仕事から逃げたい30代に伝えたい、逃げてもいい理由と今すぐ逃げる方法

「30代だけど、仕事がしんどくて逃げたい…」と、思っていませんか?

結論からいうと、仕事から逃げたいときは退職代行を使うのが正解です。

本記事では仕事から今すぐ逃げる方法と、30代が逃げてもいい理由について解説しています。

仕事から逃げたいと思うのは、甘えではありません。

逃げたいくらい仕事がしんどいと悩んでいる30代は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

仕事から逃げたい30代が逃げてもいい7つの理由

30代が仕事から逃げてもいい3つの理由

30代でも、仕事から逃げたいなら逃げてください。

30代になってから逃げても、問題はありません。

その理由は、以下の7つです。

  • 逃げるのは悪いことじゃない
  • こころと体の健康が第一
  • あなたがいなくても会社は回る
  • 辞めても転職しやすい
  • まだ新しいチャンスがある
  • 我慢してもいいことはない
  • 仕事はあくまで生活の一部

逃げるのは悪いことじゃない

まず大前提として、逃げるのは悪いことではありません。

だから、逃げたいと思ったら逃げていいんです。

あなたがもっている個性は、環境によって評価が変わります。

要するに、合わない環境下ではあなたの個性が花開くことはありません。

暑さが苦手な花は、風通しのいい日陰で生きています。

雨に弱い花は、軒下で育てます。

それと同じで、あなたは逃げているのではなく、自分の意思で花開ける場所を探しているだけです。

おかもも

それに、逃げるのって思ってるよりかんたんじゃないです。

こころと体の健康が第一

あたり前ですが、働くためにはこころと体の健康が一番大事です。

こころと体が健康でないと、働けません。

病気になったら、今のように生活できなくなります。

つまり、健康を害するおそれのある仕事からは逃げるのが正解といえるでしょう。

逃げたいと思うくらいイヤな仕事を続けていると、こころと体が壊れてしまいます。

おかもも

まだ体力が残っているうちに逃げないと、そのうち逃げることすらできなくなってしまいます。

あなたがいなくても会社は回る

あなたが辞めても、会社はなんとかなります。

会社とは、ひとつの組織です。

そのうちの一人がいなくなったら回らないような会社は、組織としてかなりの欠陥品といえます。

たしかに、あなたが辞めたら困る人はいます。

しかし、そんなことで会社が潰れるなんてことはありません。

もしあなたが辞めただけで会社が潰れたなら、その会社はもとから潰れるくらいヤバかったというだけのことです。

おかもも

というか、現実では潰れてほしい会社ほどなかなか潰れません。

辞めても転職しやすい

30代なら、仕事から逃げてもすぐに再就職できるでしょう。

辞めても転職しやすい
引用元:doda

上記の調査によると、転職成功者の年齢は年々上がっています。

さらに同調査では、35歳以上のミドル層の転職成功事例も多くなってきたとも報告されています。

おかもも

事実、人材育成の時間や費用を減らすために30代以上の人を求めている企業は多いです。

まだ新しいチャンスがある

もし仕事から逃げても、30代ならまだチャンスがあります。

30代は、社会人でいえばまだまだ若い部類です。

転職もできるし、新しいことにもチャレンジできるでしょう。

じっさいわたしは、30代で仕事を辞めて人生が大きく変わりました。

我慢してもいいことはない

逃げたい気持ちを我慢しても、いいことはひとつもありません。

それどころか、我慢すればするほどどんどん苦しくなっていきます。

生きているので、ストレスを完全にゼロにするのはかなり難しいです。

ですが、過剰なストレスを抱えてまで続けることにどれだけの価値があるのでしょうか。

ストレスが前提だと、あなたのコンディションは乱れていきます。

あなたのコンデイションを乱す仕事は、普通に考えれば、メリットなんてありません。

おかもも

我慢して病気になっても、だれも責任をとってくれないのが現実です。

仕事はあくまで生活の一部

仕事は、あくまで生活の一部です。

たった一部分のせいで、人生を浪費するのはもったいないとしかいえません。

本来、あなたは生きるために働いていたはずです。

それが働くために生きているんだとしたら、本末転倒ではありませんか?

人生は、仕事だけでは完結しません。

たとえ仕事で逃げたとしても、逃げグセがつくことはないです。

仕事から逃げたい30代が今すぐ逃げる5つの方法

仕事から逃げたい30代へ。今すぐ逃げる方法5選

仕事から逃げたいと思ったら、今すぐ逃げるのが正解です。

今逃げないと、そのうち逃げることすらできなくなってしまいます。

逃げる体力があるうちに、以下の5つのいずれかの方法を実行してください。

  • 退職代行を利用する
  • 転職をする
  • 休職をする
  • 異動願を提出する
  • 欠勤する

退職代行を利用する

仕事から今すぐ逃げるには、退職代行を使うのが正解です。

なぜなら退職代行を利用すると、たいていの場合、即日退職ができるからです。

「退職代行を使うなんて、社会人としてよくないのでは…」と悩む気持ちは、よくわかります。

だけどすぐに逃げないと、近いうちにほぼ100%の確率で精神を病むでしょう。

精神を病んで再起不能になりたくないなら、今すぐ退職代行の利用を検討してください。

といっても、わたしは退職代行選びをミスって精神的にさらに追い詰められた経験があります。

なので仕事から逃げたいと思っている30代は、慎重に退職代行を選んでもらいたいです。

わたしの失敗談をもとに、信用できる退職代行サービスについては別の記事でまとめています。

おかもも

仕事から今すぐ逃げたいと思っている30代は、ぜひ下記記事を参考にしてください。

転職をする

今の仕事から逃げるなら、転職をするのもアリです。

転職をすれば、今の仕事からかんたんに逃げられます。

ただし、30代の転職活動は長期化する可能性があります。

そんなときは、転職エージェントに頼って効率よく転職活動をするのがオススメです。

たとえばリクルートエージェントなら、アドバイザーさんと二人三脚で転職活動ができます。

ひとりで転職活動をするよりも、何倍も効率的に動けるようになるでしょう。

リクルートエージェントを利用すれば、仕事と転職活動の両立も可能です。

これまで50万人以上をサポートしてきた実績から、あなたにぴったりの転職活動プランを提案してくれるでしょう。

ほかの転職エージェントとのかけもちができるし、転職できるかどうか相談するだけでもOKです。

すべて無料で利用できるから、気になったら申込みだけでもどうぞ。

今すぐ無料申込する

休職をする

退職や転職が難しいときは、休職するのもいいでしょう。

精神的に限界になると、判断力が落ちます(経験談)

判断力が落ちているときは、ムリをせずゆっくり休んでください。

休職は、退職や転職よりリスクが低いです。

というのも、期間満了後に復職できるからです。

おかもも

休職すれば、判断力がニブっているときに退職や転職といった大きな決断をしなくてすみます。

異動願を提出する

比較的大規模の会社で働いているときは、異動願を出すのも選択肢のひとつです。

仕事から逃げたいけど転職が難しいときは、異動すればOKです。

同じ会社であっても、異動すれば心機一転はじめられるでしょう。

部署が変われば、仕事の内容も人間関係も変わります。

異動とともに転勤できれば、環境を一気に変えることもできます。

おかもも

しかし、会社の社風が合わないなら異動しても意味がないかもしれません。

欠勤する

退職・転職したほうがいいのはわかってるけど、できないから悩んでるんだよ!

と思ったら、ひとまず仕事を1日だけ休んでみてはどうでしょうか。

少しでも気分転換ができれば、仕事から逃げたい気持ちがなくなる可能性があります。

けれど、仕事を休んでも基本的にはなんの解決にもなりません。

欠勤するのは、あくまで一時的な対応です。

仕事を休んだくらいでは逃げたいと思うあなたの悩みが消えることはなく、いつかは自分と向き合わなくてはいけません。

ただ、考える時間をかせぐには有効な手段といえるでしょう。

30代が仕事から逃げたいと思ってしまうワケ

30代が仕事から逃げたいと思ってしまうワケ

30代が仕事から逃げたいと思うのには、それなりの理由があります。

具体的には、以下の3つがあります。

  • 人間関係が悪い
  • やりがいがない
  • 将来が不安

人間関係が悪い

職場の人間関係が悪いと、仕事から逃げたいと思ってしまいます。

人間関係が悪いのは、ハッキリいってブラック企業と同じだからです。

人間関係が悪い例としては、パワハラや職場いじめがあります。

ほかの条件がどれだけよくても、人間関係がブラックならブラック企業です。

現に、人間関係が原因で仕事を辞める人はたくさんいます。

人間関係が悪い
引用元:d’s JOURNAL

人間関係のストレスはかんたんに解決できないため、逃げたいと思うのは当然です。

やりがいがない

仕事にやりがいがないときも、逃げたくなります。

やりがいがないと、自分に自信がもてなくなってきます。

仕事のモチベーションも下がり、だんだんうつ状態になってしまいます。

ただ、やりがいがないだけで仕事から逃げるのはおすすめしません。

その理由は、やりがいは人それぞれ違うからです。

おかもも

やりがいにこだわらずに、淡々と仕事をしたほうが精神的にはラクです。

将来が不安

将来に不安を感じると、仕事から逃げたいと思ってしまうでしょう。

30代になると、将来のことを考えるようになります。

なのに給料が安かったり仕事量が多かったりすると、逃げたくなるのが普通です。

それに、リストラや倒産の不安もあります。

いつまでも今の仕事を続けていいのか、と悩む30代は少なくありません。

仕事から逃げたいなら今すぐ逃げるべし!

仕事から逃げたいなら今すぐ逃げるべし!

仕事から逃げたいと思ったら、今すぐ逃げてください。

今すぐ逃げるには、退職代行を使うのが正解です。

ほとんどの退職代行は即日退職できるから、逃げる体力が残っていなくても逃げ切れます。

逃げたい気持ちを我慢したら、あなたのこころと体は壊れてしまいます。

自分を守るために、逃げたい仕事からは全力で逃げてください!

今の会社に不満があるあなたへ

今の会社に不満があるあなたへ

最後にひとつだけ、今の会社に不満があるあなたに伝えたいことがあります。

仕事を辞めたいけど、辞めたあとのことを考えるとなかなか退職に踏み切れない。

と、思うことはないですか?

パワハラや長時間労働でも我慢して働いているあなたに、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートというサービスをご紹介します。

社会保険給付金サポートとは、退職後に最大28ヶ月給付金を受け取れるようにサポートしてくれるサービスです。

本来受け取れるはずの給付金を受給することで、退職後の生活の不安が解消します。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、退職後に給付金を受け取ることができました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

社会保険給付金サポートの詳細は、無料WEB説明会で確認できます。

動画を見るだけで、ムリな勧誘はありません。

  • 年齢が20〜59歳
  • 退職日まで2週間以上〜3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している

上記の条件を満たしていれば、あなたも給付金を受け取れます。

すでに退職済み、社会保険の加入が1年未満など、場合によっては条件を満たしていなくても給付金を受給できる可能性があります。

説明会参加者には失業保険マニュアルのプレゼントもあるので、気になったら無料WEB説明会へどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次