正社員が即日退職する方法とは?合法的に今すぐ辞める方法を解説

正社員を即日退職する方法を知りたい。

と、思っていませんか?

わたしも毎日仕事に行きたくなくて胃が痛かったので、その気持ちとてもよくわかります。

たしかに正社員が即日退職すると、違法になるケースがあるのは事実です。

それどころか、間違った方法だと会社から訴えられる可能性もあります。

でも、安心してください。

わたしは過去に、正社員を即日退職したことがあります。

その経験から、合法的に即日退職する方法をくわしく解説します。

この記事でわかること
  • 正社員が合法的に即日退職する方法
  • 正社員が即日退職するときに注意すること
  • 正社員が即日退職するときの流れ

この記事を読むと、上記3つがわかります。

ネタバレすると、合法的に即日退職するには退職代行を使います。

即日退職ができる退職代行は、記事の中で紹介しています。

どんな退職代行を使えばいいのか気になる人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

正社員が合法的に即日退職する方法

正社員が即日退職をするには、退職代行を使えばOKです。

なぜ退職代行を使うのかというと、正社員の即日退職は難しいからです。

そして契約社員や試用期間中の人も、退職代行を使えば即日退職ができます。

そこでまずは、即日退職する方法についてくわしく解説します。

正社員が即日退職をするのは難しい

正社員が即日退職するのは、ほんとうは難しいです。

なぜかというと、2週間前までに退職を申し出るように民法で決まっているからです。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=129AC0000000089#2680

上記のとおり、退職したいと伝えた日に辞めるのは法律違反になります。

おかもも

今すぐ辞めたくても、法律上は即日退職は難しいです。

しかし退職代行を使えば合法的に辞められる

正社員の即日退職は、難しいです。

ですが、退職代行を使えば正社員でも即日退職ができます。

さきほど解説したように、正社員が即日退職をすると法律違反になります。

だからただしくは即日退職ではなく、「”実質”即日退職ができる」です。

たとえば退職代行Jobsなら、連絡した次の日から出社しなくてもよくなりますよ。

業務引継書も無料でついてくるため、罪悪感を感じずに辞められます。

退職代行Jobsの特徴
  • 退職代行で唯一弁護士が監修
  • 即日退職可能
  • 料金が27,000円と業界でも安価
  • 全額返金保証あり
  • 無料サポートが充実

今すぐ退職代行Jobsで退職する

おかもも

有給が残っていなくても、退職代行Jobsなら即日退職できますよ。

契約社員・試用期間中でも即日退職OK

契約社員や試用期間中でも、退職代行を使えば即日退職ができます。

契約社員には、正社員のように2週間前に退職を伝えないといけない決まりはありません。

かといって、いつでも自由に辞めれるわけではないのです。

1年以上働いていれば、法律上は契約社員の即日退職は可能です。

けれど実際は、契約期間が満了するまでは退職は認めないといわれることがほとんどでしょう。

そんなときは、契約社員の対応実績が多い退職代行を使えばOKです。

おかもも

契約社員・試用期間中の退職なら、わたしNEXTへどうぞ。

今すぐわたしNEXTに無料相談する

(補足)正社員が即日退職できるケース

退職代行を使わなくても、正社員が即日退職できるケースがあります。

それは、以下の3つに該当するときです。

  • 会社が退職に合意した場合
  • 退職日まで有給を使う場合
  • 退職日まで欠勤する場合

それなら退職代行はいらないんじゃない?

たしかに、あなたが直接会社と交渉すれば即日退職はできます。

でも、会社が即日退職に合意するのは激激激レアケースです。

おかもも

今のところ、即日退職をするには退職代行を使うしか選択肢はありません。

正社員が即日退職するときに注意すること

正社員が即日退職するときに注意すること

正社員が即日退職をするとき、注意しないといけないことがあります。

それは、以下の3つです。

  • 無断欠勤をしない
  • 2週間以上前に退職すると伝える
  • 貸与品は返却する
おかもも

退職代行を使うなら、とくに注意することはありません。

無断欠勤をしない

即日退職をしたくても、無断欠勤は絶対にしてはいけません。

無断欠勤をすると、損害賠償を請求される可能性があります。

また退職金がもらえなくなったり、転職でも不利になります。

無断欠勤は、リスクでしかないです。

どれだけしんどくても、バックレや無断欠勤はやめてください。

おかもも

無断欠勤するくらいなら、退職代行を使って即日退職してください。

2週間以上前に退職すると伝える

退職したいときは、2週間以上前に退職の意思を伝えてください。

2週間以上前に退職の意思を伝える理由は、さきほど説明したとおりです。

しかし2週間以上前に退職したいと伝えられる人は、即日退職したいなんて思わないですよね。

ただくりかえしになりますが、なにもいわずに辞めるのは違法なので注意してください。

おかもも

ブラック企業から逃げるときも、退職したいと伝える必要があります。

貸与品は返却する

会社から借りているものがあるときは、返却しましょう。

返却物の例としては、社員証やパソコン、制服などがあります。

このほかにも、会社から指定されたものがあれば返却しなければいけません。

返却は、ふつうは郵送でOKです。

貸与品についてはトラブルが多いため、会社と入念にやりとりをするといいでしょう。

おかもも

ちなみに退職代行を使えば、このあたりのやりとりも全部代行してくれます。

正社員が即日退職するときの流れ

正社員が即日退職するときの流れ

正社員が即日退職するには、退職代行を使います。

ここでは、退職代行を使ったときの流れを解説していきます。

STEP
退職代行に連絡する

まずはじめに、退職代行に連絡をします。

退職代行によってかわりますが、ここで即日退職ができるか確認するといいでしょう。

退職代行Jobsは、相談だけなら無料です。

LINE・メール・電話で、24時間相談できますよ。

今すぐ退職代行Jobsに無料相談する

くわしくは、下の記事へどうぞ。

STEP
退職代行が退職の意思を伝える

退職代行での手続きが完了したら、退職代行が退職の意思を伝えてくれます。

ここであなたがやることは、とくにありません。

STEP
退職届を作成する

退職の意思を伝えたら、退職届を作成します。

では顧問弁護士が監修した退職届のテンプレートをくれるので、かんたんに作成できますよ。

STEP
書類の郵送&貸与品の返却

退職届などの必要書類の準備ができたら、会社へ郵送します。

貸与品がある場合は、一緒に郵送すればOKです。

STEP
退職後に離職票などを受け取る

退職届を送ると、会社から離職票や源泉徴収票が送られてきます。

これらの書類は、転職や失業保険の申請に必要です。

必ず受け取ってください。

たまに、いやがらせで離職票などを送ってこないブラック企業があります。

ブラック企業を辞めるときは、いやがらせにも対応してくれるサポートのしっかりした退職代行を選びましょう。

正社員が即日退職するなら退職代行Jobsへ!

正社員が即日退職するなら退職代行Jobsへ!

正社員が即日退職するには、退職代行を使うしかありません。

退職代行を使えば、連絡した次の日から会社に行かなくてもいいようになります。

即日退職できる退職代行といえば、退職代行Jobsへどうぞ。

退職代行Jobsは24時間対応で、今すぐツライ仕事を辞められますよ。

退職代行で唯一弁護士が監修しているため、法律的にも安心です。

合法的に即日退職したいなら、迷わず退職代行に頼りましょう!

今すぐ退職代行Jobsに無料相談する

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる