やりたくない仕事を続けるべきか?辞めるかどうか決めるポイント

やりたくない仕事を続けるべきか迷っている。こういうとき、仕事は辞めたほうがいいの?

と、悩んでいませんか?

わたしも同じことで悩んでいたので、その気持ちとてもよくわかります。

たしかにやりたくない仕事を続けていたら、働くことがどんどんイヤになってしまいます。

でも、安心してください。

この記事には、やりたくない仕事から解放される方法についても書いています。

この記事でわかること
  • 仕事を続けるべきか決めるポイント
  • やりたくない仕事から解放される5つの方法
  • やりたくない仕事を辞めてわかったこと

この記事を読むと、上記3つがわかります。

結論からいうと、仕事を続けるべきか迷ったらあるサポートを使ってゆっくり考えるのがベストです。

どんなサポートを使えばいいのかは、記事のなかで紹介しています。

気になる人は、どうぞご覧ください。

目次

やりたくない仕事を続けるべきか決めるポイント

やりたくない仕事を続けるべきか決めるポイント

やりたくない仕事を続けるべきか迷ったら、以下の5つの点を考えてみてください。

  • 給料に満足しているかどうか
  • やりがいを感じるかどうか
  • 職場の人間関係が悪くないかどうか
  • 上司が尊敬できるかどうか
  • 精神的に余裕があるかどうか
おかもも

5つのポイントを、あなたにあてはめて考えてみてください。

給料に満足しているかどうか

やりたくない仕事を続けるべきか迷ったら、今の給料に満足しているかどうか考えてみましょう。

もしあなたが給料に満足しているなら、仕事は辞めないほうがいいです。

なぜなら、生活のために仕事をすると割り切って考えるのが一番ラクだからです。

それに、やりたくない仕事を100%避けることはできません。

もしも給料に満足していないなら、まずは副業を検討してみてください。

副業でやりたいことができれば、本業のやりたくない仕事も続けられますよ。

おかもも

副業をはじめるなら、ひとまずSHElikesの無料体験レッスンへどうぞ。

SHElikesの特徴
  • 未経験から一生モノのスキルが身につく
  • カリキュラムが豊富
  • 無理な勧誘はなし
  • キャリアチェンジ率90%
  • 完全オンラインで完結

\レッスン参加者だけの特典あり!/

やりがいを感じるかどうか

やりがいを感じてるときも、仕事を辞めないほうがいいです。

やりたくない仕事も、続けているうちにイヤな気持ちが消えることがあるからです。

やりたくない仕事でも、やりがいのある仕事はたくさんあります。

たとえばやったあとに達成感を感じられるなら、やりがいがあるといえます。

人の気持ちは、必ず変わります。

やる気がいつまでも続かないように、やりたくない気持ちもずっとは続きません。

おかもも

やりたくないしやりがいも感じないときは、仕事を辞めたほうがいいです。

職場の人間関係が悪くないかどうか

職場の人間関係に問題がないときも、仕事を辞めるのはおすすめしません。

正直いって、職場の人間関係に恵まれることは少ないからです。

やりたい仕事をしていても、職場の人間関係が原因で辞める人は多いです。

人間関係が悪いとは、たとえばパワハラやモラハラがある職場をいいます。

それ以外にも、職場いじめなども人間関係が悪い職場といえるでしょう。

人間関係の悪い職場でやりたくない仕事をしているなら、今すぐ辞めても問題ありません。

おかもも

時代遅れな考えを押しつけてる職場も、人間関係が悪いのとほぼ同じです。

上司が尊敬できるかどうか

あなたがもし尊敬できる上司のもとで働いているなら、今の仕事を続けるべきです。

尊敬できる上司というのはとてもレアで、それだけでかなり恵まれているからです。

尊敬の対象は、上司でなくてもOKです。

尊敬する人と一緒に仕事ができれば、あなたはこれからどんどん成長できますよ。

おかもも

尊敬できる人と働けることは、今後かならずあなたにとってプラスになります。

精神的に余裕があるかどうか

今のあなたの精神状態も、やりたくない仕事を続けるべきか判断するポイントになります。

もし仕事がやりたくなさすぎて精神的にツライなら、すぐに辞める準備をはじめてください。

精神的に追い込まれてまで仕事をしても、いいことはひとつもありません。

そもそも、体もこころも健康でないと働くことはできないでしょう。

精神的に余裕がないときは、環境を変えるのが手っ取り早いです。

おかもも

精神的な余裕が残っているかどうか、自分でチェックしてみてください。

やりたくない仕事から解放される5つの方法

やりたくない仕事から解放される5つの方法

やりたくない仕事をしなければいけないときは、以下の5つの方法がおすすめです。

  • 一度ゆっくり考える
  • とりあえずやってみる
  • 上司に相談する
  • 成功者の話を聞く
  • 転職する
おかもも

仕事がやりたくないなと感じたら、試してみてください。

一度ゆっくり考える

やりたくない仕事から解放されるには、一度ゆっくり考えるのがベストです。

一度ゆっくり考えることで、自分がなにを大切にしたいかがわかるようになります。

たとえばわたしも、会社員のときはやりたくない仕事を続けるべきか悩んでいました。

しかし一度ゆっくり考えたおかげで、人間関係に不満がなければやりたくない仕事でも続けられることに気づけました。

おかもも

やりたくない仕事から解放されたいなら、自分のことを見つめ直す必要があります。

ゆっくり考える時間がほしいときは、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートをどうぞ。

\くわしくは無料説明会へ!/

とりあえずやってみる

とりあえずやってみるのも、ひとつの解決方法です。

やりたくないと思っていても、やってみたらなんとかなることが多いからです。

「めんどくさいことやイヤだなと思うことでも、やりはじめたら意外と熱中できた。」

あなたにも、こんな経験があるはずです。

やりたくない仕事のなかにも楽しさを見つけられる能力は、誰にでもあります。

おかもも

やりたくないと考える前に、とりあえずやってみましょう。

上司に相談する

どうしていいかわからなくなったときは、上司に相談してみてください。

部下の仕事を管理するのは、上司の仕事です。

上司に相談したら、異動や配置換えなどの対応をしてくれるかもしれませんよ。

あなたが辞めたいと思うくらい悩んでいるなら、上司はなにか助けてくれるはずです。

しかし相談したときに取り合ってくれないような職場は、ハッキリいってブラックです。

おかもも

ブラックな上司がいるところはサクッと辞めて、転職してしまいましょう。

成功者の話を聞く

やりたくない仕事から解放されたくなったら、成功者の話を聞くのもおすすめです。

成功者の話を聞くと、あなたの中の「やりたくない仕事」に対する考え方が変わりますよ。

成功者であっても、みんなやりたくない仕事を経験します。

しかしそのやりたくない仕事をバネにしたから、成功できたのです。

だからあなたもやりたくない仕事をうまく利用できるように、成功者から学んでください。

手軽に成功者の話が聞きたいときは、好きな有名人や著名人の著書を読んでみましょう。

とくに好きな有名人がいない人は、こちらをどうぞ。

おかもも

この俗物が!

転職する

どうしても今の仕事がやりたくないなら、転職するという選択肢もあります。

根本的にやりたくない仕事をしている場合は、転職すればOKです。

ただし、転職するとしても勢いで会社を辞めるのはダメです。

会社を辞めるのは、転職先が決まってからにしてください。

転職のノウハウなどは、転職のプロである転職エージェントに相談しましょう。

おかもも

転職エージェントといえば、業界最大手のリクルートエージェント一択です。

リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績ナンバーワン
  • 非公開求人数10万件以上
  • 地方での転職もOK
  • 利用・登録すべて無料
  • 入社前に年収交渉可能

今すぐ無料で利用してみる

【体験談】やりたくない仕事を辞めてわかったこと

【体験談】やりたくない仕事を辞めてわかったこと

わたしはやりたくない仕事を続けるべきか考えた結果、辞めることにしました。

そしてやりたくない仕事を辞めてみて、いくつかわかったことがあります。

それは、具体的には以下の3つです。

  • 人生が楽しくなる
  • 自分に自信がつく
  • しかしやりたくない仕事から逃げるのは無理
おかもも

やりたくない仕事から逃げるのは、無理でした。

人生が楽しくなる

わたしはやりたくない仕事を辞めたら、人生が楽しくなりました。

それは、仕事を辞めたことで精神的に安定するようになったからです。

一般的な社会人は、1日8時間働きますよね。

つまり、ほとんどの人は人生の1/3以上の時間を仕事に使っています。

この1/3の時間が苦痛なものだったら、精神的に不安定になるのは当たり前です。

逆に仕事の時間が楽しくなると、精神が安定するようになってきます。

おかもも

精神的に安定できると、自然と人生がいい方向へ進んでいきますよ。

自分に自信がつく

やりたくない仕事を辞めると、自分に自信がもてるようにもなりました。

なぜかというと、やりたくない仕事を辞めても生活できることがわかったからです。

過去のわたしは、会社員を辞めたら生活できなくなるんじゃないかと思っていました。

しかし会社員を辞めた今でも、とくに生活に困ることはありません。

おかもも

やりたくない仕事を辞めるのは、甘えではなく工夫です。

しかしやりたくない仕事から逃げるのは無理

仕事を辞めても、やりたくない仕事から完全には逃げられないこともわかりました。

やりたい仕事だけをするのは、不可能です。

たとえ今はやりたくない仕事から逃げられても、そのうちまた新しい「やりたくない」が出てきます。

要するに、今あなたが思っているやりたくないという気持ちはあまりアテになりません。

おかもも

やりたくない仕事を辞めても、次のやりたくない仕事が出てきます。

やりたくない仕事を続けるべきか迷ったら一度休もう!

やりたくない仕事を続けるべきか迷ったら一度休もう!

やりたくない仕事を続けるべきか迷ったら、一度ゆっくり考えるのがいいでしょう。

ゆっくり自分を考え直す時間をつくれば、仕事の意味や大切さがわかるようになりますよ。

ゆっくり考える時間をつくりたいなら、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートを使ってください。

社会保険給付金サポートを使うと、お金の心配をすることなくゆっくり考える時間を作れますよ。

くわしくは、無料WEB説明会へどうぞ。

やりたくない仕事とうまく折り合いをつけて、仕事を続けるべきか考えていきましょう!

\説明会参加者には失業保険マニュアルプレゼント中!/

今すぐ無料WEB説明会に参加する

働くのがツライと感じるあなたへ

ふつうに働くのがツライ。どうすればメンタル病まずに働けるんだろう。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んだり働くのがツラくても、休んだらお金に困るから休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえるとしたら、どうしますか?

なんだかあやしい勧誘みたいですね(笑)

しかし残念ながら、これは勧誘ではありません。

過去のわたしと同じように悩みながら働いているあなたに、伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になりますよね。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

実は傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」でも解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも確実に傷病手当金を受給できますよ。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでもかんたんに給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

(説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。)

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてはどうでしょうか。

この情報が、モヤモヤしながら頑張って働いているあなたの役に立ちますように!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる