パワハラ上司に仕返しする7つの方法。最も効果的な方法を経験者が解説

上司にパワハラを受けている。仕返しをするには、どうするのが一番効果的なの?

と、悩んでいませんか?

わたしも上司にパワハラをされていたので、その気持ちはとてもわかります。

たしかにパワハラ上司は許せませんが、間違った仕返しをすると状況が今より悪化する可能性があります。

でも、安心してください。

この記事では、パワハラ上司にただしく仕返しをする方法について書いています。

本記事のとおりに行動すれば、パワハラ上司に大ダメージを与えることができますよ。

この記事でわかること
  • パワハラ上司に仕返しする方法
  • パワハラ上司の特徴
  • 仕返しするときの注意点

結論からいうと、退職代行を使って即日退職をするのが一番の仕返しになります。

パワハラ被害者向けの退職代行は、記事の中で紹介しています。

どんな方法を使えば仕返しができるか気になる人は、ぜひ最後までご覧ください。

尊敬できない上司に悩んでいるなら、「上司が尊敬できないから辞めたいと思うのはおかしくない。むしろ当たり前」へどうぞ。

目次

パワハラ上司に仕返しする7つの方法

パワハラ上司に仕返しする7つの方法

パワハラ上司に仕返しする方法を、効果がある順に7つお教えします。

  • 退職代行で即日退職する
  • しれっと転職する
  • 訴えて慰謝料請求をする
  • 上司の上司に報告する
  • 総合労働相談コーナーに行く
  • 起業して上司より稼ぐ
  • 仕事で成功して見返す
おかもも

上司に一番ダメージを与えたいなら、退職代行で即日退職しましょう。

退職代行で即日退職をする

パワハラ上司への仕返しでもっとも効果的な方法は、退職代行で即日退職をすることです。

パワハラ上司のもとで働いていても、いいことはひとつもありません。

そういう低俗な人間は、さっさと切り捨てるのが正解です。

仕返しをするなら、上司が一番困る方法で退職しましょう。

上司が一番困る方法とは、即日退職です。

ただし、バックレるとあなたが訴えられる可能性があります。

合法的に即日退職するには、退職代行を使ってください。

たとえば退職代行Jobsは、弁護士監修のため合法です。

退職代行Jobsの特徴
  • 弁護士監修の適性業務
  • 料金が相場より安い
  • 即日退職可能
  • 有給消化◎
  • 転職活動もフォロー

Jobsの利用者は無料でカウンセリングが受けられるため、パワハラで病んだ心のケアができますよ。

スタッフさんも親切だから、相談だけでもしてみてはどうでしょうか。

今すぐ無料相談してみる

おかもも

ちなみに、ブラックな退職代行に頼ると病みます。

くわしくは、「退職代行SARABAの評判・注意点・特徴などを利用者の私が解説」の記事を参考にしてください。

しれっと転職する

しれっと転職するのも、パワハラ上司に仕返しする方法のひとつです。

基本的に、パワハラもいじめも逃げるが勝ちです。

なぜかというと、相手にすると上司がつけあがるから。

つまり、パワハラ上司にとってはあなたに相手にされないのが一番のダメージになります。

パワハラではなくいじめで悩んでいるなら、「職場いじめは逃げるが勝ち!戦わずに退職するのがベストな理由」へどうぞ。

「わたしは上司のことなんてなんとも思ってませんよ」と、しれっとした態度で転職してしまいましょう。

転職エージェントを使えば転職活動で必死なのがバレず、しれっと転職できますよ。

おかもも

効率的に転職するためにも、転職エージェントへの登録は必須です。

訴えて慰謝料請求をする

上司を訴えて、慰謝料を請求するのもいいでしょう。

とはいえ、裁判をするには弁護士の力が必要です。

まだ裁判をするかどうか決めていないけど、一度弁護士に相談してみたい。

そんなときは、弁護士法人みやびへどうぞ。

ほかの弁護士に依頼すると、相談の時点で料金が発生することがあります。

でも弁護士法人みやびなら相談だけなら、料金はかかりません。

裁判をするかどうかは決めていなくても、とりあえず弁護士の話を聞きたいときは相談してみてください。

弁護士法人みやびの詳細は、「弁護士法人みやびの退職代行|口コミや評判、メリット・デメリットを解説」で解説しています。

上司の上司に相談する

上司の上司に相談するのも、パワハラ上司にはダメージになります。

パワハラ上司も、会社のなかではあなたと同じ一人の社員です。

だから自分よりも立場が上の人から注意されれば、ダメージを与えられるでしょう。

しかしパワハラ上司が社内の上層部にいる場合は、この方法は使えません。

おかもも

小規模の会社だと上司=社長となることが多く、相談できる人がいない可能性があります。

総合労働相談コーナーに行く

上司の上司に相談できない場合は、総合労働相談コーナーに相談してみてください。

総合労働相談コーナーでは、パワハラなどの相談が無料でできます。

労働局や労働基準監督署に設置されていて、予約不要・秘密厳守で相談できますよ。

厚生労働省|総合労働相談コーナーのご案内

総合労働相談コーナー以外にも、ハラスメント悩み相談室もおすすめです。

電話やメールで相談できるので、気軽に相談してみてください。

ハラスメント悩み相談室はこちら

起業して上司より稼ぐ

あなたがパワハラ上司よりも稼げるようになれば、それも上司への仕返しになります。

パワハラ上司は、あなたのことを見下しています。

だから、パワハラなんかしてくるんです。

でもあなたが有能で稼いでいることがわかったら、ほとんどの上司は悔しがるでしょう。

上司をギャフンと言わせたいなら、今から自力で稼ぐスキルを身につけてください。

といってもいきなり稼ぐのは難しいので、ひとますSHElikesでスキルアップをしましょう。

SHElikesでは、未経験者が副業・起業できるように手厚くサポートしてくれますよ。

SHElikesについては、「SHElikes(シーライクス)無料体験レッスンの感想・口コミ」の記事を参考にしてください。

仕事で成功して見返す

起業しなくても、仕事で成功すればパワハラ上司を見返せます。

先ほどもいいましたが、パワハラ上司もただの社員です。

あなたが上司よりも出世すれば、十分見返せますよ。

けれど現実問題として、あなたが仕事で成功するのはかなり難しいです。

なぜなら、パワハラ上司が妨害してくるかもしれないから。

それにパワハラ上司がいると、仕事のモチベーションが上がりません。

おかもも

パワハラ上司がいるところで出世できる人は、相当少ないでしょう。

パワハラ上司の具体的な特徴

パワハラ上司の具体的な特徴

そもそもパワハラ上司とは、どんな人のことを指すのでしょうか。

具体的な特徴は、3つあります。

  • 残業を強制する
  • 無理な仕事を押しつける
  • 人格を否定する

残業を強制する

定時で帰ろうと思ったら、上司に怒られたことはないですか?

これ、典型的なパワハラ上司の特徴です。

パワハラ上司は「みんな残ってるのに、お前だけ帰るのか」とか、よくわからない理屈を押しつけてきます。

あと、「上司より先に帰るのは気まずい」というのもパワハラの一種といえるでしょう。

おかもも

仕事だけじゃなくて、飲み会参加を強制するのも立派なパワハラです。

飲み会参加をうまく断る方法は、「会社の飲み会は時間の無駄である3つの理由とうまく断る方法5選」の記事へどうぞ。

無理な仕事を押しつける

パワハラ上司の特徴で多いのが、無理な仕事を押しつけてくることです。

無理な仕事とは、たとえば納期が短すぎる仕事です。

パワハラ上司は、どう考えても間に合わない仕事を押しつけてきますよね。

ほかにも、かかえきれないほどの量の仕事を押しつけてくることもあります。

パワハラ上司に押しつけられた仕事で失敗しても、あなたはけっして悪くありません。

どちらかというと、部下の適性を把握していない上司が無能なだけです。

人格を否定する

ひどいパワハラ上司は、あなたの人格を否定してきます。

お前は仕事ができないダメ人間だ。

仕事ができないんだから、有給をとるなんてありえない。

もしかすると、ここまで露骨にパワハラをする上司は少ないかもしれません。

だけど露骨なパワハラ上司がいるのは事実だし、似たような言葉で罵ってくる上司がいるのもほんとうです。

おかもも

わたしの場合は、お茶くみ制度を廃止したいと言ったら「そんな甘い考えを持っているから、今も独身なんだ」とディスられました。

わたしがお茶くみ制度にモヤモヤした話は、「お茶汲みくらい自分でやれ!雑用を押しつけられた女性社員の本音」に書いています。

露骨な言葉じゃなくても、あなたが不快に思ったらそれはパワハラです。

パワハラ上司に仕返しするときの注意点

パワハラ上司に仕返しするときの注意点

パワハラ上司に仕返しをしたいなら、退職代行で即日退職をしましょう。

もちろん、それ以外にも仕返しをする方法はあります。

もし退職代行以外の方法を試すときは、以下の注意点を覚えておいてください。

  • さらに仕返しされる可能性がある
  • 裁判はリスクが大きい
  • パワハラを解決するのは難しい

さらに仕返しされる可能性がある

パワハラ上司に仕返ししたい気持ちは、よくわかります。

しかし、いやがらせなどをして仕返しするのはNGです。

いやがらせをしたら、あなたはパワハラ上司と同じ低レベルな人間になってしまいます。

それに、いやがらせが倍になって返ってくる可能性が高いです。

誰かに相談したことがバレたら、パワハラがさらにひどくなることもあります。

もし相談するなら、ハラスメント悩み相談室や精神科など社外の人に相談するようにしてください。

精神科に行く勇気がないときは、「仕事辞めたいと思ったので精神科で診断書をもらったら結果的によかった話」を読んでみてください。

裁判はリスクが大きい

パワハラ上司に慰謝料を請求すれば、かなり仕返しになります。

けれど、慰謝料を請求するにはパワハラを受けた具体的な証拠が必要です。

裁判をすると、費用も時間もかかります。

それに、かならず慰謝料がもらえるとはかぎりません。

以上のことを考えると、裁判は得策とはいえないでしょう。

おかもも

お金や時間をかけても訴えたいなら、弁護士法人みやびへ

パワハラを解決するのは難しい

パワハラはいじめと同じで、根本的に解決するのは難しいです。

厚生労働省の調査でも、約半数の会社が「パワハラがあってもなにもしてくれなかった」という結果が出ています。

総合労働相談コーナーなどに相談しても、パワハラ解決は難しいでしょう。

総合労働相談コーナーでは、パワハラ解決のためのアドバイスをしてくれます。

でも直接なにかしてくれるわけではないので、根本的な解決は難しいです。

おかもも

結局、職場いじめもパワハラもさっさと退職するのが正解です。

パワハラ上司に仕返しするなら退職代行がベスト!

パワハラ上司に仕返しするなら退職代行がベスト!

パワハラ上司に仕返しをしたいなら、即日退職するのがベストです。

即日退職をすれば、パワハラ上司はかなりダメージを受けるでしょう。

ただし、即日退職は違法だといわれる可能性があります。

合法的に即日退職したいなら、退職代行Jobsを使ってください。

退職代行Jobsは、弁護士監修で合法です。

パワハラで消耗したメンタルをサポートしてくれる、無料カウンセリングもついてきますよ。

1日でも早く即日退職をして、パワハラ上司をギャフンと言わせてやりましょう!

退職代行Jobsの特徴
  • 弁護士監修で合法
  • 即日退職可能
  • 有給消化◎
  • 転職活動もフォロー
  • 無料カウンセリングつき

\相談だけでもOK!/

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

メンタル病んでツライ。でも仕事を休んだら生活できない。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んで働くのがツラくても、休んだら生活できなくなるからかんたんには休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえる方法があるとしたら、どうしますか?

実は働けなくなったときに申請できる、公的な給付金制度があるんです。

過去のわたしと同じように、休みたいと思いながらがんばって働いているあなたに伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になります。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

じつは傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!休職中・退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」で解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも傷病手当金を受給できるようになります。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでも給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる