一人暮らし貯金なしで転職する3つの方法と即退職してはいけない理由

「一人暮らし貯金なしだけど、転職したい」と、思っていませんか?

結論からいうと、一人暮らし貯金なしで転職するときは働きながら転職活動をするのが正解です。

本記事では、一人暮らし貯金なしで転職しても失敗しない方法について解説しています。

一人暮らし貯金なしで次の仕事が決まってないけど辞めたいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

目次

一人暮らし貯金なしで転職しても失敗しない3つの方法

一人暮らし貯金なしで転職する3つの方法

一人暮らし貯金なしで転職すると、失敗しやすいです。

失敗せずに転職したいなら、以下の方法を実践してください。

  • 働きながら転職活動をする
  • 傷病手当金を受給する
  • いったん実家に帰る

働きながら転職活動をする

一人暮らしで貯金がない場合は、働きながら転職活動をするのがベストです。

なぜなら、転職活動にはお金がかかるからです。

面接会場までの交通費や書類を送る郵送費は、あたりまえですが、自己負担です。

普段の生活費とあわせて転職活動のお金もかかるので、貯金がないとすぐに生活できなくなってしまうでしょう。

このままの生活を続けたいなら、働きながら転職活動をするしかありません。

ただし、働きながら転職活動をするのはかなりしんどいです。

でも転職エージェントを利用すれば、効率的に転職活動ができるようになります。

たとえば、リクルートエージェントは働きながら転職活動をするときに利用する人が多いです。

業界最大手のリクルートエージェントは、専門のキャリアアドバイザーが転職完了までフルサポートしてくれます。

しんどい転職活動をアドバイザーさんと二人三脚で進められるため、モチベーションを保ったまま転職活動ができるでしょう。

申込むだけならたった5分で完了するから、ひとまず申し込みだけでもサクッとどうぞ。

今すぐ無料申込する

傷病手当金を受給する

転職したい。でも今は精神的に余裕がないかも…

そういう場合は、ゆっくり休んでから転職活動をはじめたほうがいいでしょう。

精神的に疲れているときは、判断力が鈍ります。

判断力が低下すると焦って転職先を決めてしまい、あとで必ず後悔することになります。

後悔したくないなら、勇気を出して一旦休んでから転職活動に専念してください。

ゆっくり休みたいなら、傷病手当金を受給するといいでしょう。

傷病手当金とは
  • 病気やケガで働けないときに受給できる公的給付金
  • 最大1年6ヶ月受給可能
  • 給与の3分の2の額が支給される

傷病手当金は公的保険制度のひとつで、条件を満たせばだれでも給付金を受け取ることができます。

たとえば要件のうちの「病気やケガ」といってもその範囲は幅広く、以下のような症状が出ているなら傷病手当金を受給できる可能性がとても高いです。

傷病手当金を受給する

とはいえ傷病手当金は知名度が低いうえ、手続きが複雑で専門知識がないと申請はかなり難しいです。

そこで、傷病手当金の申請をサポートしてくれるサービスをご紹介します。

そのサービスとは、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートです。

社会保険給付金サポートとは、専任のプロが傷病手当金の申請方法から受給期間中の注意点までていねいにサポートしてくれます。

これまで1700人以上をサポートしてきた豊富な実績から、専門知識がない人でも傷病手当金を受給できるようになります。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用し、傷病手当金を受給することができました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

傷病手当金は最大1年6ヶ月受給でき、そのあいだはお金の心配をせずにゆっくり転職活動に専念できます。

1年半もあれば、転職活動で失敗することはほぼないでしょう。

社会保険給付金サポートを利用した口コミは、別の記事にまとめています。

傷病手当金を受給したいと思ったら、下記記事をご覧ください。

いったん実家に帰る

一人暮らし貯金なしで転職するのは、正直いって難しいです。

なので、最終手段として実家に帰ることも選択肢のひとつとして考えておいてください。

実家に帰れば、生活費をかなり節約できるはずです。

転職費用は、その節約できたお金を使えばいいでしょう。

当面は実家で生活しつつ、アルバイトをするのもアリです。

といっても、アルバイト期間が長くなると再就職が難しくなるから注意してください。

一人暮らし貯金なしが即退職してはいけない3つの理由

一人暮らし貯金なしが即退職してはいけない3つの理由

一人暮らしで貯金がないなら、すぐに仕事を辞めるのはNGです。

その理由は、以下の3つです。

  • お金に困るから
  • すぐ転職できるとは限らないから
  • 精神的に追い詰められるから
おかもも

ただしブラック企業で働いている場合は、今すぐ仕事を辞めてください。

お金に困るから

一人暮らし貯金なしで仕事を辞めてしまうと、すぐにお金に困るようになります。

一人暮らしは、家賃・光熱費など絶対にゼロにはできない支出があります。

それにくわえて税金や転職費用を捻出するには、貯金なしでは到底無理です。

もしかしたらあなたは、失業手当をアテにしているかもしれません。

ですが失業手当はもらえるまでタイムラグがあり、受給まではだいたい3ヶ月くらいかかります。

また失業手当はもらえる期間が短く、ぶっちゃけあまりアテになりません。

おかもも

失業手当だけで一人暮らしを維持するのは、ほぼ無理でしょう。

すぐに転職できるとは限らないから

すぐに転職先がみつかれば、貯金がなくてもなんとかなるでしょう。

けれど、あなたが思っているほどかんたんに転職先が見つからない可能性のほうが高いです。

すぐ転職できると思っていても、希望の条件にあう会社がなかなか見つからないのはよくあることです。

転職はご縁なので、運も大きく関係します。

おかもも

早く転職したくても、すぐに転職先が見つかるかはわかりません。

精神的に追い詰められるから

そもそも転職活動って、精神的に消耗するものです。

転職活動では、ほとんど全ての人が不採用を経験します。

そして不採用が続くと、だんだん精神的に追い詰められていきます。

そんな状態でさらにお金がないとなれば、まともな精神状態を保つのは多分無理でしょう。

そのうち、「どこでもいいから転職したい」と焦って、ブラック企業で働くことになるかもしれません。

おかもも

転職はただでさえ消耗するんだから、心配事はひとつでも少ないほうがいいです。

一人暮らし貯金なしが退職前にやること

一人暮らし貯金なしが退職前にやること

一人暮らしで貯金がないあなたに、仕事を辞める前にやっておいてほしいことがあります。

それは、以下の3つです。

  • 転職エージェントに登録する
  • 支出を少なくする
  • 空き時間を有効活用する

転職エージェントに登録する

仕事を辞める前には、転職エージェントの登録は必須です。

その理由は、あなたがほんとうに転職すべきか客観的に判断するためです。

転職エージェントに相談してみると、あなたの市場価値がわかります。

その結果、実は転職する必要はないとわかるかもしれません。

転職すべきかどうか知りたいなら、リクルートエージェントへ。

リクルートエージェントは、これまでの膨大なデータからあなたの市場価値を分析してくれます。

おかもも

相談だけで利用する人も多いので、お気軽にどうぞ。

支出を少なくする

貯金がないなら、支出を少なくして節約するのも大事です。

支出を少なくするのに一番手っ取り早いのが、固定費の見直しです。

固定費のなかでもスマホ代の節約はかんたんで節約効果が大きいから、ぜひやってみてください。

ちなみにわたしはスマホを楽天モバイルに乗り換えたら、めちゃくちゃ節約できました。

iPhoneがどこよりも安く使えるのも、楽天モバイルのメリットです。

少しでもお金を節約したいなら、スマホの乗り換えも検討してみてください。

空き時間を有効活用する

貯金がない場合は、空き時間を有効活用する習慣をつけておくといいでしょう。

不用品をフリマサイトで売ったり、ポイ活をすれば、収入が増えます。

ほかにも、アンケートモニターをやったり、クラウドソーシングをはじめるのもおすすめです。

月数千円程度の収入ですが、貯金がないときはこれが命綱になります。

おかもも

今から副業をはじめて、コツコツ副収入を作っておくのもアリです。

一人暮らし貯金なしで転職するなら転職エージェントへ!

一人暮らし貯金なしで転職するなら転職エージェントへ!

一人暮らし貯金なしで転職したいなら、働きながら転職活動をするのがベストです。

しかし働きながら転職活動をするのは大変なので、転職エージェントをうまく利用しましょう。

あるいは、傷病手当金を受給しつつゆっくり転職活動をするのもアリです。

一人暮らし貯金なしでも、現状を変えられます。

大変だと思いますが、あなたの転職活動がうまくいくように祈っています!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次