仕事辞めたら人生楽しすぎ!30代で辞めてよかった7つの理由

本記事は、仕事辞めたら人生楽しすぎてびっくりしている30代筆者の体験談を書いています。

「仕事を辞めたいけど、なかなか辞める勇気が出ない」と悩んでいた筆者が、30代で仕事辞めたら人生楽しすぎになりました。

「仕事辞めたら人生楽しすぎなんて、おおげさ…」と思っている30代は、ぜひ参考にしてください。

目次

仕事辞めたら人生楽しすぎ!30代で辞めてよかった理由

仕事辞めたら人生楽しすぎ!30代で辞めてよかった理由

私が30代のうちに仕事を辞めてよかったと思う理由は、以下の7つです。

  • 自由な時間が手に入るから
  • ゆっくり自分を見つめ直せるから
  • 精神的に安定するから
  • 人間関係に悩まされなくなるから
  • 人生観が変わるから
  • 転職しやすいから
  • 新しいスキルを身につけられるから
おかもも

わたしは30代のうちに仕事を辞めて、本当によかったと思っています。

自由な時間が手に入るから

仕事を辞めると、自由な時間が手に入ります。

残業はもちろん、ムダな飲み会や通勤時間もなくなります。

会社勤めをしてたら、平日の昼間なんてどこにも行けないですよね。

でも、仕事を辞めたら平日の昼間でも買い物や映画に行けるようになります。

プライペートの時間が充実するから、人生がどんどん楽しくなっていきます。

ゆっくり自分を見つめ直せるから

自由な時間が手に入ることで、ゆっくり自分を見つめ直す時間ができます。

ほんとうにやりたかったことや、好きなものについて思う存分考えられるようになります。

仕事で毎日忙しいと、大切なことを見失いがちです。

でも、仕事を辞めたら納得するまで人生について見直せます。

自分を見つめ直すなら、30代がベストです。

おかもも

やり残すことがないよう、30代のうちに人生について考えておいたほうがいいでしょう。

精神的に安定するから

仕事を辞めたら、精神面がかなり安定します。

仕事を辞めてみてはじめて、仕事にどれだけ振り回されていたかに気づけます。

この精神の安定具合は、仕事を辞めた人にしか理解できないでしょう。

たとえばわたしは、やりがいのない仕事を押し付けられるのがイヤでたまりませんでした。

しかし仕事を辞めたおかげでモヤモヤがなくなり、精神的にとても安定できています。

人間関係に悩まされなくなるから

仕事をしていると、めんどくさい人間関係ってありますよね。

けれど、仕事を辞めてしまえば人間関係がシンプルになります。

お茶くみを強要する上司や、プライベートな話を聞きたがる同僚。

セクハラっぽいことを言ってくる取引先の人など、仕事上のめんどくさい人間関係から一切縁を切れます。

わたしは仕事の人間関係で悩まなくなって、こころがかなりスッキリしました。

人生観が変わるから

仕事を辞めると、人生観も変わります。

30代になると、劇的になにかが変わることって少ないです。

でも仕事を辞めると人生観が変わり、今までよりも確実に視野が広がります。

わたしの場合だと、それまでは会社員として働かないと生きていけないと思っていました。

だけど、実際は会社員じゃなくても働く方法は無限にあることに気づきました。

おかもも

人生観が変わったことで、より自分らしく生きていけそうです。

転職しやすいから

30代のうちなら、たとえ仕事を辞めても転職しやすいです。

転職しやすいから

引用元:doda

上記のように、転職成功者の年齢は年々上昇しています。

この調査から、今後も30代は転職しやすいことがわかるでしょう。

社会人としての常識が身についている30代は、転職先でも即戦力になります。

新しいスキルを身につけられるから

30代なら、新しいスキルを身につけることもできます。

未経験の分野や異業種にチャレンジするなら、30代がラストチャンスです。

なぜなら、30代は体力精神力ともに充実している時期だからです。

現に、キャリアアップのために勉強している30代はとても多いです。

仕事辞めたら人生楽しすぎた30代の私の体験談

仕事辞めたら人生楽しすぎた30代の私の体験談

勇気を出して仕事を辞めた結果、わたしの人生は大きく変わりました。

  • 自己肯定感があがって生きづらさが消えた
  • 人間関係がよくなった
  • 毎日楽しいと思える心の余裕ができた

自己肯定感が上がって生きづらさが消えた

わたしは、会社員時代、否定されているような気持ちになることが多かったです。

その理由は、おそらくパワハラ・モラハラが原因だと思います。

会社員時代は無視されたり、わたしだけ業務上の連絡が来ないことがありました。

けれどそういう日々から抜け出すと、自然と自己肯定感は上がっていきました。

毎日自己嫌悪でモヤモヤしていたときとは比べモノにならないくらい、今はとても生きやすいです。

おかもも

もう二度とお茶くみしなくていいと思うと、自分でもびっくりするくらい気持ちがラクになりました。

人間関係がよくなった

仕事を辞めたら、仕事上のイヤな人間関係に悩まされることがなくなりました。

その分、大切にしたいと思う人との関係を大事にできるようにもなりました。

仕事の人間関係で十分苦しんだから、これから先はできるだけ人間関係で悩みたくないと思っていたんです。

だから仕事を辞めたのを機に、合わない人との関係も整理しました。

その結果大切な人だけと交流できるようになり、人間関係がとてもよくなっています。

おかもも

仕事を辞めたことが、人間関係を整理するきっかけになりました。

毎日楽しいと思える心の余裕ができた

会社員だったときは、どれだけ楽しいことがあっても、消耗することのほうが多かったように思います。

楽しく過ごせるように工夫しても、仕事でめんどうなことに巻き込まれると、楽しかった気持ちまで一気に消えていたように感じます。

当然その瞬間その瞬間を楽しめる余裕はなく、いつも精神的にギリギリでした。

現在は、パワハラ上司に振り回されることなく自由に仕事ができています。

毎日こころに余裕ができて、さらに人生が楽しくなっています。

30代のわたしが勇気を出して仕事を辞めたキッカケ

30代のわたしが勇気を出して仕事を辞めたキッカケ

わたしは長いあいだ仕事を辞めたいと思っていたけど、なかなか辞められませんでした。

そんなわたしが勇気を出して仕事を辞めたのは、以下の3つがキッカケでした。

  • 仕事にやりがいを感じない
  • 職場に尊敬できる人がいない
  • パワハラ・モラハラがしんどい

仕事にやりがいを感じない

わたしは経理関係の仕事がしたくて、元弊社に入社しました。

ところが、入社後に任されたのはほとんど上司のお世話係でした。

お茶くみやコピーをとることに、まったくやりがいを感じられなかったんです。

それに、このままこの仕事を続けてもなんのスキルも身につかないだろうなと思いました。

こんなことをしたかったんじゃないのに…と思いながら働くのは、ツラかったです。

職場に尊敬できる人がいない

元弊社は超小規模で、社員がとても少ない会社でした。

そのなかに、尊敬できる人は誰ひとりとしていませんでした。

目指すべき存在がいないのは、とてもツライです。

尊敬できる人がいないから、仕事のモチベーションもどんどん下がっていきました。

人のイヤなところばかりが目につく自分に自己嫌悪して、すごくしんどかったです。

パワハラ・モラハラがしんどい

わたしが仕事を辞めた決定的な理由は、上司からのパワハラや同僚からのモラハラです。

入社したときから、上司や同僚のモラルの低さは感じていました。

でも気にしなければいいと思って、耐えていました。

幼稚でレベルの低い人達を相手にするのは、時間のムダだと思ったんです。

ですが、あまりに目に余る言動に、わたしのこころはいつのまにか消耗していきました。

おかもも

気づけば心身ともに崩壊し、結局退職代行を利用してわたしは仕事を辞めました。

30代が仕事を辞める前にやっておいたほうがいいこと

30代が仕事を辞める前にやっておくべきこと

今あなたが仕事を辞めようか迷っているなら、辞める前にやっておいたほうがいいことがあります。

それは、以下の3つです。

  • お金の計算をする
  • 仕事をする理由を考える
  • 勉強をはじめる
おかもも

これらをやっておくと、仕事を辞めたあとの人生が楽しくなるでしょう。

お金の計算をする

もし仕事を辞めると決めても、お金のことが心配だと辞められません。

なので、この機会にお金の使い方を見直してみてください。

一番確実なのは、貯金をしておくことです。

とはいえ、お金がいくらあっても完全に安心できることはないでしょう。

そこで万が一のときのために、「傷病手当金」という公的給付金をご紹介します。

傷病手当金とは
  • 病気やケガで働けなくなったときにもらえる給付金
  • 給与の3分の2の額が支給される
  • 最大1年6ヶ月受給可能
  • 受給しても転職に影響しない

傷病手当金制度を利用すると、退職後に最大28ヶ月給付金が受け取れます。

金銭的に余裕があると、精神的にも余裕をもてるようになります。

仕事を辞めたあとのお金のことが心配なら、傷病手当金の申請を検討してみてください。

おかもも

傷病手当金制度を利用して退職後に28ヶ月給付金を受け取る方法は、下記記事へどうぞ。

仕事をする理由を考える

仕事を辞めようか迷っているなら、仕事をする理由についてしっかり考えてみてください。

本来は「生きるために働く」ものなのに、「働くために生きる」になっていませんか?

今やっている仕事は、本当にやりたい仕事ですか?

その仕事は、これからもずっと続けていけますか?

これらを自問自答して、それでもやっぱり続けたいと思ったらその仕事を辞めるべきではありません。

勉強をはじめる

仕事を続けるにしても、辞めるにしても、勉強をしておいて損はありません。

勉強してスキルアップできれば、転職・副業で有利になります。

転職・副業ができるようになれば、働き方の選択肢はどんどん増えていきます。

そうすると、わたしと同じように会社員にこだわらなくても生きていけるようになるでしょう。

選択肢を増やしてから、仕事を辞めるかどうか考えるのもアリです。

仕事辞めたら人生楽しすぎ!30代でも変われる!

仕事辞めたら人生楽しすぎ!30代でも変われる!

わたしは、仕事を辞めたおかげで人生楽しすぎになりました。

なぜなら、仕事を辞めても生きていけることがわかったからです。

これは、仕事を辞めた人にしかわからない感覚でしょう。

わたしはけっして無責任に、仕事を辞めろとすすめているわけではありません。

ただあなたが仕事を辞めたいとモヤモヤしているなら、自分がなりたい姿を想像してみてください。

なりたい姿と今の自分がかけ離れているなら、仕事を辞めたほうが人生楽しくなるでしょう。

30代は、人生を変えるチャンスです。

思い切って一歩踏み出してください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次