職場いじめは逃げるが勝ち!戦わずに退職するのがベストな理由

この記事は、職場いじめからは逃げるが勝ちである理由について書いてます。

職場でいじめにあっていてツライ。

と悩んでいませんか?

わたしも上司からパワハラを受けていたので、その気持ちとてもよくわかります。

たしかに逃げたら、加害者だけがノーダメージで納得できないですよね。

しかしこのまま耐えていても、状況がよくなることはありません。

でも、安心してください。

この記事では、職場いじめがツライときの対処法についても書いています。

この記事でわかること
  • 職場いじめは逃げるが勝ちである3つの理由
  • 職場いじめがツライときの対処法5選
  • 職場いじめから逃げる前にやること

この記事を読むと、上記3つがわかります。

結論からいうと、職場いじめは退職代行を使って逃げるが勝ちです。

いじめで悩む人向けの退職代行は、記事の中に書いています。

どんな退職代行を使えばいいか気になる人は、ぜひご覧ください。

目次

職場いじめは逃げるが勝ちである3つの理由

職場いじめは逃げるが勝ちである3つの理由

職場いじめからは、逃げるが勝ちです。

その理由は、おもに3つあります。

  • うつ病になるから
  • 戦う意味がないから
  • 根本的には解決できないから
おかもも

職場いじめは、戦うだけムダです。

うつ病になるから

職場いじめにあうと、うつ病になります。

うつ病になるくらい、いじめの精神的なダメージは大きいです。

実際わたしもパワハラで精神的にダメージを受け、現在もうつ病で通院しています。

うつ病の症状は、精神的なものだけではありません。

仕事に行くと胃が痛くなったり、極端にやる気がでなくなったりします。

おかもも

あなたの体とこころを守るためには、職場から逃げるしかありません。

戦う意味がないから

職場いじめをしてくる人とは、戦う必要はありません。

なぜなら、戦ってもいいことがないからです。

戦うというと、やり返すことを思い浮かべるでしょう。

しかし、そんなことをしても意味がないです。

たしかに、いじめは絶対に許されることではありません。

でもやり返したら、あなたはいじめ加害者と同じレベルになってしまいますよ。

おかもも

戦っても、精神的に消耗するだけです。

根本的には解決できないから

職場いじめは、退職する以外の方法では解決できないでしょう。

いじめの問題を解決できたら、この世からいじめはとっくになくなってますよね。

いじめがずっとなくならないのは、根本的にいじめを解決することができないからです。

むしろ逃げずに戦うと、いじめがエスカレートする可能性があります。

つまり、いじめは逃げるが勝ちなんです。

おかもも

職場いじめが原因で仕事を辞めても、なんとかなります。

職場いじめがツライときの対処法5選

職場いじめがツライときの対処法5選

職場いじめがツライときは、一人で抱え込まずに以下の方法を実践してください。

  • 退職代行で退職する
  • 弁護士に相談する
  • 労働基準監督署に相談する
  • 人事担当や上司に相談する
  • 無視し続ける
おかもも

逃げるのは、けっして悪いことじゃないです。

退職代行で退職する

職場いじめがツライときは、退職代行を使ってください。

退職代行を使うと、いじめと戦わずに逃げることができます。

たとえば、退職代行Jobsなら即日退職が可能です。

今なら無料カウンセリングもついてくるため、あなたのツライ気持ちを吐き出すことができますよ。

ちなみに、退職代行選びに失敗するとさらに精神的に追い詰められます。

おかもも

職場いじめから早く抜け出したいなら、退職代行Jobsに相談してくださいね。

\退職代行Jobsへの相談は無料/

弁護士に相談する

職場いじめを訴えたいときは、弁護士に相談するのもアリです。

弁護士があなたのかわりにいじめに対処してくれるため、戦わなくてもよくなりますよ。

ただし、いじめを訴えるには証拠が必要です。

それに100%訴えられるとは、限りません。

とくに証拠集めは自力でおこなわないといけないので、精神的にストレスがかかります。

ただ辞めるだけなのは納得できないときは、弁護士に相談してください。

おかもも

弁護士法人みやびなら、退職代行+トラブル解決も受付けてくれますよ。

今すぐ弁護士法人みやびに無料相談してみる

労働基準監督署に相談する

職場いじめは、労働基準監督署に相談することもできます。

労働基準監督署は、労働基準法に違反している企業に指導することができます。

労働基準監督署に相談しても、あなたの名前がバレることはないから安心してくださいね。

けれどほとんどの場合、労働基準監督署は「指導」しかできません。

つまり、労働基準監督署では法的に解決するのは難しいです。

おかもも

法的に解決したいなら、弁護士に相談しましょう。

人事担当や上司に相談する

ある程度の規模の会社なら、人事部に相談するといいでしょう。

人事部でなくても、信頼できる上司に相談してもOKです。

社内の人は、あなたのことも加害者のこともよく知っています。

そのため、外部の人よりスムーズにいじめに対応してくれるはずです。

大事にしたくないときも、社内の人に相談するのがいいですね。

しかし社内の人に相談したのがバレると、いじめがエスカレートする可能性もあります。

おかもも

上司が尊敬できないときも、相談は難しいですよね。

無視し続ける

いじめを無視し続けるのも、効果があります。

いじめの程度にもよりますが、無視することでいじめがなくなるケースもあります。

といっても、これはあなたに精神的な余裕がないと実行できませんよね。

いじめを無視するのは、正当防衛です。

ところが第三者から見ると、あなたが一方的に無視しているように見えることもあります。

そうすると、今度はあなたのほうがいじめをしていると疑われるかもしれません。

おかもも

リアクションをすると加害者の思うツボですが、無視し続けるのもリスクがあります。

職場いじめから逃げる前にやること

職場いじめから逃げる前にやること

職場いじめにあったら、退職代行を使って戦わずに退職するのがベストです。

ただ今後のことを考えて、やっておいたほうがいいことがいくつかあります。

それは、具体的には以下の3つです。

  • 退職コンシェルジュの無料WEB説明会に参加する
  • 転職活動の準備をする
  • 証拠を集めておく

退職コンシェルジュの無料WEB説明会に参加する

退職代行を使う前に、退職コンシェルジュの無料WEB説明会に参加しておきましょう。

なぜかというと、退職後に給付金をもらえるようにするためです。

給付金がもらえることがわかれば、仕事を辞められない不安がなくなりますよ。

ただし、退職コンシェルジュは退職日まで2週間以上ある人が対象です。

退職代行の前に、詳細を無料WEB説明会で確認しておくといいですよ。

今すぐ無料WEB説明会に参加する

おかもも

退職コンシェルジュの口コミを知りたい人は、「退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート】口コミなどを徹底調査」の記事をどうぞ。

転職活動の準備をする

仕事を辞める前に、転職活動の準備もしておいてください。

あらかじめ準備をしておくと、いざ転職活動をはじめたときにスムーズに転職できますよ。

転職活動の準備とは、具体的には転職エージェントへの登録です。

退職後に一度ゆっくりするにしても、転職エージェントに登録しておいて損はありません。

まずは、業界最大手のリクルートエージェントに登録すればOKです。

おかもも

リクルートエージェントは登録無料だし、転職支援実績もNO.1です。

今すぐリクルートエージェントに無料登録する

証拠を集めておく

職場いじめを訴えたい場合は、証拠集めも必要です。

職場いじめの証拠は、だいたい社内にありますよね。

だから、仕事を辞める前に音声の録音やメールを集めておいてください。

証拠になるのは、音声データやメールだけではないですよ。

いじめが原因でケガをしたりうつ病になったら、診断書も証拠になります。

おかもも

なにが証拠になるかわからなければ、労働基準監督署の労働相談コーナーに行ってみましょう。

職場いじめからは迷わず逃げよう!

職場いじめからは迷わず逃げよう!

職場いじめにあったら、逃げるが勝ちです。

もちろん、訴訟などで戦うこともできます。

でも精神的に消耗するので、おすすめしません。

戦わないで一刻も早く逃げるために、退職代行を使ってください。

職場いじめから逃げるときは、無料カウンセリングつきの退職代行Jobsへどうぞ。

辞める会社には気を使わず、勇気を出して辞めてくださいね。

ツライ職場いじめから、あなたが早く解放されますように!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる