退職までの期間が気まずいときの5つの対処法とやっておくといいこと

「退職までの期間が気まずいときはどうしたらいいの?」と、悩んでいませんか?

結論からいうと、気まずいのに耐えられないなら退職代行を使えばいいでしょう。

本記事では、退職までの期間が気まずいときの対処法について解説しています。

退職までの期間が長いからどう過ごしたらいいか迷っている人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

退職までの期間が気まずいときの5つの対処法

退職までの期間が気まずいときの5つの対処法

退職までの期間が気まずいときは、以下の5つの対処法が有効です。

  • 退職することを直前まで黙っておく
  • お世話になった人に挨拶をする
  • 辞めたら会うことはないと割り切る
  • 退職日まで有給を使う
  • 気まずさに耐えられないなら退職代行を使う

退職することを直前まで黙っておく

退職までの期間が気まずくなりそうだと思うなら、退職のことは直前まで黙っておきましょう。

直前まで黙っておけば、気まずい思いをすることはありません。

といっても、やむを得ず退職のことを話さないといけない場合もあります。

またあなたが直接話さなくても、どこかから退職がバレることもあります。

思わぬ形でバレてしまうとさらに気まずくなる可能性があるため、注意が必要です。

お世話になった人に挨拶をする

お世話になった人に挨拶をしておけば、そこまで気まずさを感じずにすみます。

あらかじめ挨拶をされたら、あなたのことを悪く言えなくなります。

変に気を遣われるより先に、挨拶をしてみてください。

とはいえ、挨拶をしたら引き止められる可能性が高くなります。

おかもも

どのタイミングで挨拶をするのかも、意外と難しい問題です。

辞めたら会うことはないと割り切る

いくら気まずくても、辞めてしまえばもう会うことはありません。

だから、割り切ってなにをいわれても気にしないようにしてください。

周囲の目が冷たかったり、いやがらせをされても、無視すればOKです。

退職したら関係ない赤の他人なので、気にする必要はありません。

もう辞めるんだからと割り切って、退職までの期間を粛々と過ごせばいいでしょう。

退職日まで有給を使う

退職日まで有給を使うのも、気まずくならない対処法のひとつです。

退職日まで有給を使えば、気まずさに耐える必要がなくなります。

しかし、かならず有給がとれるわけではないでしょう。

なぜなら、引き継ぎをしないと辞められない可能性があるからです。

有給をとりたくても、後任が見つかるまで残るように引き止められるおそれもあります。

というか、引き継ぎができていないのに有給を使おうとするとさらに気まずくなるでしょう。

職場にもよりますが、有給を使うだけで雰囲気が悪くなるケースもあります。

気まずさに耐えられないなら退職代行を使う

退職で気まずくならないようにするベストな方法は、退職代行を使うことです。

その理由は、退職代行を使えば即日退職ができるからです。

ほとんどの退職代行は、最短で明日から会社に行かなくてよくしてくれます。

会社や上司とやりとりをすることもないため、気まずくなりようがありません。

その一方で、退職代行選びを間違うと自分で会社に連絡しないといけなくなり、余計に気まずい思いをすることもあります。

退職代行はまだ新しいサービスで、悪徳業者が存在するのも事実です。

ですので、もし退職代行を利用する際は慎重に選んでください。

退職代行については、別の記事でくわしくまとめています。

おかもも

興味があったら、下記記事へどうぞ。

退職までの期間が気まずい理由

退職までの期間が気まずい理由

いったい、どうして退職までの期間を気まずいと思ってしまうのでしょうか。

その理由は、おもに以下の3つがあります。

  • 円満退職にこだわっているから
  • 罪悪感を感じるから
  • 退職までの期間が長いから

円満退職にこだわっているから

円満退職にこだわっていると、退職日まで気まずい思いをするでしょう。

なぜかというと、円満退職にこだわりすぎてあなた自身の気持ちをないがしろにしているからです。

だいたい、円満退職したいと思うのは周りに気を遣っている証拠です。

だけど先ほどのとおり、退職してしまえば今の会社の人と会うことはほぼありません。

つまり、どう思われても今後の人生に影響をあたえることはないでしょう。

円満退職にこだわりすぎると気まずくなるし、あなたも精神的に消耗してしまいます。

罪悪感を感じるから

罪悪感から、気まずさを感じることもあります。

それは、退職が悪いことだと思っているからです。

ですが、退職は悪いことではありません。

転職や起業で成功している人は、みんな退職を経験しています。

要するに、退職するからこそ未来をつかめのです。

だから、退職することに罪悪感を感じることはありません。

退職までの期間が長いから

退職までの期間が長い場合も、気まずくなりやすいです。

法律的には、退職日までは2週間あればOKです。

けれど、引き継ぎや挨拶まわりのために1〜2ヶ月程度前に退職を伝える人が大半です。

ゆえにそれよりも長い場合は、退職までの期間どんどん気まずさが増していくでしょう。

就業規則に規定されている場合を除いて、あまり前もって退職を伝えると気まずさに耐えられなくなるかもしれません。

退職までの期間が気まずいときにやっておくといいこと

退職までの期間が気まずいときにやっておくといいこと

退職までの期間が気まずいときは、やっておくといいことがあります。

それは、以下の3つです。

  • 仕事を全力でやりきる
  • 引き継ぎ資料を用意する
  • 最初からぼっちでいる

仕事を全力でやりきる

退職するまでは、仕事を全力でやってください。

退職するからといって仕事で手を抜くと、ひんしゅくを買います。

考えれば当然ですが、退職が決まった途端にいい加減に仕事をしている人はムカつきますよね。

たとえ退職までの期間が短くても、与えられた仕事はきっちりやってください。

普段どおりにきちんと仕事をやっていれば、気まずい雰囲気を気にする余裕なくなります。

引き継ぎ資料を用意する

引き継ぎ資料を用意するのも、やっておくといいことのひとつです。

資料さえあれば仕事ができる状態にしておけば、あなたが退職しても仕事に影響しません。

つまり完璧な引き継ぎ資料を作っておけば、気まずくなりようがないです。

引き継ぎ資料を作るのに忙しくなり、あなた自身も気まずさを感じずに退職までの期間を過ごせるでしょう。

最初からぼっちでいる

気まずくなるくらいなら、最初からぼっちでいるのもいいでしょう。

ぼっちなら、そもそも気まずいことに気づきません。

ちなみにわたしは入社してすぐ「ここでは長く働けないな」と気づいたから、ぼっちでいるようにしました。

結果的には2年半くらい働いたのですが、めんどくさい人間関係に悩まされずにすみました。

おかもも

ぼっちだと自分の仕事に集中できるし、最高でした。

退職まで気まずいのがツライなら退職代行を使おう!

退職日まで気まずいのがツライなら退職代行を使おう!

退職までの期間を気まずいと感じる人は、わりと多いです。

だけど、辞めてしまえばもう会うことはありません。

もう会わないとわりきってしまえば、退職日まで穏やかに過ごせるでしょう。

もし気まずさに耐えられなくなったら、退職代行を使うことを検討してください。

あなたが退職までの期間、穏やかに過ごせるように祈ってます!

今の会社に不満があるあなたへ

今の会社に不満があるあなたへ

最後にひとつだけ、今の会社に不満があるあなたに伝えたいことがあります。

仕事を辞めたいけど、辞めたあとのことを考えるとなかなか退職に踏み切れない。

と、思うことはないですか?

パワハラや長時間労働でも我慢して働いているあなたに、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートというサービスをご紹介します。

社会保険給付金サポートとは、退職後に最大28ヶ月給付金を受け取れるようにサポートしてくれるサービスです。

本来受け取れるはずの給付金を受給することで、退職後の生活の不安が解消します。

じっさいわたしも社会保険給付金サポートを利用して、退職後に給付金を受け取ることができました。

おかももの支給決定通知書
おかももの支給決定通知書

社会保険給付金サポートの詳細は、無料WEB説明会で確認できます。

動画を見るだけで、ムリな勧誘はありません。

  • 年齢が20〜59歳
  • 退職日まで2週間以上〜3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している

上記の条件を満たしていれば、あなたも給付金を受け取れます。

すでに退職済み、社会保険の加入が1年未満など、場合によっては条件を満たしていなくても給付金を受給できる可能性があります。

説明会参加者には失業保険マニュアルのプレゼントもあるので、気になったら無料WEB説明会へどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次