一人暮らし貯金なしで転職する3つの方法と即退職してはいけない理由

この記事は、一人暮らし貯金なしで転職する方法について書いています。

一人暮らしで貯金がないけど、転職したい。

と、思っていませんか?

その気持ち、とてもわかります。

しかし貯金がない状態でやみくもに行動したら、あっという間に生活できなくなってしまいますよ。

でも、安心してください。

この記事では、貯金なしで転職を経験した筆者が書いています。

本記事を読めば、一人暮らし貯金なしでも転職する方法がわかりますよ。

この記事でわかること
  • 一人暮らし貯金なしで転職する方法
  • 一人暮らし貯金なしが即退職してはいけない理由
  • 一人暮らし貯金なしの人が今すぐやるべきこと

この記事を読めば、上記の3つがわかります。

結論からいうと、ベストなのは働きながら転職活動をすることです。

しかしあるサポートを使えば、いったん仕事をやめてゆっくり考える時間をつくることもできます。

どんなサポートを使えばいいかは記事の中で紹介しているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

一人暮らし貯金なしで転職する3つの方法

一人暮らし貯金なしで転職する3つの方法

一人暮らしで貯金なしの人が転職するには、以下の3つの方法があります。

  • 働きながら転職活動をする
  • 社会保険給付金サポートを使う
  • いったん実家に帰る
おかもも

ベストなのは、働きながら転職活動をすることです。

働きながら転職活動をする

転職活動には、お金がかかります。

転職活動にかかるお金とは、たとえば面接のための交通費や書類を送るための郵送費です。

生活費にプラスして転職でもお金がかかるので、貯金がないとすぐに生活ができなくなりますよ。

つまり生活に困らないようにするには、働きながら転職活動をするのがベストです。

ただし、働きながら転職活動をするのはめちゃくちゃ大変です。

そこで効率的に転職活動をするために、転職エージェントを使ってみてください。

転職エージェントは、あなたが転職しやすいようにサポートしてくれますよ。

おかもも

まずは、業界最大手のリクルートエージェントへ登録すればOKです。

リクルートエージェントの特徴
  • 利用・登録すべて無料
  • 転職支援実績ナンバーワン
  • 無料面接セミナーあり
  • 履歴書・職務経歴書を添削フォロー
  • 非公開求人数10万件以上

今すぐリクルートエージェントを無料で使ってみる

社会保険給付金サポートを使う

働きながら転職活動をするのがしんどいなら、社会保険給付金サポートを使えばOKです。

社会保険給付金サポートを使えば仕事を辞めたあとでも給付金がもらえるから、転職活動に専念できます。

一度仕事を辞めて、ゆっくり転職活動に専念したい。

仕事を辞めたいけど、貯金がない。

と思っているなら、社会保険給付金サポートを使いましょう。

ただし、利用にはいくつか条件があります。

くわしくは無料WEB説明会に参加して、確認してくださいね。

今すぐ無料WEB説明会を視聴する

いったん実家に帰る

一人暮らし貯金なしで転職するのは、正直難しいです。

なので、いったん実家に帰ることも選択肢のひとつとして考えておいてください。

実家に帰れば、生活費がかなり節約できます。

その節約できたお金を、転職活動の費用にあてましょう。

実家が地方にある場合は、ハローワークの求職活動支援金を申請してください。

面接や企業説明会に参加するための交通費や宿泊費が、全額支給されますよ。

おかもも

くわしくは、最寄りのハローワークに問い合わせてみてください。

一人暮らし貯金なしが即退職してはいけない3つの理由

一人暮らし貯金なしが即退職してはいけない3つの理由

一人暮らしで貯金がないなら、すぐに仕事を辞めるのはNGです。

その理由は、以下の3つです。

  • お金に困るから
  • すぐ転職できるとは限らないから
  • 精神的に追い詰められるから

ただしブラック企業で働いている場合は、今すぐ仕事を辞めてもOKです。

ブラック企業で働き続けるのは、とても危険です。

お金の心配はひとまずおいといて、なんとしても仕事を辞めてください。

お金に困るから

一人暮らしで貯金がないと、すぐにお金に困るようになります。

基本的に一人暮らしはコストがかかるので、それを維持するのに貯金なしでは無理です。

もしかしたらあなたは、失業手当をアテにしているかもしれません。

しかし失業手当は、もらえるまで通常3ヶ月くらいかかります。

おかもも

今すぐ仕事を辞めたら、失業手当をもらう前に生活が破綻してしまいますよ。

すぐに転職できるとは限らないから

すぐに転職先がみつかれば、貯金がなくてもなんとかなるでしょう。

しかし、あなたが思っているほどかんたんに転職先が見つからないことがあります。

すぐに転職できると思っていても、なかなか希望の条件にあう会社が見つからないのはよくあることです。

また転職活動が長期化すると、それだけ費用もかかります。

おかもも

転職活動を甘く見てると、痛い目をみることになります。

精神的に追い詰められるから

そもそも転職活動って、精神がけずられていく作業です。

転職活動では、ほとんど全ての人が不採用を経験します。

そして不採用が続くと、だんだん精神的に追い詰められていきます。

ここにさらにお金がないとなると、正常な精神状態を保つのは多分無理でしょう。

そのうち、どこでもいいから就職しなきゃと焦ってしまって、結果ブラック企業で働くことになるかもしれません。

おかもも

ブラック企業でなくても、興味もなくやりがいのない仕事を選んでしまうこともあります。

一人暮らし貯金なしが退職前にやること

一人暮らし貯金なしが退職前にやること

一人暮らしで貯金がないあなたに、仕事を辞める前にやっておいてほしいことがあります。

それは、以下の3つです。

  • 転職エージェントに登録する
  • 支出を少なくする
  • 勉強をはじめる

転職エージェントに登録する

仕事を辞める前に、まず転職エージェントに登録しておいてください。

その理由は、あなたがほんとうに転職すべきか客観的に判断するためです。

転職エージェントに相談してみると、あなたの市場価値がわかります。

その結果、実は転職する必要はないとわかるかもしれません。

おかもも

リクルートエージェントなら、たった5分で登録できますよ。

今すぐリクルートエージェントに無料登録する

支出を少なくする

貯金がないなら、支出を少なくして節約しましょう。

支出を少なくするのに一番手っ取り早いのが、固定費の見直しです。

固定費のなかでも、スマホ代の節約はかんたんで節約効果が大きいですよ。

たとえばスマホを楽天モバイルに乗り換えたら、めちゃくちゃ節約になります。

支出を少なくするなら、楽天モバイル一択です。

\楽天モバイルでスマホ代を節約しよう/

勉強をはじめる

転職活動をはじめる前に、あらかじめ勉強をはじめておくのもアリです。

勉強をしてスキルが身につけば転職に有利だし、副業だってできるようになります。

ただ転職活動をするとなると、勉強する時間がなかなかとれないですよね。

それなら、1日15分からはじめられるSHElikesで気軽に勉強をはじめてみましょう。

SHElikesはスキマ時間にオンラインで勉強できるから、あなたでもはじめられますよ。

SHElikesの特徴
  • 30代未経験でも一生モノのスキルが身につく
  • 完全オンラインで完結
  • 27の職種を定額・学び放題
  • 絶対に挫折しない仕組みアリ
  • キャリアチェンジ率90%
おかもも

ひとまず、無料体験レッスンへどうぞ。

\体験者には特典プレゼント中!/

一人暮らし貯金なしで転職するなら転職エージェントへ!

一人暮らし貯金なしで転職するなら転職エージェントへ!

一人暮らし貯金なしで転職したいなら、働きながら転職活動をするのがベストです。

しかし働きながら転職活動をするのは大変なので、転職エージェントをうまく利用しましょう。

働きながら転職活動をするなら、リクルートエージェントへどうぞ。

リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績ナンバーワン
  • 利用・登録すべて無料
  • キャリアアドバイザーによるフルサポート
  • 地方在住でもOK
  • 無料面接セミナーあり

今すぐ無料で利用する

もしお金のことが心配なら、退職コンシェルジュへどうぞ。

退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートを使えば、お金の心配をせずゆっくり転職活動ができますよ。

あなたの転職活動が、うまくいきますように!

働くのがツライと感じるあなたへ

ふつうに働くのがツライ。どうすればメンタル病まずに働けるんだろう。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んだり働くのがツラくても、休んだらお金に困るから休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえるとしたら、どうしますか?

なんだかあやしい勧誘みたいですね(笑)

しかし残念ながら、これは勧誘ではありません。

過去のわたしと同じように悩みながら働いているあなたに、伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になりますよね。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

実は傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」でも解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも確実に傷病手当金を受給できますよ。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでもかんたんに給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

(説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。)

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてはどうでしょうか。

この情報が、モヤモヤしながら頑張って働いているあなたの役に立ちますように!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる