パワハラで即日退職する方法。わたしが”実質”即日退職した経験談

「パワハラがツライから退職したいけど、今すぐ辞める方法ってあるの?」と思っていませんか?

結論からいうと、ある方法を使えば正社員・パート・バイトだれでもパワハラで即日退職ができます。

本記事は、わたしの実体験をもとに即日退職する方法について解説しています。

パワハラがツライから即日退職したいと思っている人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

パワハラで”実質”即日退職する3つの方法

パワハラで”実質”即日退職する3つの方法

パワハラを受けている場合、”実質”即日退職をすることができます。

その方法は、以下の3つです。

  • 退職日まで有給を使う
  • 有給がなければ欠勤扱いでもOK
  • 確実なのは退職代行を使うこと

退職日まで有給を使う

有給が残っていれば、退職日まで有給を使えば”実質”即日退職ができます。

というのも、民法では以下のように定められています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:e-Gov法令検索

つまり、退職を申し出てから2週間経てば自動的に退職できることになっています。

とはいえ「明日から出社しません。退職日までは有給を使います」と主張するのは現実問題としてなかなか難しいでしょう。

おかもも

この方法は、法的には問題なくても実現性はあまり高くありません。

有給がなければ欠勤扱いでもOK

有給が2週間も残っていない場合は、退職日まで欠勤すればOKです。

前述のとおり、退職を申し出た日から2週間経てば自動的に退職になります。

要するに、退職日まで欠勤しても実質的に即日退職ができます。

ただし、この方法はパワハラ上司とモメる可能性が高いです。

パワハラ上司は、おそらくあなたの要望を聞き入れてくれないでしょう。

むしろこれがきっかけで、パワハラがさらに悪化することすらあります。

おかもも

いくら合法でも、パワハラ上司に通用する方法とは言い難いです。

確実なのは退職代行を使うこと

確実に即日退職をしたなら、退職代行を使うことです。

退職代行を使えば、即日退職ができます。

なぜなら退職代行を使うことで、ほとんどの会社が即日退職に合意するからです。

もともと、以下の条件にあてはまったときには、即日退職が認められています。

即日退職が認められるケース

  • 会社が即日退職に合意したとき
  • やむを得ない事情があるとき
  • 会社側に「非」があるとき

退職代行は、やむを得ない事情であなたが今後出社できない旨を伝えてくれます。

会社側としては出社しない社員を在籍させておくメリットはないため、即日退職に合意することがほとんどです。

もし同意を得られなかった場合でも2週間後には自動的に退職になり、それまでは有給消化か欠勤という形で話をつけてくれます。

要するに、退職代行はあなたが合法的に即日退職できるように会社に連絡してくれるサービスです。

退職代行のなかには弁護士が監修していて、即日退職が法的に問題ないことをきちんと説明してくれるサービスもあります。

弁護士が監修している退職代行サービスや、会社と交渉できる退職代行サービスについては別の記事にまとめています。

確実に即日退職したいと思っている人は、下記記事へどうぞ。

パワハラで即日退職するときの注意点

パワハラで即日退職するときの注意点

パワハラで即日退職をするとき、注意しないといけないことがあります。

それは、以下の4つです。

  • 無断欠勤はしない
  • 貸与品は返却する
  • 抑うつ症状があるときは診断書をもらっておく
  • パート・バイトは即日退職が難しい

無断欠勤はしない

即日退職をしたくても、無断欠勤は絶対NGです。

無断欠勤をすると、損害賠償請求をされるおそれがあります。

退職金がもらえなくなったり、転職でも不利になります。

無断欠勤は、リスクしかありません。

どれだけしんどくても、無断欠勤・バックレはやめてください。

貸与品は返却する

会社から借りているものがあるときは、返却する必要があります。

返却物の例としては、社員証やパソコン、制服などです。

このほかにも、会社から指定されたものがあれば返却してください。

返却物は、基本的には郵送すれば問題ありません。

おかもも

余談ですが、退職代行を使えばこのへんのやりとりも担当者がこまかく指示してくれます。

抑うつ症状があるときは診断書をもらっておく

もしも抑うつ症状が出ているなら、診断書をもらっておくといいでしょう。

抑うつ症状があるときは診断書をもらっておく

上記のような症状が出ている場合は、うつ病かもしれません。

うつ病だと診断されれば、正当な理由をもって即日退職ができます。

また診断書があれば、退職後に失業保険がもらえる期間が長くなる可能性が高くなります。

どちらにしても治療が必要になるから、心療内科や精神科を受診しておいてください。

パート・バイトは即日退職が難しい

じつは、パートやバイトが即日退職をするのは法律上難しいです。

なぜかというと、先ほどの民法627条は正社員にしか適用しないからです。

パート・アルバイト・契約社員は、雇用期間に定めがあるとみなされています。

そのため、基本的に即日退職はできません。

ところが、退職代行を使えばパート・アルバイトでも即日退職ができます。

退職代行を使うことで、会社が即日退職に合意するからです。

おかもも

パートの即日退職に関しては下記サイトで体験談が書かれていたので、よければ参考にどうぞ。

参考リンク

パワハラで即日退職するのは違法ではない理由

パワハラで即日退職するのは違法ではない理由

即日退職は、原則認められていません。

しかし、パワハラがあった場合は即日退職しても違法にならない理由があります。

  • パワハラは労働契約法違反である
  • 労働施策総合推進法にも違反している
  • 民法628条の「やむを得ない事由」にも該当

パワハラは労働契約法違反である

パワハラは、労働契約法第5条に違反しています。

第五条 使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

引用元:e-Gov法令検索

労働契約法では、上記のように定められています。

労働者の心身の安全が確保できていない会社は法律違反で、会社側に「非」がある状態です。

そして前述したとおり、会社側に「非」があるときは法律的に即日退職が認められています。

おかもも

つまりパワハラで即日退職するのは、法律的に問題ありません。

労働施策総合推進法にも違反している

パワハラは、労働施策総合推進法にも違反しています。

2019年に改正された労働施策総合推進法において、職場におけるパワーハラスメントについて事業主に防止措置を講じることを義務付けています。併せて、事業主に相談したこと等を理由とする不利益取扱いも禁止されています。

引用元:厚生労働省|職場におけるハラスメントの防止のために

この法律によって、全企業にパワハラ防止が義務化されています。

パワハラを放置している会社はあきらかに「非」があるため、即日退職が認められるケースに該当します。

民法628条の「やむを得ない事由」にも該当

民法でも、即日退職について以下のように規定されています。

第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

引用元:e-Gov法令検索

やむを得ない事由とは、心身の不調を含みます。

このことから、パワハラが原因で心身に不調をきたしているなら即日退職できることがわかります。

おかもも

民法628条はパート・バイト・契約社員にも適用になるから、やむを得ない事由があればパートでも即日退職が認められます。

パワハラで即日退職したいあなたに伝えたいこと

パワハラで即日退職したいあなたに伝えたいこと

パワハラで即日退職するのは違法じゃないことはわかったけど、でもやっぱり即日退職するのは勇気がいる。

そう悩むあなたに伝えたいことがあります。

  • 就業規則は絶対ではない
  • 即日退職しても訴えられることはほぼない
  • パワハラを我慢しても後悔しか残らない

就業規則は絶対ではない

たとえば就業規則で1ヶ月前に退職を申し出るよう決められていた場合、即日退職はできるのでしょうか?

答えは、「できる」です。

就業規則とは、会社が独自に制定した決まりです。

会社が独自に制定したものに、法的強制力はありません。

法的には、民法やその他の法律が優先されます。

といっても、就業規則にしたがわなくていいわけではありません。

なお、会社の就業規則において、「労働者は1ヶ月前に退職を申し出なければならない」と定められている場合、民法の規定を任意法規と解して、こうした特約が許されるとする見解もありますが、裁判例では、これを強行法規と解するものもあり、見解が分かれています。

引用元:福岡労働局

上記のように、この件については見解がわかれています。

ですが、パワハラの場合は即日退職を認めてもいいと考えるのが一般的で、人道的と考えられています。

即日退職をしても訴えられることはほぼない

即日退職したら、会社から訴えられるんじゃないの?

たしかに、即日退職をしようとするとトラブルが起こりやすいです。

会社から訴えられる可能性も、ゼロではありません。

けれど、ほとんどの場合訴えられることはないでしょう。

その理由は、裁判をしても会社にメリットがないからです。

じっさいわたしも即日退職をしたけど、会社と裁判沙汰になるようなことはありませんでした。

とはいうものの、無断欠勤やバックレをした場合は訴えられるかもしれないことは覚えておいてください。

パワハラを我慢しても後悔しか残らない

パワハラに耐えても、いいことはひとつもありません。

「仕事を辞めたら生活できなくなる」とか「まだ精神的に頑張れる」とか、思ってしまうのはよくわかります。

でも、どれだけ我慢しても結局は後悔するだけです。

むしろ、早く逃げたほうが早く立ち直れます。

再就職も、早ければ早いほどいいです。

なかなか勇気が出ない気持ちはわかりますが、このままではあなたはいつか壊れてしまうでしょう。

おかもも

わたしのように後悔したくないなら、どうか勇気を出してください。

パワハラで即日退職した人たちの体験談

パワハラで即日退職した人たちの体験談

最後に、即日退職をした人の体験談をツイッターで調査しました。

罪悪感も少しはあるけど後悔はない

わたしも、退職代行を使うことには罪悪感を感じました。

けれど、今ではまったく後悔していません。

即日退職するには勇気がいりますが、後悔していないという声はとても多かったです。

引き継ぎ関係なく辞められる

即日退職を迷うのは、引き継ぎができないからという意見も多かったです。

だけど退職代行を使えば即日退職ができるだけでなく、引き継ぎもせずに辞められます。

本当のところ、引き継ぎは義務ではありません。

だから、パワハラでしんどいなら引き継ぎのことは気にしなくてOKです。

残された人には申し訳ないですが、パワハラでツライなら致し方ないでしょう。

退職代行ですんなり即日退職できた

有給が残っていなくても、即日退職できた人もいました。

わたしの場合は有給の残り日数がわからなかったのですが、最終的には有給をフルで使ってから退職できました。

退職代行は退職のプロなので、有給が残っていなくても残日数がわからなくても対応してくれます。

そういった意味でも、即日退職をするには退職代行を使ったほうがいいでしょう。

即日退職を決めた自分に感謝

繰り返しになりますが、パワハラを我慢しても後悔しか残りません。

言い換えれば、早く決断したほうが人生がいい方向に進みます。

もちろん、次の仕事に不安を感じる気持ちもよくわかります。

それでもなお、鬱屈とした気持ちで過ごすよりは精神的にラクになれるでしょう。

引き止められたけど辞められた

引き止められたせいで、辞めたくても辞められないこともあるでしょう。

じつは、引き止めもパワハラの一種です。

上司との力関係に差があるから、引き止められると辞められません。

しかし引き止めで精神的にダメージを受けたなら、即日退職できる条件を満たすことになります。

おかもも

引き止めが直接の原因でなくても、仕事がツライなら即日退職できます。

パワハラでツライなら即日退職ができる!

パワハラでツライなら即日退職ができる!

パワハラでツライときは、即日退職ができます。

とはいっても法律的には2週間経たないと退職できないため、”実質”即日退職となります。

即日退職する方法は3つありますが、現実的に考えるなら退職代行を使うのが正解です。

パワハラに耐えても、得られるものはなにもありません。

体やこころがボロボロになる前に、どうか勇気を出して即日退職をしてください!

今の会社に不満があるあなたへ

今の会社に不満があるあなたへ

最後にひとつだけ、今の会社に不満があるあなたに伝えたいことがあります。

仕事を辞めたいけど、辞めたあとのことを考えるとなかなか退職に踏み切れない。

と、思うことはないですか?

パワハラや長時間労働でも我慢して働いているあなたに、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートというサービスをご紹介します。

社会保険給付金サポートとは、退職後に最大28ヶ月給付金を受け取れるようにサポートしてくれるサービスです。

本来受け取れるはずの給付金を受給することで、退職後の生活の不安が解消します。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、退職後に給付金を受け取ることができました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

社会保険給付金サポートの詳細は、無料WEB説明会で確認できます。

動画を見るだけで、ムリな勧誘はありません。

  • 年齢が20〜59歳
  • 退職日まで2週間以上〜3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している

上記の条件を満たしていれば、あなたも給付金を受け取れます。

すでに退職済み、社会保険の加入が1年未満など、場合によっては条件を満たしていなくても給付金を受給できる可能性があります。

説明会参加者には失業保険マニュアルのプレゼントもあるので、気になったら無料WEB説明会へどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次