仕事辞めたいけどお金がないときの解決方法ベスト10【実体験】

本記事では、仕事を辞めたいけどお金がないときの解決方法について解説しています。

筆者の実体験をもとに、仕事を辞めたいけどお金がない状況から抜け出す方法をランキング形式でまとめました。

「仕事を辞めたいけど、お金がないから辞められない」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

目次

仕事辞めたいけどお金がないときの解決方法ベスト10

仕事辞めたいけどお金がないときの解決方法ベスト10

仕事を辞めたいけどお金がないとき、以下のような解決方法があります。

  1. 失業保険を受給する
  2. スキルを身につける
  3. 働きながら転職活動をする
  4. ボーナス後に辞める
  5. 生活費を見直す
  6. アルバイトをする
  7. 副業をはじめる
  8. 休職する
  9. 税金の減免申請を検討する
  10. 公的制度を利用する
おかもも

わたしの実体験をもとに、ランキング形式でお伝えします。

1位:失業保険を受給する

仕事を辞めたいけどお金がないときは、失業保険を受給してください。

失業保険を受給すれば、お金の心配から解放されるでしょう。

ただし、たいていの場合、失業保険は3ヶ月程度しか受給できません。

正直なところ、3ヶ月分の失業保険ではお金の心配からは逃れられないでしょう。

けれど傷病手当金という制度を利用すれば、受給期間を最大28ヶ月に延長できます。

傷病手当金とは
  • 公的保険制度のひとつ
  • 最大18ヶ月受給可能
  • 給与の3分の2の額が支給される

傷病手当金と失業保険を組み合わせることで、最大28ヶ月給付金が受け取れるようになります。

受給期間

といっても、傷病手当金の申請手続きは複雑で難しいです。

そこで、傷病手当金と失業保険の申請をサポートしてくれるプロをご紹介します。

そのプロとは、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートです。

このサポートを利用すると、自分で申請する場合と比べて8〜10倍の給付金を受給できます。

サポート実例

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、給付金を受給できました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートについては、別の記事でくわしく解説しています。

気になったら、下記記事をご覧ください。

2位:スキルを身につける

お金がないと困っているなら、副業で収入を増やすか、今よりも給料のいい仕事へ転職すればOKです。

副業するにしても転職するにしても、スキルアップしておく必要があるでしょう。

スキルアップすれば、今すぐではないですが、近いうちにかならず収入がアップします。

今後のことを考えて、副業・転職に役立つスキルを身につけておいてください。

3位:働きながら転職活動をする

スキルアップできていなくても、働きながら転職活動をすればお金に困ることはありません。

空白期間がゼロなら、給料がもらえない期間が発生しないからです。

しかし、働きながら転職活動をするのはめちゃくちゃ大変です。

わたしも働きながら転職活動をしたことがありますが、多忙すぎて体調を崩してしまいました。

働きながら転職活動をするときは、リクルートエージェントを利用すれば効率よく転職活動をすすめられます。

リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績ナンバーワン
  • 非公開求人数10万件以上
  • 地方での転職もOK
  • 利用・登録すべて無料
  • 入社前に年収交渉が可能

リクルートエージェントは、転職したほうがいいか相談することもできます。

お金がないから転職したいけど、今よりも給料のいいところで働ける?

といった疑問にも、具体的な求人情報を見ながらアドバイスをくれますよ。

もちろん、相談してからやっぱり転職を辞めてもOKです。

たった5分で利用できるので、申込みだけでもどうぞ。

今すぐ無料申込する

4位:ボーナス後に辞める

ボーナスがもらえるなら、ボーナス後に辞めるのも選択肢のひとつです。

ボーナスは、多ければ給料の2〜3ヶ月分あります。

それだけお金があれば、当面は生活できるでしょう。

もしかしたらあなたは「ボーナスをもらってから辞めるのは、うしろめたい」と思うかもしれません。

ですが、ボーナス後に仕事を辞める人は意外と多いです。

4位:ボーナス後に辞める
引用元:Sirabee

上記の調査からわかるように、ボーナス直後に仕事を辞めたことがある人は15%以上います。

なのであまり気にせず、思い切ってボーナス後に辞めても問題ありません。

5位:生活費を見直す

お金がないときは、収入だけでなく支出についても考え直す必要があります。

具体的には、生活費を見直してください。

生活費のなかでも、固定費を見直せばかなり節約できます。

ちなみにわたしは、スマホを楽天モバイルにしたら通信費がめちゃくちゃ安くなりました。

ほかのキャリアよりもiPhoneが安く買えるのも、楽天を選んだポイントです。

キャンペーンは時期によって変わりますが、お金がないならスマホの乗り換えも検討してください。

楽天モバイル公式サイトはこちら

6位:アルバイトをする

アルバイトで固定の副収入を得られれば、仕事を辞めたくなったらすぐに辞められます。

アルバイトは、働いた分だけお金になります。

アルバイト代をすべて貯金すれば、お金がないと悩む必要がなくなるでしょう。

とはいえ、アルバイトをすると会社の人にバレてしまいます。

その結果、会社で気まずい思いをするかもしれません。

おかもも

とくに副業禁止の会社では、アルバイトをするのはリスクが高いです。

7位:副業をはじめる

アルバイトは即金性がありますが、バレるリスクが高いです。

会社にバレずに副収入を得るには、副業をすればOKです。

たとえばクラウドソーシングを利用して個人で案件を受注すれば、会社にバレることなく副収入ができます。

個人で受注できる案件は、クラウドワークスなどの専用サイトで探せばたくさん見つかります。

8位:休職する

一度仕事から離れて、ほんとうに今の仕事を辞めたいかどうか考えるのもアリです。

仕事から離れるなら、休職を検討してみてください。

休職すれば、今まで働いていた時間をすべて自分の時間にすることができます。

ゆっくり休んで、これから先の人生をどうするかじっくり向き合ってみてもいいでしょう。

9位:税金の減免申請を検討する

どれだけ生活費を節約できても、税金は支払わなければいけません。

でも、仕事を辞めて収入が不安定になったときは減税・免除してもらえる税金があります。

減額・免除してもらえる税金

  • 国民年金保険料
  • 国民健康保険料
  • 住民税

わたしの場合は、国民年金保険料は全額免除。

国民健康保険料が約6割減額、住民税は約7割減額してもらえました。

おかもも

くわしくは、住んでいる市町村の窓口に問い合わせてください。

10位:公的制度を利用する

お金が心配なときのために、働けないときに利用できる公的制度に関しても知っておくといいでしょう。

例をあげるとすると、家賃が支払えなくなったときは住宅確保給付金を受給できます。

ほかにも、スキルアップしつつ給付金がもらえる職業訓練という制度もあります。

いざというときは生活保護を受けることも検討しつつ、公的なセーフティネットを最大限活用してください。

仕事辞めたいけどお金がない人こそ退職すべき3つの理由

仕事辞めたいけどお金がない人こそ退職すべき3つの理由

お金がないと悩む人こそ、仕事を辞めたほうがいいです。

その理由は、以下の3つです。

  • 仕事を辞めても生活できるから
  • 時間のムダだから
  • お金がない状況から抜け出せないから

仕事を辞めても生活できるから

お金がない状態で仕事を辞めても、生活できるから安心してください。

その理由は、先ほど説明したとおり、失業保険を受給できるからです。

たしかに、失業保険をもらえても働いていた頃より収入は減ります。

けれどわたしは、仕事を辞めてからのほうがお金に余裕ができました。

本を好きなだけ買って、たまに推しのイベントに遠征して、それでも毎月黒字です。

今は毎月ギリギリの生活だったとしても、仕事を辞めたら昼食代や飲み代が節約できるから、逆に余裕ができます。

おかもも

仕事を辞めるのは、収支をリセットするチャンスです。

時間のムダだから

あなたは、辞めたいと思っている今の仕事を楽しいと思えていますか?

答えはきっと、ノーのはずです。

辞めたいと思った時点で、仕事に対するモチベーションは下がっているはずです。

このままダラダラ続けても、遅かれ早かれいつか辞めることになるでしょう。

どうせ辞めるなら、早いほうがいいに決まってます。

楽しくない仕事を続けても一向に成長できないし、時間のムダでしかありません。

お金がない状況から抜け出せないから

そもそもお金の心配をするのは、お金がないからです。

どうしてお金がないかというと、今の給料では不十分だからです。

このまま今の仕事を続けても、ほとんど給料は上がらないでしょう。

それでは、いつまで経ってもお金がない状況からは抜け出せません。

もちろん、節約すれば少しは金銭的に余裕ができます。

ですが収入が少ないままでは、根本的には問題は解決できません。

仕事辞めたいけどお金がない?退職後にかかる費用とは

仕事辞めたいけどお金がない?退職後にかかる費用とは

仕事を辞めたいけど、お金がないと仕事を辞められないと思います。

しかし、仕事を辞めたあとはあまり多くのお金は必要ありません。

そこで、退職後に必要なお金について解説します。

退職後にかかる費用は、おもに以下の3つがあります。

  • 生活費
  • 税金
  • 転職活動用の費用
おかもも

退職後にどれくらいお金がかかるのかわかれば、今すぐにでも仕事を辞められるかもしれません。

生活費

まず、生活するのに最低でどれくらいのお金がいるのか知っておく必要があります。

最低でもいくらあれば生活できる、というのは人によって違います。

けれど、ふつうの生活をするならたくさんのお金は必要ありません。

たとえばわたしは、年間200万円あったらゆたかに生活できることがわかりました。

下記の本では、年間200万円暮らしのリアルな収支を知ることができるので参考にどうぞ。

税金

税金も、生活していく上で絶対かかります。

といっても、繰り返しになりますが、いくつかの税金は減免申請ができます。

上記のツイートは、わたしがじっさいに減免申請をしたときのものです。

おかもも

自治体によって対応が違うので、社保→国保に切り替えるときについでに聞いてみてください。

転職活動の費用

転職活動をする場合は、転職活動にもお金がかかります。

どんなお金がかかるのかというと、交通費や通信費です。

交通費や通信費は、転職活動期間が長くなるとだんだんイタイ出費になってきます。

ただ遠方の会社に面接に行った場合は、求職活動支援金という制度が使えます。

求職活動支援金は、ハローワークで申請できます。

遠方の企業説明会や面接に参加するのに必要な交通費や宿泊費が全額支給されるから、ぜひ活用してください。

おかもも

くわしくは、最寄りのハローワークへ。

全国ハローワークの所在案内はこちら

お金がなくても今すぐ仕事を辞めないとヤバイ人

お金がなくても今すぐ仕事を辞めないとヤバイ人
  • ブラック企業で働いている人
  • 精神的に限界な人

上記にあてはまったら、お金がなくても今すぐ仕事辞めないとヤバイです。

なぜなら、このままだとあなたの体とこころが壊れてしまうからです。

お金よりもあなたの命を最優先して、今すぐ仕事を辞めてください。

ブラック企業で働いている人

もしあなたがブラック企業で働いているなら、今すぐ仕事を辞めないとヤバイです。

ブラック企業で働いていると、働きながら転職活動や副業ができません。

働いても働いてもお金は増えず、永遠にお金がない状況から抜け出せないでしょう。

ブラック企業は、あなたのこころまで洗脳してきます。

ブラックな働きかたが染みつく前に、一刻も早く仕事を辞めてください。

精神的に限界な人

精神的に限界な人も、今すぐ仕事を辞めてください。

まだ頑張れると思っても、気づいたときにはすでに手遅れになってしまう人が多いです。

手遅れになったら、最悪の場合、生きることさえ難しくなってしまいます。

ツラさやしんどさは、人それぞれ感じ方が違います。

あなたがどれだけツライかは、ほかの誰にもわかりません。

だから自分の気持ちと素直に向き合って、しんどいときは逃げてください。

今すぐ仕事を辞めたいときは、退職代行Jobsへどうぞ。

退職代行Jobsなら、申込が完了した日から会社に行かなくてよくなります。

相談するだけなら、お金はかかりません。

今すぐ辞めなきゃヤバイ条件に該当したら、一度相談だけでもしてみてください。

  • 弁護士監修+労働組合提携のハイブリッド型
  • 最短30分で退職できる
  • 有給消化◎
  • 相談だけなら無料
  • 転職サポートあり
相談はメール・LINE・電話で、24時間365日受付中

仕事辞めたいけどお金がないという人に足りないもの

仕事辞めたいけどお金がないという人に足りないもの

お金がなくて仕事を辞められないと悩んでいるあなたは、ズバリ以下の2つが足りていません。

  • 仕事を辞める覚悟
  • 次へ進む行動力

仕事を辞める覚悟

あなたには、仕事を辞める覚悟が足りません。

仕事を辞めたいと迷っている時点で、辞めたい気持ちはかなり強いはずです。

それなら覚悟を決めて、スパッと仕事を辞めたほうがいいでしょう。

いろいろ迷うことがあるのは、わかります。

けれど、迷っているだけ時間のムダです。

ズルズル迷ってると、何年も時間をムダに過ごしてしまうかもしれません。

人生の貴重な時間をムダにしたくないなら、覚悟を決めてください。

次へ進む行動力

あなたは、次へ進む行動力も欠けています。

辞めたいけど辞められないと迷っているあいだでも、次へ進む行動ははじめられます。

具体的には、副業や転職活動は今すぐにでもできます。

ただ悩むだけじゃなくて、とにかく行動をはじめてください。

悩むのは、行動しながら悩めばOKです。

おかもも

ひとつ確かなことは、行動しないと未来は開かないということです。

仕事辞めたいけどお金がないなら、失業保険を受給しよう!

仕事辞めたいけどお金がないなら、失業保険を受給しよう!

仕事を辞めたいけどお金がないときは、失業保険を受給すればOKです。

ただ失業保険を受給するだけじゃなくて、傷病手当金も組み合わせればお金がなくても仕事を辞められます。

お金の余裕ができれば、精神的にも余裕ができます。

今の状況から抜け出すために、やれることからやっていってください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次