伝えることです。

おかもも

これで、疑われることなく1日休めるでしょう。

仕事を休む連絡をするときの注意点

仕事を休む連絡をするときの注意点

仕事を休む連絡をするときは、いくつか注意しておくことがあります。

  • 始業前に連絡する
  • 同じ理由は避ける
  • 無断欠勤はNG
おかもも

ほんとうの体調不良で休むときも、同様に以下のことを注意してください。

始業前に連絡する

仕事を休む連絡は、始業前にしたほうがいいでしょう。

仕事が始まってから欠勤の連絡をするのは、社会人としてよくありません。

職場で気まずい思いをしたくないなら、始業前に連絡してください。

職場にもよりますが、だいたい始業開始の30分〜15分前に連絡するのが一般的です。

おかもも

連絡手段は、職場にあわせて電話かメールかを選んでください。

同じ理由は避ける

いつも同じ理由で休んでいると、嘘をついているのがバレてしまいます。

なので、休む理由は同じにならないようにしてください。

休む曜日も、同じならないように注意したほうがいいでしょう。

いつも月曜日に休むと、「ズル休みじゃないの?」と疑われます。

休むときは、パターンを作らないように気をつけてください。

無断欠勤はNG

このまま仕事を辞めるつもりでいても、無断欠勤はNGです。

無断欠勤をすると、最悪の場合警察沙汰に発展します。

もちろん転職にも影響するため、かならず連絡するようにしてください。

上司がキライだから連絡したくない、という気持ちはとてもわかります。

けれど、無断欠勤をするとあなたの立場が悪くなります。

今後のことを考えて、イヤでも連絡してください。

精神的な理由で仕事を休みたいなら休職を考えよう!

精神的な理由で仕事を休みたいなら休職を考えよう!

仕事を休みたいとき、精神的にしんどいと連絡するのはおすすめしません。

精神的な理由と伝えるのではなく、体調不良と連絡するのが無難でしょう。

とはいえ、1日休んだくらいでは精神的な疲れはなかなか消えません。

もし何日もゆううつな日が続くときは、休職を検討してください。

休職については、下記記事をどうぞ。

精神的にしんどいときは、しっかり休養するのが大事です。

無理せず休んで、明日からも生きていきましょう!

退職を検討中の人はこちらもどうぞ

今の会社に不満があるあなたへ

今の会社に不満があるあなたへ

最後にひとつだけ、今の会社に不満があるあなたに伝えたいことがあります。

仕事を辞めたいけど、辞めたあとのことを考えるとなかなか退職に踏み切れない。

と、思うことはないですか?

パワハラや長時間労働でも我慢して働いているあなたに、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートというサービスをご紹介します。

社会保険給付金サポートとは、退職後に最大28ヶ月給付金を受け取れるようにサポートしてくれるサービスです。

本来受け取れるはずの給付金を受給することで、退職後の生活の不安が解消します。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、退職後に給付金を受け取ることができました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

社会保険給付金サポートの詳細は、無料WEB説明会で確認できます。

動画を見るだけで、ムリな勧誘はありません。

  • 年齢が20〜59歳
  • 退職日まで2週間以上〜3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している

上記の条件を満たしていれば、あなたも給付金を受け取れます。

すでに退職済み、社会保険の加入が1年未満など、場合によっては条件を満たしていなくても給付金を受給できる可能性があります。

説明会参加者には失業保険マニュアルのプレゼントもあるので、気になったら無料WEB説明会へどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次