仕事をしばらく休みたいあなたへ。今すぐやっておくべき3つのこと

仕事をしばらく休みたい。

と、悩んでいませんか?

たしかに、休みたいと思ってもかんたんに休めるものではないですよね。

しかしこのまま我慢していたら、いつか我慢の限界がきてしまいます。

我慢しすぎると、これから先、生きていくのがとてもしんどくなりますよ。

でも、安心してください。

この記事では、仕事をしばらく休みたいときの対処法について書いています。

本記事を読めば、生きるのがほんの少しラクになりますよ。

この記事でわかること
  • 仕事をしばらく休みたいあなたが今すぐやるべきこと
  • 仕事をしばらく休みたいと思ったときの対処法
  • 仕事を休みたいときは休んだほうがいい理由

ちなみにわたしは、過去に我慢しすぎたせいで体調もメンタルも壊してしまった経験があります。

過去わたしと同じように苦しんでいる人に届けたいと思って、記事を書きました。

仕事をしばらく休みたいと悩んでいるなら、ぜひ最後までご覧ください。

仕事を辞めて休養しているわたしの話は、「仕事辞めてゆっくりしたい。30代の人生休憩期間でわかった5つのこと」に書いています。

目次

仕事をしばらく休みたいあなたが今すぐやるべきこと

仕事をしばらく休みたいあなたが今すぐやるべきこと

仕事をしばらく休みたいと思ったら、以下の3つを今すぐやってください。

  • 直属の上司に相談する
  • 医療機関を受診する
  • 金銭的な余裕をつくる
おかもも

結果的に休まない選択をするとしても、これから紹介する3つはやってやっておいて損はないです。

直属の上司に相談する

仕事をしばらく休みたいときは、ひとまず直属の上司に相談してみてください。

直属の上司に相談すれば、休みたいと思った原因を解決できるかもしれません。

たとえばあなたが仕事量の多さに悩んでいるなら、上司に相談することで仕事量を減らしてもらうように頼めます。

体調が原因なら、早めに帰れるように対応してくれる可能性もあります。

いずれにしても、一人で抱え込んでいてはどんどんツラくなるだけです。

おかもも

しばらく休みたいと思ったら、まず直属の上司に相談してみてください。

わたしのように上司のパワハラが原因で休みたいときは、「パワハラ上司に仕返しする7つの方法。最も効果的な方法を経験者が解説」を読んでください。

医療機関を受診する

仕事を休みたくなったら、医療機関を受診するのも忘れないようにしましょう。

もし休めない状況だったとしても、医療機関を受診しておけば正当な理由をもって休むことができます。

仕事を休みたいくらいで病院に行くなんて大げさだ、と思うかもしれません。

でも繰り返しになりますが、一人で悩んでいてもいい方向には進まないです。

それに医学的に休んだほうがいいと証明されれば、休むことに罪悪感をもたなくなりますよ。

精神的にツライなら、メンタルクリニックや心療内科へ。

体調不良の場合は、症状に応じた担当科を受診してください。

わたしが精神科を受診した経緯は、「仕事辞めたいと思ったので精神科で診断書をもらったら結果的によかった話」に書いています。

金銭的な余裕をつくる

金銭的な余裕がないと、仕事を休みたくても休めませんよね。

だから休む前には、金銭的な余裕ができるようにしておくといいですよ。

具体的には、休んでいるあいだに申請できる給付金や税金の免除などを調べておきましょう。

仕事をしばらく休むときは、傷病手当金をもらったり、住民税などの減税申請ができます。

おかもも

公的な援助があることを知っていれば、突然の病気やケガで仕事を休んだときにも役立ちます。

仕事を休んでいるあいだにもらえる給付金については、「知らなきゃ損する!退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」でくわしく解説しています。

免除申請ができる税金については、「仕事辞めたいけどお金がない時の解決方法ベスト10【実体験】」でも解説しています。

仕事をしばらく休みたいときの対処法

仕事をしばらく休みたいときの対処法

仕事をしばらく休むには、以下の3つの方法が有効です。

  • 休職する
  • 傷病手当金を受給する
  • 限界のときは退職する

休職する

しばらく仕事を休むなら、休職を検討してください。

休職は、一番リスクが低く仕事を休む方法です。

リスクが低い理由は、ムリに転職活動をしなくていいからです。

休職後は、基本的に同じ職場に復帰できます。

「次の仕事を探さないと…」と焦らなくていいので、ゆっくり休めますよ。

ただし休職できる期間は、会社によって変わります。

おかもも

一度休職してから復帰すると、気まずい思いをすることもあります。

気まずさを乗り切るには、「退職までの期間が気まずい時の5つの対処法を転職経験4回の筆者が解説」のわたしの経験談を参考にしてください。

傷病手当金を受給する

休職中は、お給料が支払われない場合が多いです。

そんなときは、傷病手当金を受給しましょう。

でも、傷病手当金の申請はぶっちゃけ難しいです。

傷病手当金ってなに?

どうやって申請したらいいの?

と迷ったら、退職コンシェルジュのサポートを受けてみてください。

退職コンシェルジュは、傷病手当金のサポートをしてくれる会社です。

これまで約1500人をサポートしてきた実績から、専門知識がなくてもかんたんに傷病手当金を申請できますよ。

退職コンシェルジュの特徴
  • 傷病手当金の申請をサポート
  • 金銭的リスクなし
  • 日本全国利用OK
  • 全額返金保証あり
  • 専任のプロが対応

くわしくは、無料のWEB説明会で確認できます。

説明会は30分程度の動画配信方式だから、スッピンでも可能です。

気になったら、一度説明会を視聴してみてはどうでしょうか。

今すぐ無料WEB説明会を視聴する

退職コンシェルジュの詳細は、「【体験談あり】退職コンシェルジュの社会保険給付金サポート/口コミを徹底調査」の記事へどうぞ。

限界のときは退職する

体調やメンタルが限界なときは、退職したほうがいいでしょう。

体調やメンタルが限界なら、退職したほうがあなたのためです。

しばらく休んで回復したとしても、あなたを追い詰めた職場に戻るのはリスクが高すぎます。

それなら一度リセットして、新しい会社を探したほうがいいですよ。

メンタルが限界なときに退職するなら、退職代行Jobsに頼ってください。

\退職代行Jobsの詳細はこちら/

わたしがJobsをおすすめする理由は、「退職代行SARABAの評判・注意点・特徴などを利用者の私が解説」を読んでもらえるとわかります。

休職か退職か迷ったら、「休職?退職?どっちがいいか徹底検証|メンヘラが知っておくべき制度」の記事を参考にしてください。

仕事をしばらく休みたいときは休んだほうがいい理由

仕事をしばらく休みたいときは休んだほうがいい理由

仕事をしばらく休みたいと思ったら、我慢せず休んだほうがいいです。

その理由は、以下の3つです。

  • ストレスが限界だから
  • 我慢してもいいことはないから
  • いつか体もこころも壊れるから
おかもも

休みたくなったら、休むのが正解です。

ストレスが限界だから

仕事をしばらく休みたいと思うのは、ストレスが限界な証拠です。

ストレスが限界なのを放置すると、ヤバイことになります。

最悪の場合は、命にかかわりますよ。

ストレスの限界サインを見逃さないで、ゆっくり休んでください。

ストレスが限界なときのサインは、「仕事でストレスが限界なときの対処法とは?うつ病の私が解説する」に書いています。

我慢してもいいことはないから

休みたい気持ちを我慢しても、いいことはひとつもありません。

我慢できないのは甘えだ、という人もいるでしょう。

けれど我慢するクセがついてしまうと、仕事が常にツライものになってしまいます。

”仕事=ツライ”になると、これから先の人生はずっとツライままです。

甘えだと責めてくる人は、あなたの人生の責任はとってくれませんよね。

あなたの気持ちを尊重してあげられるのは、あなただけです。

おかもも

これからの人生のことを考えて、しんどいときはきちんと休んでください。

いつか体もこころも壊れるから

休みたい気持ちを無視したら、いつか体もこころも壊れてしまいます。

体やこころが壊れたら、ひどいうつ病になってしまいますよ。

うつ病の症状が重いと、社会復帰までにものすごく時間がかかってしまいます。

つまり、長期的に考えたら早めに休むのが得策です。

おかもも

残念ながら、人生は長いです。
休み休み生きていきましょう。

仕事をしばらく休みたくなったら無理せず休もう!

仕事をしばらく休みたくなったら無理せず休もう!

仕事をしばらく休みたいと思ったら、無理せず休みましょう。

休んでいるあいだのことを考えて、あらかじめ給付金や税金の免除について調べておいてください。

たとえば、仕事を休んでいるあいだは傷病手当金の申請ができます。

ただし傷病手当金の申請はややこしいため、困ったら退職コンシェルジュを利用しましょう。

あなたが心置きなくゆっくり仕事を休めますように!

退職コンシェルジュの特徴
  • 傷病手当金の申請をサポート
  • 専任のプロが対応
  • 1200人以上のサポート実績あり
  • 日本全国利用OK
  • 金銭的リスクなし

\くわしくはWEB無料説明会へ!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる