職場の人間関係で孤立したときの解決策。ぼっちになる人の特徴とは?

職場の人間関係で孤立していてツライ。こういうときは、どうしたらいいの?

と、悩んでいませんか?

わたしも前の職場でぼっちだったので、その気持ちとてもわかります。

たしかに、ずっと一人だとツライかもしれません。

でもこのまま何もしないでいると、あなたは寂しい気持ちにおしつぶされてしまいます。

でも、安心してください。

この記事には、人間関係で孤立したときの解決策が書かれています。

この記事でわかること
  • 職場の人間関係で孤立したときの解決策
  • 職場の人間関係で孤立しやすい人の特徴
  • 職場の人間関係で悩まずに働く方法

結論からいうと、人間関係がツライときは異動や転職で環境を変えるべきです。

もしツラすぎてストレスが限界なときは、退職代行を使って今すぐ仕事を辞めてください。

人間関係がツライ人向けの退職代行は、記事の中で紹介しています。

職場で孤立して悩んでいる人は、ぜひ最後までごらんください。

目次

職場の人間関係で孤立したときの解決策

職場の人間関係で孤立したときの解決策

職場の人間関係で孤立したときは、以下の方法を試してみてください。

  • 自分の適性を知る
  • 孤立を楽しむ
  • 上司に相談する
  • 転職する
  • いじめの場合はすぐに退職する
おかもも

仕事を休みたいくらい人間関係がしんどいときは、迷わず辞めるのが正解です。

仕事に行きたくないと思ったときは、「仕事行きたくない、家にいたいと思ったときにおすすめの対処法10」を読んでみてください。

自分の適性を知る

職場の人間関係で孤立したとき、ひとまず自分の適性を知るのがいいでしょう。

自分の個性や強みを知ることで、自然とよい人間関係がつくれますよ。

たとえば、あなたがが得意なことは率先してやるといいでしょう。

逆に、苦手なことは周りに頼ってカバーしてもらってください。

仕事がうまくできるようになれば、職場で孤立しなくなります。

あなたの適性を調べたいなら、ミイダスへどうぞ。

ミイダスでは、パーソナリティやコンピテンシー(行動特性)が無料で診断できます。

おかもも

想定年収も調べられるので、転職活動でも使えます。

ミイダスの適性診断はこちら

孤立を楽しむ

職場で孤立しても、あえて何もしないのもアリです。

あえて何もせず、ぼっちライフを楽しんでみてください。

孤立というと悪いイメージがありますが、実はそんなことはありません。

一人でいれば、自分の仕事に集中できます。

人の目を気にすることがなくなるし、ムダな飲み会に誘われることも減ります。

おかもも

ぼっちでいるほうが気楽だし、メリットも多いです。

飲み会がムダな理由は、「会社の飲み会は時間の無駄である3つの理由とうまく断る方法5選」に書いています。

上司に相談する

スムーズに仕事ができるように工夫するのは、上司の仕事です。

人間関係で困っているなら、上司に相談するのもいいですよ。

人間関係は、当人同士ではうまくいかないことがあります。

第三者である上司に、どうすればいいか相談してみましょう。

ただし、上司との人間関係で悩んでいるときは人事部などに相談してください。

おかもも

社内に相談できる人がいないなら、労働基準監督署へ。

上司からパワハラを受けているときは、「パワハラ上司に仕返しする7つの方法。最も効果的な方法を経験者が解説」をご一読ください。

転職する

手っ取り早く解決するには、転職するのがかんたんです。

転職すれば、人間関係がリセットできます。

ぶっちゃけ、職場の人間関係で悩むのは時間のムダです。

余計な気を遣うより、今の職場は自分には合わなかったんだとサクッと切り替えるほうが精神的にもいいです。

人間関係で悩む時間を転職活動にあてたほうが、今後のためになりますよ。

転職先でも人間関係で悩みたくないなら、リクルートエージェントへどうぞ。

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。

転職実績ナンバーワンで、転職前に職場の雰囲気を教えてくれますよ。

リクルートエージェントの特徴
  • 登録・利用すべて無料
  • 転職実績ナンバーワン
  • 非公開求人数10万件以上
  • 地方での転職もOK
  • 入社前に年収交渉が可能

必要事項の入力は、たった5分で完了します。

おかもも

ほかの転職エージェントとかけもちOKなので、おためしでどうぞ。

今すぐ無料で利用してみる

いじめの場合はすぐに退職する

もしあなたがいじめを受けて孤立しているなら、退職代行を使って今すぐに仕事を辞めてください。

また人間関係がツラすぎるときも、退職代行を使って辞めたほうがいいです。

いじめは、犯罪です。

犯罪行為をする人とかかわる必要はないし、それを放置している職場にいる必要もありません。

職場いじめについては、「職場いじめは逃げるが勝ち!戦わずに退職するのがベストな理由」を参考にしてください。

あなたのことを苦しめる人とは、一刻も早く距離をとるべきです。

いじめで悩んでいる人は、弁護士法人みやびに頼ってください。

弁護士法人みやびは、いじめなどのトラブル解決のプロです。

あいだに弁護士が入ってくれるから、会社や加害者と直接やりとりしなくてもよくなりますよ。

くわしくは、「弁護士法人みやびの退職代行|口コミや評判、メリット・デメリットを解説」を読んでください。

おかもも

退職代行の費用を安くしたいなら、退職代行Jobsでもいいでしょう。

退職代行Jobsの評判は、「株式会社アレス/退職代行Jobsの評判・口コミ【2022最新版】」で確認できます。

職場の人間関係で孤立しやすい人の特徴

職場の人間関係で孤立しやすい人の特徴

職場の人間関係で孤立しやすい人は、いくつか特徴があります。

それは、以下の5つです。

  • 挨拶ができない
  • コミュ力が低すぎる
  • よくトラブルを起こす
  • 話が長い
  • 仕事ができる
おかもも

あなたに当てはまるものがないか、チェックしてみてください。

挨拶ができない

挨拶ができない人は、職場で孤立します。

「おはよう」や「お疲れさま」だけじゃなくて、「ありがとう」も挨拶のひとつですよ。

仕事で助けてもらったとき、ちゃんと「ありがとう」って言えてますか?

別に感謝してほしいわけじゃなくても、「ありがとう」も言えない人とは付き合いたくないですよね。

挨拶は、だれでもできます。

おかもも

だれでもできるからこそ、できない人はどんどん孤立していきます。

コミュ力が低すぎる

コミュ力が低すぎる人も、孤立しやすいです。

といっても、コミュ力って数字で測れないから難しいですよね。

孤立する人は、会話が成立しないくらいコミュ力が低いです。

コミュ力というより、コミュニケーションをとるつもりがない人ともいえるでしょう。

仕事をする上で、最低限のコミュニケーションがとれないのは致命的です。

おかもも

基本的な”報告・連絡・相談”は、サボらずやりましょう。

よくトラブルを起こす

職場で何度もトラブルを起こすと、周りからだんだん人が離れていきます。

トラブルを起こす人とはかかわりたくないので、当然ですよね。

トラブルとは、仕事でのミスとは違います。

仕事でのミスは、だれにだってあります。

ただ、同じミスを何度も繰り返すのは問題です。

同じミスでいつも迷惑をかけているなら、孤立しても仕方ないといえます。

おかもも

ミスの原因が仕事量が多すぎるせいなら、転職や退職を考えてください。

話が長い

話が長い人も、周りから避けられることがあります。

なぜなら、話を聞いているあいだは仕事に集中できないから。

さらに、話が長い人はグチや文句を言う人が多いです。

仕事でうまくいかないことがあるのは、わかります。

でもそれを延々と聞かされたら、周りのモチベーションは下がってしまいますよ。

おかもも

上司の自慢話がめんどくさいように、人の噂話や悪口を言っていると孤立してしまいます。

仕事ができる

仕事ができすぎて、孤立することもあります。

仕事ができすぎるから近寄りがたい、もしくは話しかけづらいと思われるパターンです。

あるいは、嫉妬からハブられている場合も考えられます。

いずれにしても仕事ができるせいで孤立しているなら、ぼっちを楽しめばいいでしょう。

仕事で成果を出しているなら、細かいことは気にしなくてOKです。

わざと仕事ができないフリをするのとか、もったいないですよ。

おかもも

仕事ができないフリをするくらいなら、副業の時間にあてたほうが有意義です。

職場の人間関係で悩まずに働く方法3選

職場の人間関係で悩まずに働く方法3選

職場の人間関係で悩まずに働くには、以下の3つの方法があります。

  • リモートワークにする
  • 完全在宅ワーカーに転職する
  • フリーランスで独立する

リモートワークにする

リモートワークにすれば、人間関係で悩むことがなくなります。

リモートワークなら、たとえぼっちでも気になりません。

たしかに、どうしても出社しないといけない日はあるでしょう。

けれど周りが出社しているからといって、ムリに出社しなくても大丈夫です。

周囲からの圧力のせいでリモートにできないのは、人間関係がブラックといえます。

まずは、できるだけリモートの日を多くすることがからはじめてみてください。

完全在宅ワーカーに転職する

会社がリモートワークをやっていない。

周りの目が気になって、リモートの日を増やせない。

それなら、完全在宅の仕事に転職すればOKです。

たとえばReWorksでは、30代未経験でも完全リモートの仕事に転職できますよ。

ReWorks公式サイト

さらに今なら、在宅ワーカーになるための研修に無料で参加できます。

在宅ワークに興味がある人は、今のうちに参加してみてください。

フリーランスで独立する

完全リモートワークにしたとしても、苦手な人と接する機会はあります。

ところが、フリーランスなら仕事相手を自分で選べるから人間関係の悩みとは無縁になれます。

徹底的に人間関係の悩みを解消したいなら、フリーランスで働くのがベストです。

しかし、一般の会社員がいきなりフリーランスになるのは難しいでしょう。

そんなときは、ひとまずSHElikes へどうぞ。

SHElikesなら、30代未経験でもOKです。

今なら無料でレッスンを体験できるので、参加してみてはどうでしょうか。

SHElikesの無料体験レッスンについては、「SHElikes(シーライクス)無料体験レッスンの感想・口コミ」へどうぞ。

職場の人間関係がツライなら辞めたほうがいい!

職場の人間関係がツライなら辞めたほうがいい!

職場の人間関係で悩む人は、とても多いです。

ただほとんどの場合、人間関係はあなただけの力ではどうにもできません。

だから、人間関係がツライときはサクッと辞めたほうが今後のためになりますよ。

サクッと辞めたいときは、退職代行Jobsに相談しましょう。

退職代行Jobには無料でカウンセリングがついてくるため、人間関係で悩んでいる人に好評です。

人間関係がツライときは、お気軽に相談へ!

退職代行Jobsの特徴
  • 24時間365日対応
  • 即日退職可能
  • 有給の無料申請サポートあり
  • 弁護士監修で安心
  • 全額返金保証つき

\今すぐ無料相談へGO!/

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

メンタル病んでツライ。でも仕事を休んだら生活できない。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んで働くのがツラくても、休んだら生活できなくなるからかんたんには休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえる方法があるとしたら、どうしますか?

実は働けなくなったときに申請できる、公的な給付金制度があるんです。

過去のわたしと同じように、休みたいと思いながらがんばって働いているあなたに伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になります。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

じつは傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!休職中・退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」で解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも傷病手当金を受給できるようになります。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでも給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる