仕事から逃げたい30代に伝えたい。今すぐ全力で逃げる方法

仕事かツラくて逃げたい。

と、悩んでいませんか?

わたしも30代になって仕事がツラく毎日逃げたいと思っていたので、その気持ちとてもよくわかります。

たしかに30代にもなって逃げたいなんて未熟だ、という人もいます。

けれどそのまま我慢していたら、逃げる体力すらなくなってしまいます。

でも、安心してください。

この記事には、今すぐ全力で逃げる方法が書かれています。

この記事でわかること
  • 30代が今すぐ仕事から逃げる5つの方法
  • 30代が仕事から逃げたいと思ってしまうワケ
  • 仕事から逃げてもいい3つの理由

この記事を読むと、上記3つがわかります。

結論からいうと、30代が今すぐ逃げるには退職代行を使うのが正解です。

逃げたいときにおすすめの退職代行は、記事の中で紹介しています。

どんな退職代行を使えばいいか気になる人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

仕事から逃げたい30代へ。今すぐ逃げる方法5選

仕事から逃げたい30代へ。今すぐ逃げる方法5選

仕事から逃げたいと思ったら、今すぐ逃げてください。

今逃げないと、そのうち逃げることすらできなくなってしまいますよ。

逃げる体力があるうちに、以下の5つの方法を実行しましょう。

  • 退職代行を利用する
  • 転職をする
  • 休職をする
  • 異動願を提出する
  • 欠勤する
おかもも

逃げるのは悪いことじゃないです。

退職代行を利用する

仕事から今すぐ逃げるには、退職代行を使うのが正解です。

なぜなら、退職代行を利用すると即日退職ができるからです。

たとえば退職代行Jobsは、電話したその日から出社しなくてもよくなります。

退職代行を使うなんて…、と後ろめたい気持ちになっていませんか?

けれど、あなたは今仕事から逃げたいと思うくらい追い詰められているはずです。

それを無視すると、近いうちに精神を病みますよ。

逃げたいなら、辞める会社のことは気にせずJobsに相談しましょう。

今すぐ退職代行Jobsに無料相談する

転職をする

今の仕事から逃げるには、転職をするのもアリです。

転職をすれば、今の仕事や会社からかんたんに逃げられますよ。

ただし、30代の転職は思うようにうまくはいきません。

転職に失敗しないためにも、転職エージェントに頼りましょう。

転職エージェントのサポートがあれば、仕事と転職活動を両立させられます。

また30代は、複数の転職エージェントをかけもちする人がほとんどです。

おかもも

ひとまず、業界最大手のリクルートエージェントに登録しておきましょう。

今すぐリクルートエージェントに無料登録する

休職をする

退職や転職といった決断ができないなら、休職するのもいいでしょう。

うつっぽくなったときは、一度休んでゆっくりするべきです。

精神的に限界になると、判断力も落ちます。

休みながら、これからのことをじっくり考えてください。

しかし、いきなり休職を選ぶ人は多くありません。

休職はどちらかというと、しかたなく選択する人が大半です。

おかもも

いざというときは、休職という選択があることを覚えておきましょう。

異動願を提出する

転職する勇気がないなら、異動願を出してみてください。

仕事から逃げたいけど転職するのが難しいなら、異動すればOKです。

同じ会社であっても、異動すれば心機一転はじめられますよ。

たとえば、部署が変われば仕事の内容も人間関係も変わります。

大企業の場合は、転勤で環境が一気に変わることもありますよね。

でも会社のやり方に疑問を感じているなら、異動しても意味はないでしょう。

おかもも

古い考えを押しつけてくる会社から逃げるには、退職しかないです。

欠勤する

とりあえず逃げたいなら、1日だけ仕事を休んでみてください。

気分転換をすれば、仕事から逃げたい気持ちがなくなる可能性があります。

けれど、仕事を休んでも基本的にはなんの解決にもなりません。

欠勤するのは、あくまで一時的な対応です。

仕事を休んだくらいでは、逃げたいと思うあなたの悩みが消えることはないでしょう。

おかもも

仕事に行きたくなくて胃が痛いなどの悩みは、休んでも解決できません。

30代が仕事から逃げたいと思ってしまうワケ

30代が仕事から逃げたいと思ってしまうワケ

30代が仕事から逃げたいと思うのには、それなりの理由があります。

どんな理由があるかというと、具体的には以下の3つがあります。

  • 人間関係が悪い
  • やりがいがない
  • 将来が不安
おかもも

あなたもきっと、この3つのどれかにあてはまるでしょう。

人間関係が悪い

職場の人間関係が悪いと、仕事から逃げたいと思ってしまいます。

人間関係が悪いのは、ハッキリいってブラック企業と同じだからです。

人間関係が悪いとは、職場いじめ上司が尊敬できないケースも含まれます。

ほかの条件がどれだけよくても、人間関係がブラックならブラック企業です。

現に、人間関係が原因で仕事を辞める人はたくさんいます。

おかもも

人間関係のストレスはかんたんに解決できないため、逃げたいと思うのは当然です。

やりがいがない

仕事にやりがいがないときも、逃げたくなります。

やりがいがないと、自分に自信がもてなくなってきます。

そうすると、だんだんうつ状態になっていくのです。

でも、やりがいがないだけで仕事から逃げるのはおすすめしません。

その理由は、やりがいは人それぞれ違うからです。

それに、やりがいを求めずに淡々と仕事をしている人もいますよ。

おかもも

仕事にやりがいを感じないときの対処法は「仕事にやりがいがないせいでうつに。辛い会社員時代を振り返る」の記事を参考にしてください。

将来が不安

将来に不安を感じると、仕事から逃げたいと思ってしまうでしょう。

30代になると、将来のことを考えるようになります。

なのに給料が安かったり仕事量が多かったりすると、逃げたくなりますよね。

それに、リストラや倒産の不安もあります。

いつまでこの仕事を続けられるのか、と悩む30代は少なくありません。

おかもも

将来に備えて、副業はやっておいて損はないですよ。

30代が仕事から逃げてもいい3つの理由

30代が仕事から逃げてもいい3つの理由

30代でも、仕事から逃げたいなら逃げましょう。

30代になってから逃げても、問題はありません。

その理由は、以下の3つです。

  • こころと体の健康が第一
  • あなたがいなくても会社は回る
  • 30代でも新しいチャンスはある

こころと体の健康が第一

当たり前ですが、働くためにはこころと体の健康が一番大事です。

こころと体が健康でないと、働けません。

病気になったら、今のように生活できなくなります。

つまり健康を害するおそれのある仕事からは、逃げるのが正解なんです。

逃げたいと思うくらいイヤな仕事を続けていると、こころと体が壊れてしまいます。

逃げる体力が残っているうちに逃げないと、ヤバイことになりますよ。

おかもも

精神的にツライときは、精神科に頼りましょう。

あなたがいなくても会社は回る

あなたが辞めても、会社はなんとかなります。

会社とは、ひとつの組織です。

そのうちの一人がいなくなったら回らないような会社は、組織としてかなりの欠陥品といえるでしょう。

たしかに、あなたが辞めたら困る人はいます。

しかし、そんなことで会社が潰れるなんてことはありません。

おかもも

もしあなたが辞めただけで会社が潰れたなら、その会社はもとから潰れるくらいヤバかったというだけのことです。

30代でも新しいチャンスはある

もし仕事から逃げても、30代ならまだチャンスがあります。

30代は、社会人でいえばまだまだ若いです。

転職もできるし、新しいことにもチャレンジできますよ。

30代なら、未経験の分野に挑戦することだって可能です。

たとえば、SHElikes では未経験から一生モノのスキルが学べます。

あなたらしい生き方を知りたいなら、SHElikesの無料体験レッスン へどうぞ。

今すぐ無料体験レッスンを受けてみる

おかもも

無料体験レッスンの詳細は、「【勧誘なし】SHElikes(シーライクス)無料体験レッスンに参加したよ」にまとめています。

仕事から逃げたいなら今すぐ逃げるべし!

仕事から逃げたいなら今すぐ逃げるべし!

仕事から逃げたいと思ったら、今すぐ逃げてください。

今すぐ逃げる一番かんたんな方法は、退職代行を使うことです。

退職代行Jobsは即日退職ができるので、あなたの悩みを解決できますよ。

今すぐ退職代行Jobsで退職する

逃げたい気持ちを我慢したら、あなたのこころと体は壊れてしまいます。

自分を守るために、逃げたい仕事からは全力で逃げてくださいね!

働くのがツライと感じるあなたへ

ふつうに働くのがツライ。どうすればメンタル病まずに働けるんだろう。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んだり働くのがツラくても、休んだらお金に困るから休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえるとしたら、どうしますか?

なんだかあやしい勧誘みたいですね(笑)

しかし残念ながら、これは勧誘ではありません。

過去のわたしと同じように悩みながら働いているあなたに、伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になりますよね。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

実は傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」でも解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも確実に傷病手当金を受給できますよ。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでもかんたんに給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

(説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。)

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてはどうでしょうか。

この情報が、モヤモヤしながら頑張って働いているあなたの役に立ちますように!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる