仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場に未来はない7つの理由

仕事を教えてもらえないのって当たり前なの?よくわからないまま仕事をしないといけないのは、不安しかない。

と、悩んでいませんか?

たしかに、なんでも見て学ばないといけないことはあります。

しかし聞いたことしか答えてくれなかったり、まともに仕事を教えてもらえないのは異常です。

そんな職場で働いていたら、あなたはいつまで経っても成長できないでしょう

でも、安心してください。

この記事では、仕事を教えてもらえなかったときの対処法について書いています。

本記事を読めば、あなたの悩みを解決することができますよ。

この記事でわかること
  • 仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場に未来はない理由
  • 仕事を教えてもらえないのが当たり前になってしまう原因
  • 仕事を教えてもらえないときの対処法

仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場に、未来はありません。

だから、今すぐ転職準備をはじめたほうがいいでしょう。

あなたがやるべき転職準備は、記事の中で解説しています。

仕事を教えてもらえなくて悩んでいる人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場に未来はない理由

仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場に未来はない理由

仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場には、未来はありません。

その理由は、以下の7つです。

  • 新人が育たない
  • 助け合いがない
  • 精神的に追い詰められる
  • 新しい人が入ってこない
  • 成長できない
  • 統一性がない
  • 時間のムダが多い

新人が育たない

仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場では、新人が育ちません。

植物は、水やりをしなければ芽が出ませんよね。

それと同じで、仕事も教えてもらわないとできるようになりません。

仕事ができないとやる気が出ず、辞めていく人が増えます。

おかもも

気づけばどんどん人が辞めていく、崩壊寸前の職場になっているでしょう。

職場崩壊の具体的な特徴は、「職場崩壊の10コの特徴。完全崩壊する前にやっておくべきこととは」の記事をご一読ください。

助け合いがない

仕事を教えてもらえない職場には、助けてくれる人がいません。

仕事を教えてくれないのは、教えなくてもできて当然だと思っているからです。

できて当然なことでミスをしても、助けてくれないのは当然です。

というか、仕事すら教えてくれない人があなたのことを助けるわけがないですよね。

これではチームワークはおろか、お互いにいがみ合ったまま仕事をすることになります。

おかもも

その結果、職場の人を全員嫌いになってしまうこともあります。

もしも職場の人が全員嫌いだと思ったら、「職場の人が全員嫌いだった私がやった5つの対処法と嫌いな人から離れる方法」の記事へどうぞ。

精神的に追い詰められる

わたしの経験からしても、わからない仕事をするのってかなりしんどいです。

わからないまま仕事をすると、普段以上に時間がかかります。

時間がかかるから、残業や休日出勤は避けられません。

そして最終的には、精神的に追い詰められるケースがほとんどです。

こういうブラックな会社ほど、なかなか潰れてくれないからやっかいですよ。

会社に潰れてほしいと思った時の解決法。ブラック企業ほど潰れない理由とは」では、ブラック企業がなかなか潰れない理由について書いています。

新しい人が入ってこない

新しい人が入ってきたら、仕事を教えないといけません。

仕事を教えるとなると、時間や労力が必要になります。

でも時間や労力がないから、仕事を教えないのが当たり前になっていくパターンもあるでしょう。

そういう職場には、どれだけ募集しても新しい人は入ってきません。

もし入ってきても、すぐ辞めることになります。

新しい人が入ってこない職場は、時代に取り残されていきます。

おかもも

古い考えが染みついている職場に、未来はありません。

成長できない

教えてもらえないのが当たり前だと、仕事の全体像を把握できません。

そうすると、仕事内容をまともに把握している人がいなくなってしまいます。

仕事内容が把握できないと、自発的に仕事ができません。

つまり、ほとんど毎日仕事がない状態になります。

毎日仕事がないと成長できないし、時間のムダです。

おかもも

暇すぎる仕事では、まったく成長できないです。

統一性がない

仕事を教えてもらえないということは、自己流でやるしかないということです。

要するに、全員が自己流で仕事を進めるようになります。

自己流だと仕事に統一性がなく、人によってやり方が違ってきます。

やり方が違うと、わからないことがあっても誰にも相談できません。

そのため、仕事仲間と高め合うことも助け合うこともできなくなります。

時間のムダが多い

仕事を教えてもらえないと、時間のムダが多くなります。

ツイートのように、調べたり聞いたりするのにめちゃくちゃ時間をとられます。

この場合、一人で解決する能力はつくかもしれません。

ですが仕事を教えてもらえれば、もっとほかの能力をのばせたでしょう。

いずれにしても時間のムダが多く、非生産的です。

おかもも

こういう終わってる職場で働いていたら、あなたの人生の貴重な時間がムダになる一方です。

終わってる職場のそのほかの特徴は、「終わってる会社の特徴25選。経験者だからわかるヤバイ特徴を暴露」の記事を読んでみてください。

仕事を教えてもらえないのが当たり前になってしまう原因

仕事を教えてもらえないのが当たり前になってしまう原因

仕事を教えてもらえないのが当たり前になるのは、いくつか原因があります。

おもな原因は、以下の3つです。

  • はじめから教育制度がない
  • 忙しすぎて時間がない
  • 仕事に対するやる気がない

はじめから教育制度がない

はじめから教育制度がない職場は、仕事を教えてもらえません。

研修があっても、実務はなにも教えてもらえないケースもあります。

これは、比較的新しい会社によくあるパターンです。

引き継ぎをしないまま前任者が辞めたときも、仕事を教えてもらえないでしょう。

おかもも

とはいえ引き継ぎは義務ではないので、前任者を責めるのは間違いです。

引き継ぎをしなくても辞めていい理由は、「引き継ぎ中の後任が辞めたらどうする?後任がいなくても辞める方法」の記事を参照してください。

忙しすぎて時間がない

あなたの教育係が忙しすぎる場合も、仕事を教えてもらえないことが多いです。

考えれば当然ですが、新人に仕事を教えるのは時間がかかります。

時間に余裕がないと、仕事を教えてもらえないのが当たり前になってしまうでしょう。

けれど、仕事が忙しいのは教育係の人のせいでもあなたのせいでもありません。

忙しすぎるのは会社のせいで、言い換えればその職場は人手不足です。

おかもも

人手不足が続くと、長時間労働につながっていきます。

仕事に対するやる気がない

単に、仕事に対するやる気がないから教えてくれないこともあります。

そもそも、やる気がない職場の人はみんないい加減です。

教えてもらえても、聞いたことにしか答えてくれないことも多いです。

ただ、社会人ならある程度は自分で動かないとダメです。

社会では、だれもが親切にすべてを教えてくれるわけではありません。

おかもも

どれだけやる気がなくてもやらなきゃいけないから、うまく折り合いをつけてやるしかないですね。

仕事を教えてもらえないときの対処法

仕事を教えてもらえないときの対処法

仕事を教えてもらえないときは、以下の方法を試してみてください。

  • 質問内容を事前にメモしておく
  • いろんな人に教えてもらう
  • 感謝を言葉で伝える
  • もうムリだと思ったら転職準備をはじめる
おかもも

順番に、解説していきます。

質問内容を事前にメモしておく

仕事を教えてもらえないときは、質問内容を事前にメモしておきます。

教えてもらえないのは、質問の仕方が悪いからかもしれません。

質問内容をわかりやすく相手に伝えるために、事前にメモをしておくといいでしょう。

メモがあれば、なにが聞きたいのか一目瞭然です。

メモを書くことで自分の頭の中の整理ができるので、簡潔に質問できるようになります。

おかもも

質問力が上がると、仕事の能力も上がっていきます。

いろいろな人に教えてもらう

教育係が忙しすぎるなら、いろんな人に教えてもらえばOKです。

とにかく聞きまくれば、だれか教えてくれるでしょう。

いろんな人に教えてもらうのは、ほかにもメリットがあります。

それは、複数のやり方を学べるということです。

いろんなやり方を聞いて、自分にあったものを好きにチョイスできますよ。

ただし、この方法は周囲の人の様子をうかがいながら行う必要があります。

おかもも

たまに教育係以外に聞くと怒る人がいるので、そのあたりを注意しつつ実践してみてください。

感謝を言葉で伝える

仕事を教えてもらったときは、感謝を言葉で伝えるのも大事です。

だれだって、感謝されたら悪い気はしないですよね。

あなたがきちんと感謝を伝えれば、だんだん仕事を教えてもらえるようになるかもしれませんよ。

コツは、たとえ感謝してなくてもお礼をいうことです。

おかもも

とりあえずお礼をいっておけば、人間関係も円滑に進みます。

もうムリだと思ったら転職準備をはじめる

なにをやってもムリだったら、諦めて転職準備をはじめたほうがいいでしょう。

未来のない職場にしがみつくより、サクッと転職したほうが精神的にもラクですよ。

とはいえ、転職先も仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場だったら意味がありません。

だから、多少は自分のペースで進められる仕事を目指すのがベストです。

自分のペースで進められる仕事なら、WEBデザインや動画編集などのクリエイター系の仕事がオススメです。

たとえば、SHElikesならWEBデザインなどのスキルを低価格で習得できます。

ほかのデザイン系のスクールの約半額のレッスン料金で、27種類のコースを好きなだけ受講できますよ。

SHElikesの特徴
  • レッスン料金が相場の約半額
  • 完全オンラインで完結
  • 複数のスキルが定額で学び放題
  • キャリアチェンジ率90%
  • 副業・転職で活躍中の卒業生多数

SHElikesでスキルを獲得しておけば、仕事を教えてもらえなくても困ることはありません。

30代未経験でも、SHElikesなら一生モノのスキルが身につきますよ。

じっさいのレッスンの様子は、無料レッスンで体験できます。

気になったら、無料体験レッスンだけでも受けてみてはどうでしょうか。

今すぐ無料体験レッスンを受けてみる

おかもも

無料体験レッスンに参加しても、ムリに勧誘されることはないから安心してくださいね。

SHElikesの無料体験レッスンに参加した感想は、「SHElikes(シーライクス)無料体験レッスンに参加した正直な感想」の記事に書いているので、参考にどうぞ。

仕事教えてもらえないのが当たり前なら転職準備をすべし!

仕事教えてもらえないのが当たり前なら転職準備をすべし!

仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場には、未来はありません。

あなたの熱意で職場が変わる可能性はありますが、もうムリだと思ったら転職準備をしたほうがいいでしょう。

といっても、転職先でも仕事を教えてもらえなかったら時間のムダになります。

今後のために、仕事を教えてもらえなくても問題ない職種に転職するための準備をしてください。

具体的には、SHElikesでWEBデザインや動画編集のスキルを身につけましょう。

WEBデザインや動画編集は自分のペースでできるため、仕事を教えてもらえなくても今のように困ることはありませんよ。

SHElikesは30代未経験からはじめる人も多く、サポート体制もバッチリです。

SHElikesの特徴
  • 30代未経験でも一生モノのスキルが身につく
  • レッスン料金は相場の約半額
  • 完全オンラインで完結
  • キャリアチェンジ率90%
  • 複数のスキルが定額で学び放題

仕事を教えてもらえないのが当たり前の職場でムダな時間を過ごすより、スキルアップして転職準備をしたほうがいいですよ。

興味があったら、一度無料体験レッスンに参加してみてくださいね!

\豪華プレゼントがあたるキャンペーン中/

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

仕事を休みたいけど休めないと悩んでいるあなたへ

メンタル病んでツライ。でも仕事を休んだら生活できない。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んで働くのがツラくても、休んだら生活できなくなるからかんたんには休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえる方法があるとしたら、どうしますか?

実は働けなくなったときに申請できる、公的な給付金制度があるんです。

過去のわたしと同じように、休みたいと思いながらがんばって働いているあなたに伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になります。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

じつは傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!休職中・退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」で解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも傷病手当金を受給できるようになります。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでも給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる