カテゴリー

退職代行は裏切りではない5つの理由と対策。実体験をもとに解説

「退職代行って裏切り行為では…?」と、思っていませんか。

結論からいうと、退職代行は裏切りではありません。

本記事では、退職代行が裏切りじゃない理由について筆者の実体験をもとに解説しています。

退職代行を使うと裏切り者扱いされそうだと思っている人は、ぜひ最後までご覧ください。

本記事の要約
  • 退職代行は裏切りではない理由は5つ
  • 裏切り者だと思われないためには繁忙期を避ける
  • 裏切り者だと思われないためには引継書を作る
  • 引継書のテンプレ無料プレゼントがあるのは退職代行Jobsだけ
  • 裏切り者扱いされたくないなら退職代行Jobsへ
  • 弁護士監修+労働組合提携
  • 最短30分で退職できる
  • 有給消化◎
  • 無料カウンセリングつき
  • 転職サポートあり
相談だけなら無料
メール・LINE・電話で相談受付中

退職代行については、退職代行のおすすめ5選の記事も参考にどうぞ。

この記事を書いた人

おかもも

元アラサー独身会社員。

パワハラが原因である日突然ベッドから起き上がれなくなり、泣きながら退職代行に電話。

退職後は、傷病手当金18ヶ月+失業保険10ヶ月を受給しました。

この著者の記事一覧へ

目次

退職代行は裏切りではない5つの理由

退職代行は裏切りではない5つの理由

退職代行は、裏切りではありません。

その理由は、以下の5つです。

  • 退職は悪いことではない
  • 退職代行は合法
  • ただの契約解除の通告
  • バックレるのが裏切り
  • そもそも会社が裏切り行為をしている

退職は悪いことではない

まず第一に、退職は悪いことではありません。

ですので、退職代行を使っても問題ありません。

終身雇用制度が当然だった昭和の時代では、退職=悪いことと思う人も少なくなかったでしょう。

しかし、今の日本の終身雇用制度はとっくに崩壊しています。

その証拠に、日本の転職者数は右肩上がりに増えています。

退職は悪いことではない
引用元:en world

上記の調査から、日本の転職者数が増えていることがわかるでしょう。

今や、2人に1人が転職する時代です。

そんな時代に退職するのは悪いことではなく、多くの人が経験するただの通過儀礼といえます。

退職代行は合法

退職代行は、合法です。

なので、退職代行を使っても裏切りにはなりません。

なぜなら、民法627条に退職の自由が保障されているからです。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:e-Gov法令検索

上記の条文では、労働者は自由に退職できると定められています。

そして、その方法については規定されていません。

つまり、退職代行を使っても法的に問題ないということ。

法的に問題ないから、退職代行を使っても裏切りにはなりません。

ただの契約解除の通告

先ほどのとおり、退職は悪いことではありません。

そして、退職代行は合法です。

この2点から考えると、退職代行はただの契約解除の通告にすぎないことがわかると思います。

あなたが会社で働いているのは、雇用契約があるからです。

その契約を解除するための通告を、退職代行がするというだけのことです。

別に契約違反をしているわけじゃないので、裏切り者といわれる筋合いはないでしょう。

バックレるのが裏切り

雇用契約を解除したいなら、ちゃんと解除したいと伝えなければいけません。

一方で、正式に解除の申告もせずバックレるのは重大な契約違反になります。

バックレると、最悪の場合、懲戒解雇になったり警察沙汰に発展することもあります。

もちろん懲戒解雇になれば、転職にも悪影響です。

まとめると、バックレるのは裏切り行為だからそれなりにリスクがあります。

逆にいえば、退職代行は裏切りではないのでリスクはほぼありません。

そもそも会社が裏切り行為をしている

退職代行は、裏切りではありません。

というか、そもそも会社が裏切り行為をしているのではないでしょうか。

退職を自分で言い出せる雰囲気であれば、退職代行を使う必要はありません。

ところが退職を言い出せない状況だから、お金を払って代行してもらうのです。

この退職を言い出せない状況をつくっているのは、間違いなく会社のほうです。

会社に非があって退職代行を使わざるを得ないのに、裏切り者といわれるのは見当違いもはなはだしいでしょう。

退職代行を裏切りだと思われないための対策

退職代行を裏切りだと思われないための対策

たまに、退職代行は裏切りだという人がいます。

そんな人に裏切りだと思わせないためにやっておくべき対策は、以下の3つです。

  • 繁忙期を避ける
  • 親しかった人には個別に連絡する
  • 引継書を作っておく

繁忙期を避ける

退職代行を使うのは、繁忙期を避けるといいでしょう。

その理由は、繁忙期に辞められると裏切られた気持ちが強くなるからです。

たしかに、退職するのは労働者の自由です。

なのであなたがいつ辞めても、責められる理由はありません。

けれど一緒に働いている立場からすると、繁忙期は避けてほしかったなと思うかもしれません。

会社に残っている人に悪く思われたくないなら、繁忙期は避けたほうがいいでしょう。

親しかった人には個別に連絡する

退職代行を使うと、ほとんどの場合、明日から会社に行かなくてよくなります。

どういうことかというと、今後会社の人と会うことはないということ。

だから、親しかった人には個別に連絡したほうがいいでしょう。

のちほど解説しますが、親しかった人に連絡しておけば「ロクに挨拶もしないで…」と責められることはなくなります。

会社内で、裏切り者扱いされることもないでしょう。

お世話になったなと思う人には、挨拶くらいしておくといいでしょう。

引継書を作っておく

引継書を作っておくのも、対策のひとつです。

というのも、退職代行を裏切りだと感じるのは引き継ぎもなしに辞めるからです。

逆に考えれば、引き継ぎをしていれば裏切りだと思われないということ。

あらかじめだれかに引き継ぎをしておくのは難しいから、引継書をわかりやすいところにおいておくといいでしょう。

もし引継書を作る余裕がなくても、退職届と一緒に引継書を郵送すれば問題ありません。

退職代行で裏切り者といわれたくない人へ

退職代行で裏切り者だと思われたくないなら、退職代行Jobsを使うといいでしょう。

なぜかというと、退職代行Jobsなら業務引継書のテンプレが無料でもらえるからです。

前述のとおり引き継ぎをしておくと、裏切り者だといわれなくなります。

だから退職届と一緒に業務引継書を送れる退職代行Jobsを選べば、裏切り者扱いされることはないでしょう。

もちろん、自分で引継書を用意できればそれでOKです。

でも退職代行を使うときって思ったよりバタバタしていて、引き継ぎの余裕すらないと思います。

そんなときでも、退職代行Jobsならテンプレをくれるから安心ですよ。

退職代行Jobsについては下記記事で解説しているので、気になったらどうぞ。

退職代行が裏切りだといわれるワケ

退職代行が裏切りだといわれるワケ

退職代行が裏切りだといわれるのは、共通する理由があります。

それは、以下の3つです。

  • 引き継ぎをしないから
  • 挨拶もしないで辞めるから
  • 退職=裏切りだから

引き継ぎをしないから

退職代行は引き継ぎをしないで辞めるから裏切りだ、という意見はわりと多いです。

退職代行を使う人のほとんどは、即日退職を選びます。

それゆえ、引き継ぎをする時間がなく辞めていくのが事実です。

そういったことから、退職代行は裏切りだと思う人がいるのでしょう。

ただし、すでに解説したとおり、退職代行を使っても引き継ぎをしておけば問題ありません。

おかもも

とくに業務引継書のテンプレを無料でくれる退職代行Jobsなら、裏切り者といわれることもないでしょう。

挨拶もしないで辞めるから

お世話になったのに挨拶もしないで辞めるから裏切りだ、と考える人もいます。

これも、お世話になった人には個別に連絡することで解決します。

まずもって、お世話になったかどうかは他人が決めることではありません。

あなた自身がお世話になった人はいないと思うなら、挨拶をしなくてもOKです。

挨拶もなしに辞めるから、というのは退職時にお菓子を配って挨拶回りを強要させるような人です。

だから、正直そういう人のいうことは気にしなくて大丈夫ですよ。

退職=裏切りだから

退職自体が裏切りだ、と考える人もいるでしょう。

たしかに終身雇用制度があたりまえだった時代では、退職は裏切り行為かもしれません。

でも、繰り返しになりますが、日本の終身雇用制度はすでに崩壊しています。

そんななかで、退職は裏切り行為とはいえないですよね。

もしも退職=裏切りだという人がいるなら、その人もあなたと同じように辞めたくても辞められないと悩んでいるだけでしょう。

退職代行は裏切りじゃない!

退職代行は裏切りじゃない!

退職代行を使うのは、裏切りではありません。

退職代行は合法だし、そもそも退職代行を使わせる会社が悪いからです。

わたしも退職代行を使ったときに罪悪感を感じましたが、3日もすれば罪悪感は消えましたよ。

退職代行を使っても、今後の人生に影響しません。

だから使いたいと思ったら、迷わず退職代行を使ってくださいね!

今の仕事に不満がある人へ

最後にひとつだけ、今の会社に不満があるあなたに伝えたいことがあります。

仕事を辞めたいけど、辞めたあとのことを考えるとなかなか退職に踏み切れない。

と、思うことはないですか?

パワハラや長時間労働でも我慢して働いているあなたに、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートというサービスをご紹介します。

社会保険給付金サポートとは、お金の心配をせず最大28ヶ月休養できるようにサポートしてくれるサービスです。

本来受け取れるはずの給付金を受給することで、退職後の生活の不安が解消します。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、退職後に給付金を受け取ることができました。

おかももの支給決定通知書

社会保険給付金サポートの詳細は、無料WEB説明会で確認できます。

動画を見るだけで、ムリな勧誘はありません。

料金についても、無料WEB説明会で話を聞くことができます。

  • 年齢が20〜59歳
  • 退職日まで2週間以上〜3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している

上記の条件を満たしていれば、あなたも給付金を受け取れますよ。

すでに退職済み、社会保険の加入が1年未満など、場合によっては条件を満たしていなくても給付金を受給できる可能性があります。

説明会参加者には、失業保険マニュアルのプレゼントもあります。

少しでも気になったら、今すぐ無料WEB説明会へどうぞ。

\失業保険マニュアルプレゼント中!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次