仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場に未来はない7つの理由

「仕事を教えてもらえないのって当たり前なの?教えてもらえないからミスをしそうで不安…」と、悩んでいませんか?

結論からいうと、仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場には未来がありません。

ですので、すぐに転職準備をはじめたほうがいいでしょう。

本記事では、仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場には未来がない理由について解説しています。

仕事を教えてもらえず放置されたり、仕事を教えてもらえないから辞めたいと思っている人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場に未来はない7つの理由

仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場に未来はない理由

仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場には、未来はありません。

その理由は、以下の7つです。

  • 新人が育たない
  • 助け合いがない
  • 精神的に追い詰められる
  • 新しい人が入ってこない
  • 成長できない
  • 統一性がない
  • 時間のムダが多い

新人が育たない

仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場では、新人が育ちません。

植物は、水やりをしなければ芽が出ることはないです。

それと同じで、仕事も教えてもらわないとできるようになりません。

仕事ができないとやる気が出ず、辞めていく人が増えます。

おかもも

気づけばどんどん人が辞めていく、崩壊寸前の職場になっているでしょう。

助け合いがない

仕事を教えてもらえない職場には、助けてくれる人がいません。

仕事を教えてくれないのは、教えなくてもできて当然だと思っているからです。

だから、できて当然なことでミスをしても誰も助けてくれないのは当然です。

というか、仕事すら教えてくれない人があなたのことを助けるわけがありません。

これではチームワークはおろか、お互いにいがみ合ったまま仕事をすることになります。

おかもも

その結果、職場の人を全員嫌いになってしまうこともあります。

精神的に追い詰められる

わたしも似たような経験をしたのでわかりますが、わからない仕事をするのってかなりしんどいです。

わからないまま仕事をすると、普通以上に時間がかかります。

時間がかかるから、残業や休日出勤をすることになります。

そして最終的には、精神的に追い詰められるケースがほとんどです。

こういうブラックな会社ほど、なかなか潰れてくれないからやっかいです。

新しい人が入ってこない

新しい人が入ってきたら、仕事を教えないといけません。

仕事を教えるとなると、時間や労力が必要になります。

でも時間や労力がないから、仕事を教えないのが当たり前になっていく職場もあるでしょう。

そういう職場には、どれだけ募集しても新しい人は入ってきません。

もし入ってきても、すぐ辞めることになります。

新しい人が増えない職場は、時代に取り残されていきます。

おかもも

古い考えの人だけが残っている職場に、未来はありません。

成長できない

教えてもらえないのが当たり前だと、仕事の全体像を把握できません。

そうすると、仕事内容をまともに把握している人がいない状態になってしまいます。

仕事内容が把握できないと、自発的に仕事ができません。

つまり、ほとんど毎日仕事がない状態になります。

毎日仕事がないと成長できないし、時間のムダです。

統一性がない

仕事を教えてもらえないということは、自己流でやるしかないということです。

要するに、全員が自己流で仕事を進めるようになります。

自己流だと仕事に統一性がなく、人によってやり方が違ってきます。

やり方が違うと、わからないことがあっても誰にも相談できません。

そのため、仕事仲間と高め合うことも助け合うこともできなくなります。

時間のムダが多い

仕事を教えてもらえないと、時間のムダが多くなります。

ツイートのように、調べたり聞いたりするのにめちゃくちゃ時間をとられます。

この場合、一人で問題を解決する能力はつくかもしれません。

ですが仕事を教えてもらえれば、もっとほかの能力をのばせたでしょう。

いずれにしても時間のムダが多く、非生産的です。

おかもも

こういう終わってる職場で働いていたら、あなたの人生の貴重な時間がムダになる一方です。

仕事を教えてもらえないのが当たり前になってしまう原因

仕事を教えてもらえないのが当たり前になってしまう原因

仕事を教えてもらえないのが当たり前になってしまうのは、いくつか原因があります。

おもな原因は、以下の3つです。

  • はじめから教育制度がない
  • 忙しすぎて時間がない
  • 仕事に対するやる気がない

はじめから教育制度がない

はじめから教育制度がない職場は、仕事を教えてもらえません。

研修があっても、実務はなにも教えてもらえないケースもあります。

これは、設立からまもない会社によくあるパターンです。

引き継ぎをしないまま前任者が辞めたときも、仕事を教えてもらえないでしょう。

おかもも

とはいえ引き継ぎは義務ではないので、前任者を責めるのは間違いです。

忙しすぎて時間がない

教育係が忙しすぎる場合も、仕事を教えてもらえないことが多いです。

考えれば当然ですが、新人に仕事を教えるのは時間がかかります。

時間に余裕がないと、仕事を教えてもらえないのが当たり前になってしまうでしょう。

けれど、仕事が忙しいのは教育係の人のせいでもあなたのせいでもありません。

忙しすぎるのは会社のせいで、会社が間違っています。

仕事に対するやる気がない

単に、仕事に対するやる気がないから教えてくれないこともあります。

そもそもやる気がない人が多い職場には、無責任な人が多いです。

だれも責任をとりたくないから、仕事を教えてもらえないのが当たり前になっていきます。

もし教えてもらえても、聞いたことにしか答えてくれないこともめずらしくありません。

仕事を教えてもらえないときの対処法

仕事を教えてもらえないときの対処法

仕事を教えてもらえないときは、以下の方法を試してみてください。

  • 質問内容を事前にメモしておく
  • いろんな人に教えてもらう
  • 感謝を言葉で伝える
  • もうムリだと思ったら転職準備をはじめる
おかもも

順番に、解説していきます。

質問内容を事前にメモしておく

仕事を教えてもらえないときは、質問内容を事前にメモしておいてください。

教えてもらえないのは、質問の仕方が悪いからかもしれません。

質問内容をわかりやすく相手に伝えるために、事前にメモをしておくといいでしょう。

メモがあれば、なにが聞きたいのか相手にも伝わりやすくなります。

また、メモを書くことで自分の頭の中を整理できるようになります。

おかもも

質問力が上がると、仕事の能力も上がるでしょう。

いろいろな人に教えてもらう

教育係が忙しすぎるなら、いろんな人に教えてもらえばOKです。

とにかく聞きまくれば、だれかは教えてくれます。

いろんな人に教えてもらうのは、ほかにもメリットがあります。

それは、複数のやり方を学べるということです。

いろんなやり方を知れば、その都度仕事のやり方を見直せます。

ただし、この方法は周囲の人の様子をうかがいながら行う必要があります。

おかもも

たまに教育係以外に聞くと怒る人がいるので、そのあたりを注意しつつ実践してみてください。

感謝を言葉で伝える

仕事を教えてもらったときは、感謝を言葉で伝えるのも大事です。

だれだって、感謝されたら悪い気はしないでしょう。

言葉できちんと感謝を伝えることで、あなたの職場での評価が上がるかもしれません。

コツは、誰に対してもお礼をいうことです。

相手が苦手な先輩であっても、とりあえずお礼をいっておけば人間関係も円滑に進みます。

もうムリだと思ったら転職準備をはじめる

なにをやってもムリだったら、諦めて転職準備をはじめたほうがいいでしょう。

未来のない職場にしがみつくより、サクッと転職したほうが精神的にもラクです。

とはいえ、転職先も仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場だったら意味がありません。

だから、ある程度は自分のペースで進められる仕事を目指すのがベストです。

自分のペースで進められる仕事といえば、WEBデザインや動画編集などのクリエイター系の仕事がオススメです。

クリエイター系の仕事は、スキルさえあれば教えてもらえなくても仕事ができるからです。

これからWEBデザインスキルを学ぶなら、仕事獲得の方法までサポートしてくれるSHElikesがいいでしょう。

おかもも

SHElikesについては、下記記事を参考にどうぞ。

仕事教えてもらえないのが当たり前なら転職準備をすべし!

仕事教えてもらえないのが当たり前なら転職準備をすべし!

仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場には、未来はありません。

あなたの熱意で職場が変わる可能性はありますが、もうムリだと思ったら転職準備をしたほうがいいでしょう。

といっても、転職先でも仕事を教えてもらえなかったら時間のムダになります。

今後のために、仕事を教えてもらえなくても問題ない職種に転職してください。

仕事を教えてもらえないから辞めたいと思っているなら、今すぐ行動しましょう!

今の会社に不満があるあなたへ

今の会社に不満があるあなたへ

最後にひとつだけ、今の会社に不満があるあなたに伝えたいことがあります。

仕事を辞めたいけど、辞めたあとのことを考えるとなかなか退職に踏み切れない。

と、思うことはないですか?

パワハラや長時間労働でも我慢して働いているあなたに、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートというサービスをご紹介します。

社会保険給付金サポートとは、退職後に最大28ヶ月給付金を受け取れるようにサポートしてくれるサービスです。

本来受け取れるはずの給付金を受給することで、退職後の生活の不安が解消します。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、退職後に給付金を受け取ることができました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

社会保険給付金サポートの詳細は、無料WEB説明会で確認できます。

動画を見るだけで、ムリな勧誘はありません。

  • 年齢が20〜59歳
  • 退職日まで2週間以上〜3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している

上記の条件を満たしていれば、あなたも給付金を受け取れます。

すでに退職済み、社会保険の加入が1年未満など、場合によっては条件を満たしていなくても給付金を受給できる可能性があります。

説明会参加者には失業保険マニュアルのプレゼントもあるので、気になったら無料WEB説明会へどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次