退職までの期間が気まずい時の5つの対処法を転職経験4回の筆者が解説

退職までの期間が気まずい。気まずくならないようにするには、どう過ごしたらいいの?

と、悩んでいませんか?

たしかに、退職を伝えたあとは気まずくなりますよね。

最悪の場合、退職まで同僚や上司からいやがらせをされるかもしれません。

でも、安心してください。

この記事では、これまで転職を4回経験してきた筆者が退職までの期間のベストな過ごし方について解説しています。

この記事でわかること
  • 退職までの期間が気まずいときの対処法
  • 退職までの期間が気まずい理由
  • 退職までの気まずい期間をうまく乗り切った経験談

この記事を読むと、上記3つがわかります。

4回転職をしてわかったのは、退職代行を使えば気まずくならないということでした。

気まずくならないようにサポートしてくれる退職代行は、記事の中で紹介しています。

退職までの期間をどう過ごせばいいかわからない人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

退職までの期間が気まずいときの5つの対処法

退職までの期間が気まずいときの5つの対処法

退職までの期間が気まずいときは、以下の5つの対処法が有効です。

  • 退職することを直前まで黙っておく
  • お世話になった人に挨拶をする
  • 辞めたら会うことはないとわりきる
  • 退職日まで有給を使う
  • 気まずさに耐えられないなら退職代行を使う
おかもも

わたしの実体験をもとに、解説します。

退職することを直前まで黙っておく

退職までの期間が気まずくなりそうだと思うなら、退職のことは直前まで黙っておきましょう。

あなたが退職することを知られなければ、気まずくなりません。

ただし、やむを得ず退職のことを話さないといけない場合もあります。

またあなたが直接話さなくても、退職がバレることもあるでしょう。

思わぬ形でバレてしまうとさらに気まずくなる可能性があるため、注意が必要です。

お世話になった人に挨拶をする

お世話になった人に挨拶をしておけば、そこまで気まずさを感じずにすみます。

あらかじめ挨拶をされたら、あなたのことを悪く言えないですよね。

変に気を遣われるより先に、挨拶をしておきましょう。

といっても、挨拶をしたら引き止められる可能性が高くなります。

おかもも

どのタイミングで挨拶をするのかも、意外と難しいです。

退職理由の伝え方のコツは、「退職理由が「精神的に限界」な時の伝え方のコツ&スムーズに辞める方法」で書いています。

辞めたら会うことはないとわりきる

いくら気まずくても、辞めてしまえばもう会うことはありません。

だから、わりきってしまうのが一番ラクです。

周囲の目が冷たかったり、いやがらせをされても、無視してください。

退職したら関係ないので、気にすることはないですよ。

それでもやっぱり気まずいのはツライと思うなら、退職代行を使ってください。

退職日まで有給を使う

退職日まで有給を使えば、気まずさに耐えなくてもよくなります。

しかし、かならず有給がとれるわけではないでしょう。

なぜなら、ほとんどの場合は引き継ぎをしないといけないから。

有給をとろうとしても、引き継ぎが終わっていなければ却下されるかもしれません。

引き継ぎがまだなのに有給をとりたいと伝えるほうが、よっぽど気まずくなりそうです。

おかもも

有給は、引き継ぎが終わってから使うようにしてください。

気まずさに耐えられないなら退職代行を使う

退職で気まずくならないようにするベストな方法は、退職代行を使うことです。

退職までの気まずさに耐えられない。

気まずすぎてツライ。

という人も、退職代行を使えばOKです。

たとえば退職代行Jobsでは、会社と直接やりとりせず即日退職ができますよ。

無料で業務引継書のテンプレがもらえるから、引き継ぎもバッチリです。

退職代行Jobsの特徴
  • 会社と直接やりとり不要
  • 有給消化◎
  • 弁護士監修で安心
  • 料金が相場より安い
  • 転職サポートもあり

会社と直接やりとりする必要がなく、すべて退職代行Jobsが対応してくれます。

Jobsのスタッフさんは最奥が丁寧でやさしいし、試しに相談してみてください。

今すぐ無料で相談してみる

わたしが退職代行を利用して後悔した話は、「退職代行SARABAの評判・注意点・特徴などを利用者の私が解説」を参照してください。

退職までの期間が気まずい理由

退職までの期間が気まずい理由

そもそも、どうして退職までの期間を気まずいと思ってしまうのでしょうか?

その理由は、おもに以下の3つが考えられます。

  • 円満退職にこだわっているから
  • 罪悪感を感じるから
  • 退職までの期間が長いから

円満退職にこだわっているから

退職するんだったら、円満退職をしたいですよね?

でも円満退職にこだわりすぎると、退職日まで気まずい思いをします。

円満退職したいと思うのは、周りに気を遣っているせいです。

先ほどのとおり、退職してしまえばおそらく会うことはないでしょう。

つまり、今の会社の人にどう思われても今後の人生に影響はありません。

おかもも

円満退職はあきらめて、気持ちを切り替えたほうが今後のためになります。

円満退職をあきらめるには、「円満退職とかどうでもいい。辞める会社に気を使わなくていい3つの理由」の記事を読んでください。

罪悪感を感じるから

退職することが悪いことだと思っていると、罪悪感から気まずさを感じてしまいます。

ですが、退職は悪いことではないです。

退職して新しい生活を始めるのは、とてもすごいことです。

転職や起業で成功している人は、みんな退職を経験しています。

要するに、退職したからこそ未来をつかめたのです。

だから、退職することに罪悪感を感じなくて大丈夫ですよ。

おかもも

退職がネガティブなものだと思うから、気まずくなります。

退職までの期間が長いから

退職までの期間が長いと、どんどん気まずさが増します。

法律的には、退職日までは2週間あればOKです。

けれど、引き止められてしまうと退職までの期間が長くなってしまいます。

とくにあなたが退職希望日をハッキリ伝えないと、退職の話がなかったことにされるかもしれませんよ。

しつこく引き止められたときは、退職代行を使って退職するしか方法はないでしょう。

退職代行を使うことに抵抗を感じたら、「退職代行を使うことに罪悪感を感じなくていい5つの理由&利用者の声」を読んでみてください。

退職までの気まずい期間をうまく乗り切った経験談

退職までの気まずい期間をうまく乗り切った経験談

退職までの気まずい期間をうまく乗り切るには、いくつかコツがあります。

そのコツとは、以下の3つです。

  • 仕事を全力でやりきる
  • 引き継ぎ資料を用意する
  • 最初からぼっちでいる
おかもも

わたしはこれで、退職まで乗り切りました。

仕事を全力でやりきる

退職するまでは、仕事を全力でやってください。

退職するからといって仕事で手を抜くと、ひんしゅくを買います。

退職が決まった途端にいい加減な仕事をしている人がいたら、ムカつきますよね?

たとえ退職までの期間が短くても、与えられた仕事はきっちりやりましょう。

おかもも

全力で仕事をやっていれば、気まずい雰囲気を気にする余裕もなくなります。

引き継ぎ資料を用意する

引き継ぎ資料を用意するのも、うまく乗り切るコツのひとつです。

資料さえあれば仕事ができる状態にしておけば、あなたが退職しても仕事に影響しません。

つまり完璧な引き継ぎ資料があれば、気まずくなりようがないです。

あなた自身も、罪悪感を感じずに退職日まで過ごせますよ。

最初からぼっちでいる

気まずくなるくらいなら、最初からぼっちでいるとめちゃくちゃラクですよ。

ぼっちなら、そもそも気まずいことに気づきません。

ちなみにわたしは入社してすぐ「この会社終わってるな」と気づいたから、ぼっちでいるようにしました。

理由は、すぐ辞めるつもりでいたからです。

結果的には2年半くらい働いたのですが、めんどくさい人間関係に悩まずにすみました。

おかもも

ぼっちだと自分の仕事に集中できるし、最高です。

ぼっちがツライなら、「職場の人間関係で孤立したときの解決策。ぼっちになる人の特徴とは?」を参考にどうぞ。

退職日まで気まずいのがツライなら退職代行を使おう!

退職日まで気まずいのがツライなら退職代行を使おう!

退職までの期間は、どうしても気まずくなります。

だけど、辞めてしまえばもう会うことはありません。

もう会わないとわりきってしまえば、退職日までおだやかに過ごせますよ。

そうはいっても、職場によっては気まずすぎてツラくなることもあるでしょう。

気まずさでメンタルを消耗したくないなら、退職代行Jobsを使ってください。

退職代行Jobsなら、退職を伝えたあとも気まずくならないようにサポートしてくれます。

とりあえず、相談だけでもしてみてくださいね!

退職代行Jobsの特徴
  • 親身なサポートが評判
  • 会社と直接やりとり不要
  • 有給消化◎
  • 全額返金保証あり
  • 転職活動もフォロー

\まずは無料相談へGO!/

働くのがツライと感じるあなたへ

ふつうに働くのがツライ。どうすればメンタル病まずに働けるんだろう。

と、悩んでいるあなたに知ってほしいことがあります。

メンタル病んだり働くのがツラくても、休んだらお金に困るから休めないですよね。

わたしも、メンタルの限界を感じつつも生活のために見て見ぬフリをして働いていました。

でも、休んでいるあいだお金の心配をしなくていいとしたら、どうしますか?

休んでも生活できるくらいのお金がもらえるとしたら、どうしますか?

なんだかあやしい勧誘みたいですね(笑)

しかし残念ながら、これは勧誘ではありません。

過去のわたしと同じように悩みながら働いているあなたに、伝えたいことがあります。

おかもも

気になる人は、どうぞこのまま読み進めてください。

働けないときに受け取れる給付金がある

ところで、あなたは毎月お給料から社会保険料が天引きされていることに気づいていますか。

社会保険料を払うと、医療費が3割負担になりますよね。

でも、それだけではありません。

社会保険は、いざ働けなくなったときに生活の保障をしてくれる公的な保険制度です。

たとえば、病気やケガで働けないときは傷病手当金という給付金が受け取れます。

病気やケガで働けないなんて、自分には関係ないな。

と、思っていませんか?

実は傷病手当金は幅広くゆるやかな範囲で利用することができ、約4人に1人が受給できるといわれています。

でも傷病手当金の制度自体を知らない人が多いため、現在は労働者の0.5%程度しか傷病手当金を受給していません。

給付金を申請するには

あなたは、以下のような症状に悩まされていませんか?

働くのがツライと感じるあなたへ

このような症状が出ているなら、傷病手当金を申請できます。

といっても、だれでも傷病手当金を受給できるわけではありません。

傷病手当金を受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1年以上社会保険に加入している
  • 病気やケガで働けない
  • 病気やケガで働けない期間が4日以上ある
  • 休んだ期間は給与が支給されていない

上の条件を満たせば、だれでも傷病手当金を受給できます。

くわしい申請方法は、「知らなきゃ損する!退職後にもらえる給付金の話【メンヘラ勢必見】」でも解説しています。

こんな制度があるなら、早く教えてほしかったですよね。

だけど申請されると行政が損をするから、基本的にだれも教えてくれません。

もし教えてもらえたとしても、申請手続きがややこしく、申請でミスをすると却下されます。

それじゃ、制度を知ってても結局給付金をもらえないじゃん。

たしかに、あなたが一人で給付金を申請するとうまくいかない可能性があります。

けれど、プロのサポートがあれば話は別です。

給付金申請のプロがサポートをしてくれたら、あなたも確実に傷病手当金を受給できますよ。

そのプロとは、退職コンシェルジュです。

退職コンシェルジュのサービスを使えば、専門的な知識がなくてもだれでもかんたんに給付金申請ができます。

おかもも

じっさいわたしも退職コンシェルジュにサポートしてもらって傷病手当金を申請し、無事に給付金を受け取れました。

くわしくは、無料WEB説明会を視聴することで確認できます。

(説明会は対話形式ではないため、スッピンでも参加可能です。)

退職コンシェルジュを知ってるのと知らないのとでは、精神的な余裕が全然変わってきます。

気になったら、一度説明会だけでも視聴してみてはどうでしょうか。

この情報が、モヤモヤしながら頑張って働いているあなたの役に立ちますように!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる