退職代行が恥ずかしいことではない5つの理由。退職代行のメリットとは?

「退職代行を使うのって恥ずかしい気がする」と、思っていませんか?

結論からいうと、退職代行を使うのはけっして恥ずかしいことではありません。

本記事では、退職代行が恥ずかしくない理由について解説しています。

退職代行を使うのが恥ずかしい、退職代行を使うなんてクズだ、と思っている人はぜひ参考にしてください。

目次

退職代行が恥ずかしいことではない5つの理由

退職代行が恥ずかしいことではない5つの理由

退職代行は、恥ずかしいことではありません。

その理由は、以下の5つです。

  • 退職代行を使わせる会社が悪い
  • 家事代行サービスを使うのと同じ
  • 退職代行を使う人は増えている
  • 退職は労働者の権利
  • 退職代行を使ったことはバレない

退職代行を使わせる会社が悪い

退職代行は、会社側が悪いのであって利用者は悪くありません。

一番罪が重いのは、退職代行を使わせる状況をつくった会社です。

だから、退職代行を使うこと自体はまったく恥ずかしいことではありません。

むしろ恥ずかしいのは、退職代行を使われた会社のほうです。

おかもも

利用者が退職代行を恥ずかしいと思うのは、お門違いです。

家事代行サービスを使うのと同じ

退職代行サービスは、数多くある代行サービスのひとつです。

つまり、家事代行を使うのと同じで恥ずかしいと思う必要はありません。

代行サービスには、いろんな種類があります。

お酒を飲んだら運転代行を使うし、UberEATSなどのデリバリー配達も代行サービスのひとつです。

運転代行やデリバリー代行が恥ずかしくないのと同じで、退職代行も恥ずかしいことではありません。

退職代行を使う人は増えている

退職代行を使う人は、年々増えてきています。

日本労働調査組合が調査した結果では、たった5ヶ月で退職代行利用者が約5%も増えていることがわかりました。

上記のように、2021年4月では32.7%だったのが2021年9月には37.5%にまで増えています。

じっさい、この2〜3年で退職代行サービスの提供をはじめた企業は多いです。

需要が高まっているのは、退職代行が恥ずかしくないことの証拠だといえます。

退職は労働者の権利

そもそも、退職は労働者の権利です。

退職することは、卑怯なことでも恥ずかしいことでもありません。

そのため、どんな形で退職しても恥ずかしがらなくてOKです。

とはいえ、日本では未だに退職を悪だと考えている人がいます。

それは、終身雇用の考えが根強いからでしょう。

しかし現実では、終身雇用制度はとっくに崩れています。

退職があたり前の世界では退職代行を使うのもあたり前で、退職代行を使うのは恥ずかしいことではありません。

退職代行を使ったことはバレない

退職代行を使ったことは、周りの人にはバレません。

わたしも退職代行を利用したことがありますが、そのことは誰も知りません。

たしかに、元職場の人には退職代行を使ったことはバレてしまいます。

ですが正直な話、元職場の人とはもう会うことはないのでまったく問題ないでしょう。

転職先の人や家族にも、あなた自身がいわないかぎりバレることはないです。

たとえあなたが恥ずかしいと思っていても、バレないから恥ずかしくありません。

退職代行を使うメリット

退職代行を使うメリット

退職代行は恥ずかしくないし、利用するメリットが大きいです。

退職代行を使うメリットには、以下のようなものがあります。

  • 確実に辞められる
  • 即日退職ができる
  • 退職手続きがスムーズに進む
  • バックレずにすむ
  • 精神的な負担が少なくなる

確実に辞められる

退職代行を使えば、確実に仕事を辞められます。

先ほどもお伝えしましたが、退職は労働者の権利です。

ですので、本来会社側は引き止めてはいけません。

ただじっさいは、しつこく引き止められて退職できないケースが多くあります。

そんなときでも、退職代行を使えば確実に辞められます。

退職代行は、いわば退職のプロです。

難色を示す会社に対してもきちんと説明をして、あなたを円満退職に導いてくれるでしょう。

即日退職ができる

退職代行のメリットで特徴的なのは、即日退職ができることです。

実は、原則として即日退職は認められていません。

でも退職代行を使うと、合法的に即日退職ができるようになります。

その理由は、会社が即日退職に同意するからです。

というのも、以下の条件にあてはまるときは即日退職ができます。

即日退職が認められるケース

  • 会社が即日退職に合意した場合
  • やむを得ない事情がある場合
  • 会社に「非」がある場合

退職代行は、会社が即日退職に合意するように話をつけてくれます。

これにより、通常は不可能な即日退職ができるようになります。

退職手続きがスムーズに進む

退職の手続きがスムーズに進むのも、メリットのひとつです。

通常、退職するときは退職届が必要です。

ほかにも有給消化のための書類や、離職票発行依頼の書類など、会社によっては手続きにかなり時間がかかります。

一方退職代行を使うと、退職届など必要書類のテンプレをくれるから退職手続きがスムーズに進みます。

わたしが利用した退職代行サービスでも、記名押印だけでOKなテンプレをくれました。

(なかには、退職届のテンプレが用意されていない退職代行サービスもありますが)

おかもも

めんどくさい会社とのやりとりは退職代行がやってくれるから、自分で退職するよりも円滑に退職できます。

バックレずにすむ

バックレずにすむのも、退職代行を使うメリットです。

バックレると、今後の人生にダメージを与えます。

転職に悪影響だし、損害賠償請求される可能性もあります。

辞めたいのに辞めさせてくれない状況だと、ついバックレたくなるでしょう。

ところが、退職代行を使えばバックレずに即日退職ができます。

マイナスな影響を与えずにサクッと辞められるのは、退職代行の大きなメリットです。

精神的な負担が少なくなる

退職代行の最大のメリットといっていいのが、精神的な負担が少なくなることです。

たとえば、ほとんどの退職代行では会社との直接のやりとりが不要です。

その結果、会社とやりとりするストレスから解放されるようになります。

引き止められることもなくなるし、退職日まで気まずい思いをすることもなくなるでしょう。

個人的には、退職を伝えるタイミングを見計らうのはけっこうストレスでした。

だけど退職代行を使えば、退職をなかなか言い出せずにしんどい思いをすることもなくなります。

退職代行を使うデメリット

退職代行を使うデメリット

退職代行を使うことで、デメリットもあります。

  • 費用がかかる
  • 悪徳業者がある
  • 罪悪感を感じるかも

費用がかかる

あたり前ですが、退職代行を使うには費用がかかります。

自分でやれば無料なのに、代行をお願いするとお金がかかるのは大きなデメリットです。

ちなみに、退職代行の料金相場は3万円前後です。

3万円というと、年収300万円の人の約2.5日分の給料にあたります。

2.5日分の給料がなくなるけどそれでも辞めたいのか、利用前によく考えておくべきでしょう。

相場よりも料金が著しく安いところは、悪徳業者の可能性が高いです。

安すぎる退職代行サービスは、利用しないようにしてください。

悪徳業者がある

前述したとおり、近年退職代行の需要は高まってきています。

それゆえ、悪徳業者があるのも事実です。

料金を支払ったあとに連絡がとれなくなったり、退職後に追加料金をぼったくられるなどが典型的な手口です。

こういった悪徳業者にひっかからないように、退職実績や追加料金の有無について事前に確認しておいてください。

悪徳業者とまではいかなくても、わたしのように退職代行を使わなければよかったと後悔することもあります。

罪悪感を感じるかも

退職代行を使うと、罪悪感を感じるかもしれません。

退職代行の利用者はまだ少なく、「退職は自分で伝えたほうがいい」と思う人が多数派だからでしょう。

とはいうものの、繰り返しになりますが、あなたが罪悪感を感じる必要はありません。

退職代行を使うのは恥ずかしいことではなく、悪いのは退職代行を使わせた会社です。

ただ現状として、罪悪感を感じやすい状況なのは覚えておいてください。

退職代行は恥ずかしいことではないと主張する声

退職代行は恥ずかしいことではないと主張する声

退職代行が恥ずかしいことではないと思っている人は、意外とたくさんいます。

具体的な意見を、ツイッターで調査しました。

恥ずかしいとか情けないとかない

UberEATSを使って、恥ずかしいとか情けないとか思う人はほとんどいないでしょう。

退職代行もそれと同じで、代行サービスのひとつです。

苦手なことをしてもらうのは、よりよく生きるための知恵でもあります。

だから、恥ずかしがる必要はないでしょう。

辞めたら一生関わらない

このツイートのとおり、辞めてしまえば今の職場の人と会うことはほとんどないでしょう。

なので、後ろめたく感じたり恥ずかしく思うのは時間のムダです。

いろいろ悩んでしまうのはわかりますが、悩んでも仕方ありません。

おかもも

同じような理由で、円満退職にこだわる必要もありません。

話が通じない上司、会社はいる

どこにいっても、話が通じない人というのはいます。

そして、上司が話が通じない人であるケースは少なくありません。

話が通じない人と話し合っても消耗するだけで、話はすすまないでしょう。

おかもも

わたしも元上司が話のわかる人だったら、退職代行を使わなかったと思います。

気軽に言える状況なら辞めない

気軽に言える環境であれば、だれも退職代行を利用することはないでしょう。

それに、ツイートにもありますが、弱いことは恥ではありません。

人間なので、みんな弱い部分があって当然です。

逆にいえば、どんなに強そうに見える人も弱い一面があります。

みんな強くてみんな弱いので、あなただけが恥ずかしいわけではありません。

なにかあるから退職代行を使う

普通は、退職代行なんて使いません。

退職代行を使うと、お金がかかります。

普通に退職すればタダなのに、お金をかけてでも退職したいと思うのは異常事態です。

しかし退職代行を使わないといけない「なにか」があるから、退職代行に頼るのです。

退職代行に頼らざるを得ない状況にした「なにか」が悪いのであって、あなたは悪くありません。

悪とか卑怯とか一概にはいえない

だれでも、穏便に退職できるならその道を選ぶと思います。

だけどじっさいは、穏便に辞めたくてもうまくできないことがあります。

そんなとき、退職代行があることで安心できる人は一定数いるでしょう。

退職代行があることで安心できる人がいるかぎり、一方的に悪だと決めつけるのは論理的に間違っています。

当事者にも事情がある

わたしも、退職代行を使わざるを得ない状況だったから退職代行を使いました。

正攻法で辞められたなら、退職代行は使ってません。

ストレスで体もこころもボロボロだったので、退職代行を使うしか選択肢がありませんでした。

わたしのように、ほかに選択肢がなくて退職代行に逃げ込む人は多いです。

それぞれが事情を抱えていて、その結果退職代行を使う決断をしたということを覚えておいてください。

潜在的なニーズを掘り起こしただけ

退職代行にかぎらず、代行サービスはどれも潜在的なニーズを掘り起こしたにすぎません。

その証拠に、ほとんどの代行サービスはここ十数年で業績を大きく伸ばしています。

そしてやはり問題なのは、退職代行を使わないと退職できないようなブラック企業があることです。

おかもも

退職代行を恥ずかしいと思う前に、ブラック企業を許してしまっている日本社会を恥ずかしいと思うべきです。

顔を合わせたくない人がいる職場が悪

お金を払ってでも職場の人と顔を合わせたくないなんて、よっぽどです。

退職代行に偏見がある人も、退職代行を使うにはそれだけのことがあるんだと理解してもらいたいです。

「退職代行なんか使わなくてもw」という人もいますが、そういう考えの人に対しては退職代行という強硬手段を使わないと通じません。

病んで長く苦しむよりはいい

退職を伝えてから気まずい思いをする人は、わりと多いです。

ましてや、辞めるまでいじめられるのは理不尽以外のなにものでもありません。

そういった気まずさがツラくて、辞めたくてもなかなか辞められないケースは多いでしょう。

気まずい思いをしたりいじめられたりするくらいなら、退職代行で後腐れなく辞めるのは賢い選択です。

退職代行は恥ずかしいことじゃないから気にしなくてOK!

退職代行は恥ずかしいことじゃないから気にしなくてOK!

退職代行を使うことは、恥ずかしいことではありません。

それどころか、精神的な負担をなくすための知恵といえます。

ただし、ブラックな退職代行を使うと精神的な負担がさらに増すおそれがあります。

退職代行を恥ずかしいと思っているなら、しっかりケアをしてくれる退職代行サービスを選ぶようにしてください。

無料サポートが充実している退職代行といえば、当サイトでも一番人気の退職代行Jobsです。

退職代行Jobsの口コミは、下記記事へどうぞ。

退職代行を使っても、人生は悪い方向には進みません。

しんどくなったら、どうか退職代行を使ってください!

退職代行利用前にチェックしておきたい記事

今の会社に不満があるあなたへ

今の会社に不満があるあなたへ

最後にひとつだけ、今の会社に不満があるあなたに伝えたいことがあります。

仕事を辞めたいけど、辞めたあとのことを考えるとなかなか退職に踏み切れない。

と、思うことはないですか?

パワハラや長時間労働でも我慢して働いているあなたに、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートというサービスをご紹介します。

社会保険給付金サポートとは、退職後に最大28ヶ月給付金を受け取れるようにサポートしてくれるサービスです。

本来受け取れるはずの給付金を受給することで、退職後の生活の不安が解消します。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、退職後に給付金を受け取ることができました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

社会保険給付金サポートの詳細は、無料WEB説明会で確認できます。

動画を見るだけで、ムリな勧誘はありません。

  • 年齢が20〜59歳
  • 退職日まで2週間以上〜3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している

上記の条件を満たしていれば、あなたも給付金を受け取れます。

すでに退職済み、社会保険の加入が1年未満など、場合によっては条件を満たしていなくても給付金を受給できる可能性があります。

説明会参加者には失業保険マニュアルのプレゼントもあるので、気になったら無料WEB説明会へどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次