退職理由が精神的に限界な時の伝え方とは?5つのコツを伝授します

「精神的に限界だから退職したいけど、こういうときってどうやって伝えたらいいの?」と、悩んでいませんか?

結論からいうと、精神的に限界なら伝え方を考えるより退職することを優先すべきです。

本記事では、退職理由が精神的に限界なときの伝え方のコツと、スムーズに辞める方法について解説しています。

退職理由が精神的に限界なときの退職届の書き方も、例文とともにご紹介します。

精神的に限界だけど退職理由をなんて伝えたらいいかわからない人は、ぜひ参考にしてください。

目次

退職理由が精神的に限界なときの伝え方5つのコツ

退職理由が精神的に限界なときの伝え方5つのコツ

精神的に限界なとき、退職理由を伝えるにはコツがあります。

そのコツとは、以下の5つです。

  • 退職希望日を決めておく
  • 退職届を用意する
  • 一身上の都合と伝える
  • 直属の上司にだけ伝える
  • あえて理由を正直に話す

退職希望日を決めておく

精神的に限界なときは、1日でも早く仕事を辞めたいと思うのではないでしょうか。

なので、退職を切り出すときは「◯月◯日で退職します」と具体的な退職希望日を伝えるといいでしょう。

あらかじめ退職希望日を伝えておけば、退職日を引き伸ばされる可能性が低くなります。

法的には、2週間前に退職を伝えればOKです。

ただし就業規則に規定があるなら、そちらにしたがったほうがいいでしょう。

また、退職を伝えたあとは気まずくなりやすいです。

そのため、退職希望日までは最短にしておくのがおすすめです。

退職届を用意する

退職を伝えるときは、退職届を用意しておくのも大事です。

退職届があれば、退職の意思が固いことを伝えられます。

退職したいかどうかはっきりしていないと、引き止められる可能性があります。

引き止められたり、退職日を引き伸ばされると、あなたの精神状態はどんどん悪くなるでしょう。

たしかに、退職届を用意しても引き止められることもあるかもしれません。

ただ退職届があるほうが、あなたの本気度が伝わりやすいです。

一身上の都合と伝える

退職理由を、一身上の都合と伝えるのもコツのひとつです。

精神的に限界といっても、感じ方は人それぞれ違います。

あなたの伝え方によっては、「もうちょっと頑張れるだろう」と相手に思われてしまうかもしれません。

実は、退職理由は正直に話す必要はありません。

じっさい、約半数の人は嘘の退職理由で辞めています。

一身上の都合と伝える
引用元:人事のミカタ

つまり、一身上の都合と伝えればくわしい事情を説明しなくても辞められます。

直属の上司にだけ伝える

あなたがほんとうに精神的に限界なら、退職のことは直属の上司にだけ伝えてください。

辞めようと思っていることを、社内のいろんな人に言うのは危険です。

なぜなら、いろんな人から引き止められる可能性が高くなるからです。

たくさんの人から引き止められたら、あなたは退職の話をなかったことにしたくなるかもしれません。

しかし、引き止められても精神的には回復しません。

その結果体もこころもボロボロになって、いずれ辞めざるを得なくなるでしょう。

あえて理由を正直に話す

上司が理解のある人なら、あえて正直に理由を話してもいいでしょう。

理解のある人なら、あえて正直に話すことで状況がよくなることがあるからです。

たとえば、あなたのストレスが減るように仕事内容を見直してもらえるかもしれません。

勤務時間や労働条件も、柔軟に対応してもらえる余地があります。

もちろん、本気で辞めたいことを伝えたいなら退職届は作っておいたほうがいいでしょう。

退職理由が精神的に限界なときスムーズに辞める方法

退職理由が精神的に限界なときスムーズに辞める方法

精神的に限界だから辞めたいと伝えると、引き止められるかもしれません。

スムーズに辞めたいなら、以下の3つの方法を試してください。

  • 辞める覚悟を決める
  • 具体的な証拠を出す
  • 最終的には退職代行を使う

辞める覚悟を決める

精神的に限界なときは、辞めるという意思を強く持ってください。

辞める意思が弱いと、引き止められてズルズルと辞められなくなります。

今の状況から抜け出さないと、あなたの精神的なストレスが減ることはほぼありません。

精神的に限界なら、覚悟を決めて退職に向けて動いてください。

なかなか覚悟ができないと、いつまでも引き止められてしまいます。

おかもも

最悪の場合、体もこころもボロボロになって再起不能になってしまいます。

具体的な証拠を出す

退職理由は、基本的には一身上の都合でOKです。

ですが、ごくまれにくわし事情を聞かれることがあります。

そんなときのために、具体的な証拠を出すのも選択肢のひとつです。

具体的な証拠とは、医師による診断書です。

わたしの場合でいえば、精神科の医師に診断書を書いてもらっていました。

診断書があることで、よりスムーズに辞められるようになります。

最終的には退職代行を使う

精神的に限界でもうダメだと思ったら、退職代行を使うといいでしょう。

ほとんどの退職代行では、即日退職が可能です。

精神的に限界でエネルギーが残っていなくても、スマホひとつで退職できます。

退職代行サービスによっては、無料でカウンセリングが受けられるところもあります。

とはいえ、悪徳業者やブラック退職代行があるのも事実です。

精神的に限界なときは、どこの退職代行を使うかが運命の分かれ道になります。

わたしの実体験から、信用できる退職代行については別の記事でくわしく解説しています。

精神的に限界で辞めたいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

【例文あり】精神的に限界なときの退職届の書き方

精神的に限界なときの退職届の書き方の例

先ほどお伝えしたとおり、精神的に限界なときでも退職届には「一身上の都合」と書けばOKです。

例として、退職届のテンプレを作成しました。

退職届のテンプレ

退職「願」ではなく、退職「届」と書いてください。

退職願だと、退職をお願いするだけになります。

退職は決定事項だということを示すために、「退職届」と書いてください。

補足情報

退職届
退職願
  • 退職を決定事項として伝える書類
  • 却下されない
  • 退職をお願いする書類
  • 却下されるおそれがある

退職届も退職願も、必ずしも必要ではありません。

どちらも、口頭で伝えてもOKです。

ただ精神的に限界なときは、退職届で退職の意思を伝えたほうがいいでしょう。

精神的に限界なのに我慢するリスク

精神的に限界なのに我慢するリスク

精神的に限界なのを我慢すると、いくつかリスクが発生します。

  • 退職の機会を逃す
  • 体調を崩す
  • うつ病になる

「精神的に限界だけど退職を言い出せない」というときは、以下を読んで退職の覚悟を決めてください。

退職の機会を逃す

精神的に限界なのを我慢したら、退職の機会を逃すことになります。

一度精神的に限界を感じた仕事は、遅かれ早かれ辞めることになるからです。

一度は我慢してなんとかなっても、近いうちにまた限界がくるでしょう。

それなら、今のタイミングで辞めたほうが賢明です。

この機会を逃したら、気づいたときには再起不能になっているかもしれません。

体調を崩す

こころと体は、つながっています。

つまり、精神状態が悪くなると体調面でも悪影響がでてきます。

たとえばわたしの場合は、ストレスで胃が痛くなったりひどいめまいに悩まされたりしました。

体調を崩すと日常生活ができないし、精神的にもさらにしんどくなっていきます。

我慢したことが原因で、一生治らない病気になる可能性もあります。

うつ病になる

我慢してしまうと、最悪の場合、うつ病になってしまいます。

うつ病になると、社会復帰するまでにかなり時間がかかるでしょう。

うつ病になったからといって、決して悲観することはありません。

ですが、ほとんどの人はうつ病になった戸惑いや後悔で長期間の療養が必要になります。

それにより働けない期間ができ、働く感覚を忘れてしまう人も多いです。

おかもも

精神的に限界なのを我慢すると、その後しばらくは、もっと我慢しないといけなくなるかもしれません。

退職を決めたら精神的に限界になる前にやっておくこと

退職を決めたら精神的に限界になる前にやっておくこと

精神的に限界になると、普通にできたことができなくなってしまいます(経験談)

だから退職をしたいと思ったら、精神的に限界になる前に準備をしておくといいでしょう。

退職前に準備しておくことは、以下の3つです。

  • 貯金をする
  • 引き継ぎ資料を作る
  • 副業をはじめておく

貯金をする

いざ仕事を辞めてもお金に困らないように、貯金をしておくのはとても重要です。

仕事を辞めたら、ほとんどの場合、収入がなくなります。

収入がなくなると、精神的にも余裕もなくなってしまうでしょう。

貯金をするには、ムダな支出を減らすことが大事です。

今のうちに使ってないサブスクを解約してみたり、固定費を見直したりしておいてください。

引き継ぎ資料を作る

辞めたいと伝えると、「後任の引き継ぎが見つかるまで待ってほしい」と引き止められることがあります。

そんなとき対応できるように、引き継ぎ資料をあらかじめ作っておくことを推奨します。

具体的には、社用PCのID・パスワードや、あなたしか管理していない情報をまとめておくといいでしょう。

ほかには、各業務の関係者の名前や連絡先も記載しておけば完璧です。

といっても、引き継ぎは義務ではありません。

もし引き継ぎ資料を作る余裕がなくても、自分を責めないでください。

副業をはじめておく

精神的にまだ余裕があるなら、副業をはじめておくといいでしょう。

副業で決まった収入があれば、金銭的にも精神的にも余裕ができるからです。

これから副業をはじめるなら、WEBデザイナーがイチオシです。

上記の調査のように、技術の進歩にともないIT系はつねに人手を募集しています。

そのなかでもWEBデザイナーは在宅でも働けるから副業として人気があります。

おかもも

初心者でもできる副業については、下記記事をご覧ください。

精神的に限界になる前に退職の意思を伝えよう!

精神的に限界になる前に退職の意思を伝えよう!

仕事を辞めたいと思ったら、精神的に限界になる前に退職の意思を伝えるのがベストです。

ほとんどの場合、限界だと気づいたときには何もできなくなってしまっています。

そのまま放置したら、心身ともにボロボロになってしまうでしょう。

もうすでに精神的に限界なら、今すぐ退職代行を使って退職することを最優先してください。

心身がボロボロになってしまったら、社会復帰までにめちゃくちゃ時間がかかります。

あなたのこころが壊れてしまう前に、どうか退職できますように!

今の会社に不満があるあなたへ

今の会社に不満があるあなたへ

最後にひとつだけ、今の会社に不満があるあなたに伝えたいことがあります。

仕事を辞めたいけど、辞めたあとのことを考えるとなかなか退職に踏み切れない。

と、思うことはないですか?

パワハラや長時間労働でも我慢して働いているあなたに、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートというサービスをご紹介します。

社会保険給付金サポートとは、退職後に最大28ヶ月給付金を受け取れるようにサポートしてくれるサービスです。

本来受け取れるはずの給付金を受給することで、退職後の生活の不安が解消します。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、退職後に給付金を受け取ることができました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

社会保険給付金サポートの詳細は、無料WEB説明会で確認できます。

動画を見るだけで、ムリな勧誘はありません。

  • 年齢が20〜59歳
  • 退職日まで2週間以上〜3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している

上記の条件を満たしていれば、あなたも給付金を受け取れます。

すでに退職済み、社会保険の加入が1年未満など、場合によっては条件を満たしていなくても給付金を受給できる可能性があります。

説明会参加者には失業保険マニュアルのプレゼントもあるので、気になったら無料WEB説明会へどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次