職場いじめは逃げるが勝ち!戦わずに退職するのがベストな理由

「職場でいじめられている。毎日ツラくて逃げたい…」と、悩んでいませんか?

結論からいうと、職場いじめは逃げるが勝ちです。

なかでも、退職代行を使って逃げるのがベストでしょう。

本記事では、職場いじめは逃げるが勝ちである理由について解説しています。

職場いじめにあっていてしんどい思いをしている人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

職場いじめは逃げるが勝ちである3つの理由

職場いじめは逃げるが勝ちである3つの理由

職場いじめからは、逃げるが勝ちです。

その理由は、以下の3つです。

  • うつ病になるから
  • 戦う意味がないから
  • 根本的には解決できないから
おかもも

いじめは、戦うだけムダです。

うつ病になるから

職場いじめにあうと、うつ病になります。

うつ病になるくらい、いじめの精神的なダメージは大きいです。

じっさいわたしもパワハラで精神的にダメージを受け、現在もうつ病で通院しています。

一度うつ病になると、健康な状態に戻るまで時間がかかります。

あなた自身を守りたいなら、職場いじめからは逃げるのが正解です。

戦う意味がないから

職場いじめをしてくる人とは、戦う必要はありません。

なぜなら、戦ってもいいことがないからです。

戦うとは、言い換えればやり返すことです。

しかし、そんなことをしてもいじめがなくなるわけではありません。

たしかに、いじめは絶対に許されるものではないです。

でもやり返したら、あなたはいじめ加害者と同じレベルになってしまいます

おかもも

戦っても精神的に消耗するだけです。争いからはなにも生まれません。

根本的には解決できないから

職場いじめを解決するのは、難しいです。

いじめの問題を解決できたら、この世からいじめはとっくになくなっているでしょう。

いじめがずっとなくならないのは、根本的にいじめを解決することができないからです。

むしろ逃げずに戦うと、いじめがエスカレートする可能性があります。

おかもも

繰り返しになりますが、いじめからは逃げるが勝ちです。

職場いじめがツライときの対処法5選

職場いじめがツライときの対処法5選

職場いじめがツライときは、一人で抱え込まずに以下の方法を実践してください。

  • 退職代行で退職する
  • 弁護士に相談する
  • 専門機関に相談する
  • 人事担当や上司に相談する
  • 無視し続ける

逃げるのは、けっして悪いことじゃありません。

おかもも

逃げても逃げ癖はつかないし、ときには逃げる勇気も必要です。

退職代行で退職する

職場いじめがツライときは、退職代行を使ってください。

退職代行を使うと、戦わずに逃げることができます。

ほとんどの退職代行サービスでは、即日退職ができます。

最短で明日から職場に行かなくてよくなるから、あなたが今感じているストレスはすぐに消えるでしょう。

退職代行サービスの中には、無料でカウンセリングが受けられるところもあります。

職場いじめにあっているから今すぐ辞めたい!と思ったら、退職代行を利用してみてはどうでしょうか。

下記記事では、わたしの実体験をもとに厳選した退職代行サービスを紹介しています。

職場いじめで悩んでいる人は、参考にどうぞ。

弁護士に相談する

職場いじめで悩んでいるときは、弁護士に相談するのもアリです。

弁護士がかわりに法的に対応してくれるから、あなた自身は戦わなくてもよくなります。

ただし、いじめを訴えるには証拠が必要です。

くわえて、100%訴えられるとは限りません。

とくに証拠集めは自力でおこなわないといけないため、かなりストレスになります。

しかしただ辞めるだけでは納得できないときは、弁護士に相談してみてもいいでしょう。

おかもも

全国の労働局・労働基準監督署に設置されている総合労働相談コーナーに行けば、法テラスを紹介してもらえます。

総合労働相談コーナーの案内はこちら

専門機関に相談する

職場いじめは、総合労働相談コーナー以外でも相談に乗ってもらうことができます。

会社に窓口がなかったり、相談しても対応してくれないときは、下記の専門機関に相談してみてください。

いずれも、無料・匿名で相談できます。

無料・匿名で相談できる窓口

人事担当や上司に相談する

ある程度大きい会社なら、人事部に相談するといいでしょう。

人事部でなくても、信用できる上司に相談してもOKです。

社内の人は、あなたのことも加害者のこともよく知っています。

そのため、外部の人よりスムーズにいじめに対応してくれるはずです。

大ごとにしたくないときも、とりあえずは社内の人に相談するのが得策です。

しかし相談したのがバレると、いじめが悪化することがあります。

おかもも

上司からパワハラを受けている場合も、相談は難しいでしょう。

無視し続ける

いじめを無視し続けるのも、効果があります。

いじめの程度にもよりますが、無視することでいじめがなくなるケースもあります。

ところが第三者から見ると、あなたが一方的に無視しているように見えることもあります。

人によっては、今度はあなたのほうがいじめをしていると疑われるかもしれません。

おかもも

いじめを無視するのは正当防衛ですが、無視し続けるとリスクがあります。

職場いじめから逃げる前にやること

職場いじめから逃げる前にやること

職場いじめにあったら、退職代行を使って戦わずに退職するのがベストです。

ただ今後のことを考えて、やっておいたほうがいいことがいくつかあります。

それは、具体的には以下の3つです。

  • 退職後の生活基盤を確保する
  • 転職活動の準備をする
  • 証拠を集めておく

退職後の生活基盤を確保する

退職代行に連絡する前に、退職後の生活基盤を確保しておくといいでしょう。

いじめから逃げられても、生活が苦しかったらまたすぐに働かなくてはいけません。

けれど焦って転職先を決めると、さらにブラックな職場で働くことになってしまいます。

そうならないように、今から少しでも金銭的な余裕をつくっておくといいでしょう。

金銭的な余裕をつくる方法は、以下の記事を参考にしてください。

転職活動の準備をする

仕事を辞める前に、転職活動の準備もしておくといいでしょう。

あらかじめ準備をしておくと、いざ転職したいときにスムーズに転職活動ができます。

転職活動には、かなりのエネルギーが必要です。

なので今のところは、転職の準備だけでOKです。

転職エージェントに登録したり職務経歴書を作っておけば、すぐに転職活動をはじめられます。

証拠を集めておく

もしもいじめを訴えたい場合は、証拠集めが必要です。

職場いじめの証拠は、だいたい社内にあります。

仕事を辞める前に、音声の録音やメールを集めておいてください。

証拠になるのは、音声データやメールだけではありません。

いじめが原因でケガをしたりうつ病になったら、診断書も証拠になります。

おかもも

しんどい作業ですが、裁判をするには証拠集めは避けられません。

職場いじめからは迷わず逃げよう!

職場いじめからは迷わず逃げよう!

職場いじめにあったら、逃げるが勝ちです。

もちろん、訴訟で法的に戦うこともできます。

でも精神的に消耗するので、おすすめしません。

精神的に消耗したくないなら、退職代行を利用してください。

退職代行なら即日退職できるし、職場の人と直接やりとりする必要もありません。

職場いじめからは早く逃げて、新しい人生を歩んでください!

今の会社に不満があるあなたへ

今の会社に不満があるあなたへ

最後にひとつだけ、今の会社に不満があるあなたに伝えたいことがあります。

仕事を辞めたいけど、辞めたあとのことを考えるとなかなか退職に踏み切れない。

と、思うことはないですか?

パワハラや長時間労働でも我慢して働いているあなたに、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートというサービスをご紹介します。

社会保険給付金サポートとは、退職後に最大28ヶ月給付金を受け取れるようにサポートしてくれるサービスです。

本来受け取れるはずの給付金を受給することで、退職後の生活の不安が解消します。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、退職後に給付金を受け取ることができました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

社会保険給付金サポートの詳細は、無料WEB説明会で確認できます。

動画を見るだけで、ムリな勧誘はありません。

  • 年齢が20〜59歳
  • 退職日まで2週間以上〜3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している

上記の条件を満たしていれば、あなたも給付金を受け取れます。

すでに退職済み、社会保険の加入が1年未満など、場合によっては条件を満たしていなくても給付金を受給できる可能性があります。

説明会参加者には失業保険マニュアルのプレゼントもあるので、気になったら無料WEB説明会へどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次